思い立ったが吉日245

【思い立ったが吉日】自分にしかできないという「利権」で「マネタイズ」する。

GFCのブログへ、ようこそ!

「マネタイズ」などという表現を、聞いたことはあるでしょうか。要は「お金にする」という意味ですが、「だったら横文字にするな」というツッコミをしたくなる気持ちは抑えて、今回の【思い立ったが吉日】はこの「マネタイズ」について、考察してみたいと思います。

「利権」という言葉はきっと、ご存知の方も多いでしょう。ニュースなどで耳にすると、なんとなく悪いイメージの方が強い使われ方をすることが多い言葉のように思いますが、一方で前述の「マネタイズ」という表現につきまとうのが「利権」という言葉でもあるように思います。「利権」とは、平たく言えば「その人がその人だから得た権利」ということになるでしょうが、その人にしかない権利を必要とする人が多ければ多いほど、「マネタイズ」はしやすくなるものでしょう。多くの人が「欲しい」と思う高級ブランドのライセンスを持っている人や会社は、そのブランドの商品を高価で販売することができるわけですから、この事象は「マネタイズ」がしやすい、と言えるのではないでしょうか。

続きを読む

【思い立ったが吉日】魔法の「スティック」。

GFCのブログへ、ようこそ!

最近はテレビにそもそもその機能が搭載されている製品もあるようですが、筆者が持っている10年選手の液晶テレビに接続したら、多様な動画配信サービスをテレビで観ることができるという、魔法のような「スティック」を購入し、愛用しております。そんな魔法の「スティック」を使う毎日の中で気づいたことを、今回の【思い立ったが吉日】で紹介させていただこうと思います。

そんな「スティック」をお使いの方であればお分かりでしょうが、その使用用途は主に「動画」の視聴になるのだろうと思います。芸能人から一般人までいろんな動画を発信している動画配信サービスだったり、韓国ドラマを中心に多様な映画コンテンツをラインナップしているサービスだったり、かの人気テーマパークのブランドを冠したサービスだったり、あるいはテレビ番組の見逃し配信サービスだったり。筆者もそういったサービスを利用したりもするのですが、何より利用頻度が高いのは、実は音楽配信サービスだったりします。

続きを読む

【思い立ったが吉日】ドレッシングを自作する。

GFCのブログへ、ようこそ!

野菜はそんなに食べられない、だから青汁、とか、トマトジュース、とか、巷にはそんな謳い文句でモノを売ろうとしておられる会社さんがありますが、確かに青汁やトマトジュースで補完できる成分を野菜で摂ろうとしたら、とんでもない量を食べないといけないのは事実なのだろうと思います。とは言え、主食をごはんや麺類などの炭水化物から、野菜中心にシフトしようと思った時に役立つのは、ドレッシングではないでしょうか。今回の【思い立ったが吉日】シリーズでは、そんなドレッシングを自作してみるのもありですよ、というポップな話題でいこうと思います。

とある居酒屋で食事とお酒を楽しんでいた時のこと。カウンター席だけで、年輩の女将さんが一人で美味しい料理を振る舞うお店だったのですが、サラダを作っている時に自作のドレッシングをその場で作っておられました。その時のレシピが、オリーブオイルとお酢、それに塩・コショウだったのです。それがとても美味しかった、と。それぞれの分量や配合の比率などはわかりませんが、とりあえずドレッシングの素材は自宅にもあるよな、と思ったわけです。

続きを読む

【思い立ったが吉日】「プラン・ドゥ・シー」の前に、「疑問」「問い」。

GFCのブログへ、ようこそ!

「プラン・ドゥ・シー」となどいう言葉を耳にしたことは、社会人であれば誰しもあるのではないでしょうか。マーケティング界隈の人であれば、「何を今さら?」と思う方も多いでしょう。しかしながら本来的な「プラン・ドゥ・シー」のスキルとは、日常的に鍛えておかないと身につくものではない、と筆者は考えています。今回の【思い立ったが吉日】シリーズでは、そんな日常にある「プラン・ドゥ・シー」について考察してみましょう。

「プラン・ドゥ・シー」とは、直訳すれば「計画・実行・検証」となりますね。これをループさせることでブラッシュアップされる、なーんて横文字並べて、したり顔で解説する人もいるのでしょうが、筆者としてはこの「計画・実行・検証」の前に「疑問・」とか、「問い・」とかを加えた方がいいのではないか、と思うのですが、いかがでしょう。

続きを読む

【思い立ったが吉日】最近のWEBニュースに思うこと。

GFCのブログへ、ようこそ!

