おかげさまで、24年目。これからも、お客様と社員の健康と安全を第一に。

平素より格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。

2021年9月より創業第24期をスタート致しました。これもひとえに皆様のご支援の賜物と深く感謝いたしております。

これからの3年間の中期経営方針として、「しっかりと引き受ける」ことをモットーとし、

「お客様ビジネスにおけるITに関する重要ポイントの発見とその実現や解決策の提示」
「お客様ビジネスに必要なIT環境の刷新や効率的な環境への移行などの環境整備」
「お客様ビジネスを成功させるためのITの運用業務」

を責任をもってお引き受けしてまいります。そして、お客様の明るい未来を実現するために、お客様の未来の創造のお手伝いをしてまいります。

まだ出口の見えない新型コロナ禍においても、状況や環境によってぶれることなく、「変えようのないことを受け入れる覚悟」と「思い切って変えていく勇気」、そして「変えてはならない大切なことを守っていく誓い」を胸に、これからも変わらず、「IT」と「人」を支えることで皆様のビジネスの発展に貢献し続けてまいります。

今後も倍旧のご愛顧、お引き立てを賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。


令和三年9月吉日
株式会社グッドフィールドアンドカンパニー
代表取締役社長 吉野 久

GFCのホームページはこちら

GFCへのお問い合わせはこちら

【テレワーク環境構築】GFCコーポレートサイトに新しいページができました

平素は弊社サービスをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。GFCコーポレートサイトに以下ページを新たに掲載いたしましたのでご案内いたします。

テレワーク環境構築

テレワークの環境構築と一口にいっても、検討すべきことは一つではありません。既存業務の流れが変わることを敬遠する層へどうアプローチし、受け入れてもらうか。ITセキュリティをどう実現するか。デスクトップPCユーザはどう対処すべきか……など、数多くのお客様のテレワーク環境構築を支援した経験を生かし、さまざまハードルをお客様と一緒にクリアしていきます。

GFCのホームページはこちら

GFCへのお問い合わせはこちら

【思い立ったが吉日】合宿免許体験記。その6

GFCのブログへ、ようこそ!

長々と続けてきた「合宿免許体験記」ですが、いよいよ最終回。最後は、教習所を卒業後、公道デビューの体験について綴っておきたいと思います。

もともと今回、齢50にして普通自動車免許を取得しようと思い立った理由は、趣味のスキューバダイビングでよく訪れる宮古島で過ごす時間を、自由に移動できるようにしたい、というものでした。なので、自動車教習所を卒業となったのが2021年8月3日だったのですが、翌週の同年8月11日から19日まで、宮古島でオフを過ごすこととなりましたので、早速、自由な移動を満喫しようと思った次第です。

続きを読む

【思い立ったが吉日】合宿免許体験記。その5

GFCのブログへ、ようこそ!

そろそろ飽きが来たんじゃないか、と書きながら不安になっている筆者ですが、そんな不安も顧みず、引き続き「合宿免許体験記」シリーズを展開していこうと思います。今回は実際の教習の中でも、技能教習を受けた感想について書き連ねていかせていただきます。

続きを読む

【思い立ったが吉日】合宿免許体験記。その4

GFCのブログへ、ようこそ!

「合宿免許体験記」シリーズですが、いよいよ実際の教習の体験について、綴ってみたいと思います。引っ張りまくって、すいません。申し訳ありませんが、まだまだ引っ張りますよ(笑)。まずは学科の授業についての印象を、つらつらと述べていこうと思います。

続きを読む

Windows 11 Insider Preview をインストールしてみた その2 (ISOファイル使用)

こんにちは、あーくん です。

ネットニュースなどを中心に Windows 11 Insider Preview や Windows 10 の今後について最新情報をよく見掛けるようになりました。

先週 8 月 18 日 Windows Server の最新版となる Windows Server 2022 が突如公開されるなど、今年後半に向けて Windows OS 関連情報が目白押しな印象を受けます。

そんな中、8 月 19 日 に Windows 11 Insider Preview ISOファイルが Microsoft 社サイトからダウンロード可能となりましたので、先ずはインストールして触ってみました。