最近は、ニュースと言えばWEBで読む人の方が多いのかな、と思います。かく言う筆者も、前に新聞社のデジタル版に登録したという記事をこちらのブログにアップしたこともあるように、紙媒体の新聞とデジタル版とを併用しています。そんな時代の変化に伴って筆者が感じるWEBニュースへの違和感について、今回の【思い立ったが吉日】シリーズは言及してみたいと思います。

WEBニュースを読んでいて気になるのは、やたら誤字脱字が多く感じられることです。人の名前の間違いだったり、明らかな誤変換だったり。記者やライターの人からすれば「WEBだから、後から直せばいいや」という気持ちがあるからなのだろうな、とはなんとなく察することはできます。筆者は古い人間で、これもこのブログにて書いたこともありますが、学生時代に大手新聞社でのアルバイトを経験していたこともあり、紙媒体での誤字脱字は致命傷になったりもすることがあると身に染みて理解しているので、やけにWEBニュースでの誤字脱字は気になってしまいます。こういうところに気を使うことができなくなってきているのだなあ、と感じますし、そういう気遣いができないと、他のところでの気遣いもできないようになってしまうのではないのだろうか、と余計な心配をしてしまいます。

続きを読む

【思い立ったが吉日】異業種交流会はなぜ「怪しい」のか。

GFCのブログへ、ようこそ!

先日、久しぶりにいわゆる「異業種交流会」と呼ばれるような会合に参加してきたのですが、その時に受けた印象と、「異業種交流会」というものに対する筆者の私観を述べてみたいと思ったので、今回の【思い立ったが吉日】シリーズはそんな話題でまとめていきたいと思います。

なんでしょうね、「異業種交流会」という表現をした途端に、なんだか怪しげな印象を受けるのは。それは筆者だけの感覚かもしれませんが、なんとなくうなずいていただける読者の方もいらっしゃるのではないかと思います。この「怪しげな印象」の根源にあるものは何だろう、と考えると、そういう会合に集まってくるのは何かしらの商材やサービスを売り込みたいと思っている人という印象があるわけで、そんな人たちはともすると「大していい商材やサービスではないけれど、うまいことやって買ってもらえたらいいな」と斜に構えて会合に臨む人が多いような印象があるからではないか、と。場合によっては、ちゅうちゅう鳴く動物の名前を冠したようなビジネスを持ちかけてくるような人も少なくないのでは、なんて感じてしまうから、そんな「怪しげな印象」を受けてしまうのではないでしょうか。

続きを読む

【思い立ったが吉日】変わりだねポテサラ、つくってみた。

GFCのブログへ、ようこそ!

相変わらずの美味しくなさそうな自炊ごはんをSNSで更新している筆者ですが(といいつつ最近は毎日は更新しなくなってしまいましたが)、だんだんと同じものをつくるのは飽きてくるもので、思いついたアイデアをいろいろと実践してみたくなる次第です。まさに【思い立ったが吉日】とばかりに、筆者が好きでよくつくっているポテサラ(ポテトサラダ)の「変わりだね」をつくってみたという話、今回は書いてみたいと思います。

続きを読む

【思い立ったが吉日】大豆ミートを、使ってみた。

GFCのブログへ、ようこそ!

大豆ミートという食材を、ご存知でしょうか。私も言葉だけは聞いたことがあったのですが、先日、実際に購入してみました。ネットショップからの購入でしたが、届いてみたら、乾燥したものだということにそこで気づいて、驚いたのが印象に残っています。今回の【思い立ったが吉日】シリーズは、そんな大豆ミートでつくった料理のレシピについて、ご紹介しようかと思います。

続きを読む

【思い立ったが吉日】やっぱり、図書館っていい。

GFCのブログへ、ようこそ!

中学生時代、筆者は図書委員でした。呼称は学校によってさまざまかもしれませんが、図書委員とは、要は図書室の管理・運営をサポートするのが仕事の委員会のこと。そんな図書室で初恋に落ちた、なんて筆者の思い出話に興味はなかろうと思うのでスルーしますが、兎にもかくにも、図書館という空間はなんとも言えず、好きなのであります。今回の【思い立ったが吉日】シリーズは最近、改めて近所にある図書館へ通うようになったお話をさせていただこうと思います。

続きを読む

【思い立ったが吉日】台風とともに、宮古島へ。

GFCのブログへ、ようこそ!

当ブログの【思い立ったが吉日】シリーズをご覧いただいている方はご存知かと思いますが、筆者はどういうわけか、よく宮古島へ足を運びます。それもかなりの頻度で訪ねているわけですが、そんな中、先日の台風11号に遭遇しながら島生活を過ごした、というお話を今回はさせていただきます。

今回の旅程は、2022年8月31日から9月3日まで、という予定でした。結論から言いますと、東京に戻って来れたのは9月5日。2日間、足止めをくらった、という次第です。まずはその時点で稀有な体験だったわけですが、まだまだご紹介したいエピソードはたくさんあります。まずはそもそも、台風がやってくるとわかっていながら、なぜ出発したか、という話から。

続きを読む

【思い立ったが吉日】紙とデジタル。どっちもいい。

GFCのブログへ、ようこそ!

前回のブログで、新聞社で働く「坊やさん」のことに触れ、筆者も「坊やさん」(=原稿係)として働いていたことがある、という話を紹介しました。その当時、働いていた新聞社の新聞は今でも好んで購読したり、デジタル版の有料会員になっていたりするのですが、今回の【思い立ったが吉日】シリーズは、そんな従来の紙媒体としての新聞と、デジタル版の新聞の違いについて、私観を述べてみたいと思います。

続きを読む

【思い立ったが吉日】新聞社で働く「坊やさん」のこと。

GFCのブログへ、ようこそ!

筆者は「朝ドラ」が大好きです。2022年前期の「朝ドラ」は、返還50周年を迎えた沖縄を舞台にした作品になっており、ちょうどその返還がなされた50年前あたりを舞台にしながら、主人公がレストランのシェフとして一人前に成長していく物語が描かれています。そんな主人公が、レストランのオーナーから修行の一環として命じられ、「坊やさん」と呼ばれながら新聞社で働く様子を見て、「それ、やってた!」と一人、感動していたという話を、今回の【思い立ったが吉日】シリーズではご紹介させていただこうと思います。

続きを読む

【思い立ったが吉日】名古屋弁にしてみよーと思うんだわー。

GFCのブログへ、ようこそ!

いつの頃からか、関西弁(大阪弁?)が関東圏でも一般的になった時期があるかと思います。おそらくは、筆者が小中学生くらいの頃、いわゆる「漫才ブーム」が訪れて、関西の芸人さんがこぞって全国ネットの番組に出演されるようになった頃ではないかと思いますが、そんな一般化した関西弁に比べ、筆者の出身地である愛知県の「名古屋弁」というのは、なかなかメジャーにならないなあ、とつくづく思う今日この頃です。今回の【思い立ったが吉日】シリーズは、そんな名古屋弁にまつわるお話をさせていただこうと思います。

続きを読む

【思い立ったが吉日】若い世代に「ヤンキー」が流行る理由とは。

GFCのブログへ、ようこそ!

エンタメ情報を発信している情報サイトで見つけた記事に、「若者の間でヤンキーを扱ったドラマが流行している」というような内容のものがありました。「ヤンキー」という言葉の定義の問題もあるとは思いますが、今回の【思い立ったが吉日】シリーズは、この「若者の間でヤンキーを扱ったドラマが流行している」ことについて考察してみようかと思います。

筆者は1970年生まれなので、同世代の方々の間で「ヤンキー」と言えば、「不良」を指すのかな、と思います。その「不良」とは、筆者と同世代の方々が中高生くらいの頃に一世を風靡した「長ラン(学生服の裾がやたら長くて襟がやたら高いもの)」「ボンタン(ものすごく太いズボン)」「リーゼント(グリースと呼ばれる整髪料で髪の毛を立たせた上で額より前の方に髪を伸ばしたような髪型)」に象徴されるようなファッションを好む人たち、というステレオタイプなイメージを筆者は持っています。確かに、そんな「ヤンキー」の人たちを取り上げたドラマは、2010年代後半あたりからよく見かけるようになった印象があります。

続きを読む

【思い立ったが吉日】「函館マラソン」レポート。術後の還暦が完走って、スゴくない?

GFCのブログへ、ようこそ!