続きを読む

Windows Server 2022 をインストールしてみた

こんにちは。
ヒゲダルマです。

以前に Windows Server 2022 のプレビューについて、当ブログでもご紹介させて頂きました。

その時点では Windows Server 2022 の正式リリースは来年という話だったように思うのですが、なんと先日、突如正式にリリースされました。

プレビューのリリースから間もないので、大きな変更は無いと思いますが、とりあえず、インストールしてみました。

以下、インストールの様子を眺めて頂ければと思います。

続きを読む

<お知らせ>お盆も営業しています

平素は弊社サービスをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

弊社はお盆休みを特に設けておらず、カレンダー通りに営業しております。

各自、バラバラに夏休みを取っておりますので、担当者が休暇中でも、ご連絡をいただきましたら出社している者が対応いたします。

よろしくお願いいたします。

GFCのホームページはこちら

GFCへのお問い合わせはこちら

オンラインコミュニケーション参加のマナー

オンラインコミュニケーションには、どんなメリット・デメリットが考えられるでしょうか。

メリット
・交通費や移動時間を削減できる
・遠距離の相手とも気軽にコミュニケーションがとれる
・スケジュール調整しやすい

デメリット
・通信トラブルの影響を受けるかもしれない
・反応や雰囲気を読み取りにくい
・利用環境による制限が発生するかもしれない

メリットは生かし、デメリットは極力小さくしたいものです。そこで今回は、デメリット「反応や雰囲気を読み取りにくい」について考えてみます。

「反応や雰囲気を読み取りにくい」理由として、視覚情報が制限されることが挙げられます。人間が視覚器官から得る情報は、五感で得る情報の内87%を占めると言われています。

そのため、相手の状況がよく見えない状況では、話し手は伝わったかどうか手応えが感じられず、聞き手も感じたこと・リアクションを伝えづらく、ストレスが生まれます。

そこで、気持ち良いコミュニケーションのために重要となるのが、話を聞く人の“表情”や“態度”です。

・話を聞くときは口角をあげて微笑み、相手が話しやすい表情を心がける
(真面目な顔はコワイ顔!)

・相槌や、大きめのジェスチャーを交え、リアクションを示す
※ビデオやマイクをONにできないときは、ツールを使ってアクションしましょう

これらにより、話す人は理解度を察知しやすくなります。場所は離れていても、全員で協力し進めていく!という気持ちが大事ですね。
また、話す人のひと工夫でも、より良いコミュニケーションとすることができます。

・話の後に間を作る (相手が発言しやすくなる)
・問いかけをする (伝わっているかを確認しながら進められる)
・リアクションのルールを決めて促す

例えば「OKの場合は拍手ボタン」「質問があるときは手をあげるボタン」などのルールを決めておく、「OKの方は拍手をお願いします」と促すことで、コミュニケーションが活性化します。

ビデオやマイクのON/OFF、リアクション方法などは、会議の形式や人数によって変えることも大切です。どうすればお互いが気持ちよく参加できるか?を考えれば、状況に合わせた最適なコミュニケーション方法へ近づくことができるでしょう。

Acronis について語ってみる 第三回

こんにちは。
ヒゲダルマです。

おなじみ、Acronis大好きおじさんの登場です。

さて、ご存知の方もおられると思いますが、Acronis大好きおじさんは、 Acronis 愛を長いこと語り続けてきた訳ですが、その愛が成就しました!

なんと、Acronis 社主催のウェビナーにお呼ばれしました。
ウェビナーの詳細は以下の通りです。
https://majisemi-operation.doorkeeper.jp/events/124755

一応、ウェビナーで私が語るテーマは『パートナー企業が語る、「Acronis Cyber Protect Cloud」の魅力』となっております。

が、もちろん、私が語るのは、Acronis 愛 です。
Acronis 社のセミナーの中心でAcronis 愛を叫ばせて頂きます。(笑

と言うわけで、お暇な方も、そうで無い方も、宜しければウェビナーにご参加頂けますと幸いです。

ちなみに、おじさんの Acronis 愛のヒストリーは以下の通りです。
お暇な時にご一読下さい。

▼Acronis Cyber Backup を用いたV2V(ESXi から Hyper-V への移行)
Acronis Backup 12.5でV2V 第1回
Acronis Backup 12.5でV2V 第2回
Acronis Backup 12.5でV2V 第3回

▼Acronis Cyber Backup による ESXi(ハイパーバイザー)のバックアップ関連
Acronis Backup 12.5でバックアップ時にエラー”Cannot check the license due to a connection issue with the management server”
Acronis Backup 12.5でVMware ESXiをバックアップ 第1回
Acronis Backup 12.5でVMware ESXiをバックアップ 第2回

▼Acronis Cyber Backup All-in-Oneアプライアンスのご紹介
Acronis Backup 12.5のAll-in-OneアプライアンスでVMware ESXiをバックアップ 第1回
Acronis Backup 12.5のAll-in-OneアプライアンスでVMware ESXiをバックアップ 第2回
Acronis Backup 12.5のAll-in-OneアプライアンスでVMware ESXiをバックアップ 第3回

▼Acronis Cyber Backup の小ネタ
Acronis Backup 12.5 Update2
Acronis Backup ブータブルメディアの作成
Acronis Backup 12.5 Update2 続報
Acronis Cyber Backup
Acronis Cyber Backup Specialist になりました!
Acronis Cyber Backup 12.5 Update 5 がリリースされました
Acronis Cyber Backup 12.5 Update 5 16342 をインストールしてみた
Acronis Cyber Backup 12.5 Update 5 16343 がリリースされました

▼Acronis Cyber Backup 向けブータブルメディア関連作成方法
Acronis Cyber Backup ブータブルメディアの作成 for HPE ProLiant
ブータブルSSDの作成