今回の【思い立ったが吉日】シリーズは、去る2022年7月3日に開催された函館マラソンのレポートをさせていただこうと思います。「なぜ、函館マラソン?」と思う方もいらっしゃるでしょうが、きっとGFCと深いおつきあいのある方や、代表の吉野を知っている方からすると「ああ、なるほど」と思っていただけるでしょう。先に結論から申し上げると、還暦の吉野は自己最高タイムで完走を果たしたのであります。スゴい!

そうです、吉野が出場したのです。冒頭の写真は、レースのスタート直後のもの。丸に示しているのが、吉野です。

続きを読む

【思い立ったが吉日】冷凍パンってすごい。

GFCのブログへ、ようこそ!

冷凍食品の進化がすさまじい、と感じる今日この頃ですが、このブログをご覧のみなさんは、冷凍食品をどんな風に活用されておられるでしょうか。今回の【思い立ったが吉日】シリーズは、そんな冷凍食品に関する話題でお届けしようと思います。

先日、とあるコンビニで冷凍食品のパンを購入しました。なぜそのパンが目に留まったかというと、1980年代頃には渋谷あたりで若者がデートするのによく使ったであろうオムライスの美味しい有名店の名前が、商品名に冠されていたから。そのお店はパンが美味しいことでも有名のようで(筆者は当時の若者では合ったものの、そういうデートをしたことがない今で言う「陰キャ」だったのでよくわかりません)、それでコンビニでの商品化になったのだろうと思います。

続きを読む

【思い立ったが吉日】「一期一会」ならぬ、「一五一会」。

GFCのブログへ、ようこそ!

「学生の頃、バンドを組んでいた」というこのブログの読者の方もおられるのでは、と思います。かく言う筆者も、まさにその一人。当時、筆者はベースギターとボーカルを担当しておりましたが、普通のエレキギターではなく、最初からベースギターだったため、未だにコードを弾くことができません。そんな「コードが弾けない」ことで、ギターを諦めたという方も少なくないのではないかと思いますが、「コードが弾けなくてもコードが弾ける」らしい、素敵な楽器があるのを知ったという話を、今回は【思い立ったが吉日】シリーズでご紹介しようかと思います。

続きを読む

【思い立ったが吉日】両親や祖父母も、悩み、惑い、ぐるぐるしていたのでは。

GFCのブログへ、ようこそ!

以前にもこのブログで触れたことがありますが、今回の【思い立ったが吉日】シリーズは筆者の父と祖父、それに叔父のことを振り返ってみたいと思います。

筆者の祖父は、岐阜の田舎町で町医者を営んでおりました。町医者ですので、近所のお宅へ往診にうかがいます。当然ながら、往診先の患者さんを看取ることもあったことでしょう。そんな中、「医者なのに、何故救えないんだ」と悩んだのだろうと思います。祖父は町医者を勤めながら出家をし、お坊さんも兼業するようになりました。

続きを読む

【思い立ったが吉日】「介護」に必要な、みんなが幸せになる「嘘」について。

GFCのブログへ、ようこそ!

ちょくちょく、大手新聞社の記事をサイトでチェックしているのですが、そんな中に「介護」に関する記事がありました。読みながら、2008年に亡くなった筆者の母親の介護のことを思い出しました。今回の【思い立ったが吉日】は、「介護」に関する雑感を記してみたいと思います。

その記事は、自身の母親の受ける介護サービスの内容と、そのサービスを提供するスタッフの働きぶりについて言及されていました。その中で印象に残ったのは、宿泊型の介護施設で夜も更けた頃、認知症の進んだ利用者の方が「もう家に帰らなくちゃ」と言い、帰る準備を始めた時、スタッフの方が「今日はもう遅いから、泊まっていけばいい」と返した、という内容でした。「そんなの悪いから、お金払わなきゃ」と利用者の方が言うと、「もういただいています」とスタッフの方が返した、と。すると利用者の方は、納得されたようで、部屋に戻って眠りについたのだそうです。

続きを読む

【思い立ったが吉日】信用ならない動画広告コンテンツ。

GFCのブログへ、ようこそ!

子どもたちの「将来なりたい仕事」に「YouTuber」がランキングされるようになってから久しいですが、確かにYouTubeをはじめとした動画コンテンツをWEBはおろか、通販サイト大手の提供するとても便利なスティックを介して楽しむ、と言ったことが日常になった昨今、みなさんはどんな動画コンテンツを好んでご覧になっているでしょう。そんな枕詞を投げかけた今回の【思い立ったが吉日】シリーズは、YouTubeのコンテンツについての筆者の私観を述べたいと思います。

筆者はYouTubeに関して、無料会員として利用しているので、いわゆる「広告」が頻繁に表示されます。どういうわけかは知りませんが、筆者がスマホで検索して関心を持ったコンテンツのことを吸い上げているからか、それに関連した広告コンテンツがうまい具合に表示されるのですが、その8割超をスキップしてしまいます。広告を出稿する立場になったとして考えると「申し訳ないなあ」などと思ってしまいますが、一方で「スキップしてしまうくらいの訴求力しかなかったんだよな」と、スパッとスキップしてしまう筆者もいます。

続きを読む

【思い立ったが吉日】沖縄「フェス」のこと。

GFCのブログへ、ようこそ!

このところ毎週のように更新している【思い立ったが吉日】シリーズですが、今回もまたこのシリーズにおつきあいいただければと思います。今回は、先日訪問した「フェス」の話をさせていただきます。

「先日」といっても、今年5月のゴールデンウィークの頃の話になります。神奈川県川崎市は、かつて沖縄から移住された方が多かったらしく、毎年、沖縄にちなんだ「フェス」が催されていたとのこと。ところが例のコロナ禍の影響で、ここ数年は開催できずにいたそうで、2022年、ようやくコロナ禍の落ち着きが見えてきたということで、開催できることになった、と。そんな沖縄「フェス」に、これまた仲良しのIT企業の社長から案内をいただき、参戦することになった次第です。

続きを読む

【思い立ったが吉日】ダイビングで洞窟に引っかかった話。その2

GFCのブログへ、ようこそ!

今回は先週に引き続き、【思い立ったが吉日】シリーズの「ダイビングで洞窟に引っかかった話」の続きをご紹介しましょう。前回もお伝えしましたが、スキューバダイビングは怖くないですよ。筆者は自分の経験本数に傲り、調子に乗って、洞窟に引っかかっただけですから。それに、そこから生還できているから、この話を書いているわけなので、ちゃんとすれば怖いことはありませんので、念のため。

続きを読む

【思い立ったが吉日】ダイビングで洞窟に引っかかった話。その1

GFCのブログへ、ようこそ!

今回もまたまた【思い立ったが吉日】シリーズで、まいりましょう。以前のブログで平常心を保つことの大切さに触れましたが、そのきっかけになったスキューバダイビングで洞窟に挟まった、という体験について記してみたいと思います。

「スキューバダイビングで、洞窟に挟まった!?」と思った方もいらっしゃるでしょう。「そんな怖い思いするなら、スキューバダイビングなんてやりたくない!」という方がいらっしゃいましたら、そんな体験、そうそうしないものだと思って下さい。基本、安全に、ルールを守って臨めば、そんなに危ないことはありませんので、誤解のなきよう。

続きを読む

【思い立ったが吉日】呼吸を整えると、自身の平常心を知ることができる。かも。

GFCのブログへ、ようこそ!

今回も【思い立ったが吉日】シリーズ、おつきあい下さい。今回は、平常心を保つことが大切なんだよなあ、と最近つくづく思う、というお話しです。

筆者がスキューバダイビングをやっているというのは、このブログを長く読んでいただいている方にはご理解いただけているかと思います。よろしければ、このブログのカテゴリーの中から「思い立ったが吉日」を選択いただくと、過去の記事が出てくるかと思いますので、読み返していただけたら幸いです。先日、宮古島のダイビングポイントで洞窟を通るところを散策したところ、えらい目にあったという話はまだ書いていないかと思うのですが、その話題は改めて記事にするということで、今回はその体験も踏まえて、平常心がいかに大切か、という話でまとめたいと思います。

続きを読む

【思い立ったが吉日】下北沢から三軒茶屋って、歩けるんですよ。はい。

GFCのブログへ、ようこそ!

このところ、ずっと【思い立ったが吉日】シリーズですが、どうぞ飽きずにおつきあい下さいませ。今回は、下北沢と三軒茶屋って意外と歩ける、という話題でいきたいと思います。

先日のブログで、ウォーキングへのチャレンジというテーマで記事を書かせていただきました。その流れといえば確かにそうなのですが、先日、下北沢から三軒茶屋への道のりを歩いて往復する、という体験をしたのです。なぜこの二つの街なのかというと、仲良くさせていただいているIT業界の社長さんとよく会食するのがこの二つの街、ということなのです。まあ、そんな記述をお読みになって、どの社長さんかを想像できる方は、読者の方の中に少なくない、とは思っているわけですが(笑)。

続きを読む

【思い立ったが吉日】世界的な通販サイト大手の「スティック」が贅沢な気分にさせる。

GFCのブログへ、ようこそ!

改めてお馴染みになりました、【思い立ったが吉日】シリーズ。今回は、かの世界的な通販サイト大手の事業の一つである(と思われる)、テレビに差し込むと各種動画配信サイトのサービスを大画面で観られるツールについての話題をお届けしようと思います。

前述のツール、最近は購入し、利用されている方も増えてきているのではないか、と思います。かく言う筆者も、知り合いが購入して利用している様子を見るにつけ、「これはほしいなあ」と羨ましく思い、購入してしまった次第です。知り合いは韓流ドラマがたくさんコンテンツにラインナップされている動画配信サイトを頻繁に利用しているようで、それほどまでには筆者はまだ使いこなしていると言えません。しかしながら、少しずつ活用してきているという実感もあります。では、どのように活用しているというのか。

続きを読む

【思い立ったが吉日】ウォーキングへのチャレンジ。

GFCのブログへ、ようこそ!

今回もまたまた【思い立ったが吉日】です。最近のウォーキング体験について、綴ってみようと思います。

「万歩計」というものがあるように、1日1万歩歩くといいことがあるようです。本当かどうかは、わかりません。特に調べていないので、とりあえず1日1万歩歩くのは体に良さそうな気がします。しかしながら、1日1万歩って、どれくらい歩いたら到達できるのだろうか、と思っておりましたので、それは調べてみようと思い立った次第です。

続きを読む

【思い立ったが吉日】リサイクルショップの査定が約20倍も違った、という話。

GFCのブログへ、ようこそ!

今回も【思い立ったが吉日】として、リサイクルショップの有効活用について記してみたいと思います。

ここで言うリサイクルショップとは、主に本や音楽ソフト(CDやDVD)を買い取ってくれるショップのこととご理解下さい。SDGsだとか、環境への配慮とか、いろいろ言われる昨今には、とても意義深いサービスを提供されているショップさんの話です。

続きを読む

【思い立ったが吉日】生配信をしてみようとしたら

GFCのブログへ、ようこそ!

今回は【思い立ったが吉日】カテゴリーということで、昨今、注目を浴びている「生配信」いついて、語ってみたいと思います。

「生配信」というと、動画配信サイトのサービスをイメージされる方も多いかと思います。誰もが知っている動画配信サービスには、生配信ができるサービスを展開しているところもあるし、若者の間で人気の短い動画に特化した配信サービスなどは、アーティストの有料生配信ライブができるサービスを展開しようとしているところもあるようです。これだけ「生配信」が注目されるようになったのは、単純にエンタメの世界でたくさんの人を集めてライブやコンサートを催すことに抵抗感があるという、ちょっと寂しい世の中の風潮が背景にあるのは間違いのないところでしょう。

続きを読む

【思い立ったが吉日】栗きんとん≒ポテサラ。

GFCのブログへ、ようこそ!

今回も【思い立ったが吉日】シリーズで、またもやお正月関連の話題で行きたいと思います。この2022年のお正月は、栗きんとんを自作でつくってみた、という話です。

この数年、自炊を楽しんでおります。【思い立ったが吉日】カテゴリーに絞ってこのブログを検索いただくと、そんな話題を取り上げたブログ記事がポツポツ、とあったりしますので、よかったら参考までにご覧いただければと思います。

そんな中、筆者は一人暮らしをしている中でも、ちょっとくらいはおせちっぽいものを食べてみたい、と毎年思うわけです。とはいえ、いわゆるおせち料理を自らつくるというのは、ハードルが高い。そんなわけで、たいがいは出来合いのものをスーパーで購入して、満足するという形で「おせちが食べたい」という気持ちを満たしてきたのですが、今年(2021年)の年末は、ふと、「もしかして、栗きんとんってつくることができるのでは?」と思ったのです。

続きを読む

1 2 3 4 5 9