▼Acronis Cyber Protect のご紹介
Acronis Cyber Protect Cloud
Acronis Cyber Protect Cloud がリリースされました!
Acronis Cyber Protect Cloud をインストールしてみた その一
Acronis Cyber Protect Cloud をインストールしてみた その二
Acronis Cyber Protect Cloud をインストールしてみた その三
Acronis Cyber Protect 15 がリリースされました!
Acronis Cyber Protect 15 をインストールしてみた その一
Acronis Cyber Protect 15 をインストールしてみた その二

▼最新版 Acronis Cyber Backup のご紹介
Acronis Cyber Backup 15 をインストールしてみた
Acronis Cyber Backup 12.5 Update 5 16385 がリリースされました


Acronis について語ってみる 第二回
Acronis について語ってみる 第一回

以上、駄文散文ではございましたが、ご拝読ありがとうございました。

GFCのホームページはこちら

Acronis Cyber Protectに関連するGFCのサービスはこちらから。

お問い合わせフォームはこちらから。

【思い立ったが吉日】合宿免許体験記。その3

GFCのブログへ、ようこそ!

今回も、前回に引き続き「合宿免許体験記」をお送りします。生活環境についての紹介、さらに続けてみたいと思います。

入学して最初の学科授業で、教官が「徒歩5分くらいのところにコンビニがあります」ということと、「最近、歩いていける距離のところにドラッグストアができた」ということをおっしゃっておられました。なるほど、意外と便利かもしれないな、と思った次第ですが、その夜、早速コンビニまで歩いて行ってみました。いやいや、徒歩5分ではないな、10分以上だな、という距離がありました。どこかの不動産屋さんが店頭やネットで掲示している物件の広告のような話ですが、まあ、そんなもんでしょう。思った以上に夜道が暗くて、だいぶ田舎に来ているんだな、という実感が得られた体験でございました。

合宿免許ですから、長丁場です。ペットボトルのお茶を買うにも、毎回コンビニでは思ったよりもコストがかさむよなあ、と思っておりましたから、教官のおっしゃる「歩いて行ける距離のところにドラッグストアができた」という言葉を信じて、歩いて行ってみました。コンビニが徒歩5分と言われていたのが10分以上かかったということは、歩いて行ける距離という表現も、なかなかの距離があるのではないか、と思いましたが、実際はコンビニから徒歩5分ほどのところにそのドラッグストアはありました。思ったより近くて、これは何度か通ってもいいな、と思った次第です。

地方のドラッグストアというのは、地方にお住まいの方ならお分かりかと思いますが、なかなか規模が大きいです。ドラッグストアと言っているのに、生鮮食品だって売っています。そして何より、ペットボトルの飲料や一般食品もコンビニよりはるかにお安い。いろいろと買い込んで、汗だくになりながら宿泊施設まで帰りました。

「応急救護の学科は、長ズボンで受けるのが好ましい」と言われ、短パンしか持ってきていなかった自分の準備不足を恨めしく思いました。どこか、近所に長ズボンが買えるところはないか、とネットをさまよい、衣料品店のあるショッピングモールがタクシーで5分ほどのところにあるのを見つけました。しかしながら、そこに筆者のサイズ(かつて5L、体重を落としてようやく2Lになった)が置いてあるのか不安になり、著名なショッピングモールがどこにあるかを調べたところ、タクシーで10数分のところにあることが判明。そこにはいわゆるファストファッションのチェーン店も入っているとわかり、よし、そこに行こう、と決めて行ってみました。タクシーで往復、5000円ほど。なかなかな距離だな、と思いながら、確実に筆者のサイズのジーパンを手に入れ、なんならペットボトルの飲料や一般食品、さらには自宅から持ってきていたコーヒーの粉を活用すべく、電気ケトルとマグカップも購入し、合宿生活を自分らしいものに仕立てることが結果としてできました。

そんなこんなで、これまで「合宿免許体験記」と言いながら、生活環境のことばかり触れていて、実際の教習の方はどうなんだ、という声が聞こえてきそうです。次回はいよいよ、教習の体験について触れていきたいと思います。

GFCのホームページはこちら

GFCへのお問い合わせはこちら

【思い立ったが吉日】合宿免許体験記。その2

今回も【思い立ったが吉日】カテゴリー、合宿免許体験記の続編(その2)をお送りしましょう。筆者が体験した合宿免許の生活環境について、ご紹介させていただきます。

合宿免許初日、朝早くに最寄りの新幹線駅に到着し、マイクロバスに乗車して教習所まで連行、いやいや、送迎された筆者。車中、教習所の案内をDVDで見せてもらい、女子の宿泊施設はビリヤードやダーツがあり、大浴場もいい感じに紹介されていましたが、男子の宿泊施設は見るからに「男子はこんなもんでええやろ」感のある紹介のされ方をしており。なるほど、その辺から「厳しい」のね、と思いながら現地に着きました。

新入生説明会会場へ案内され、オリエンテーションを受けるわけですが、ここで「厳しい」側面を垣間見ました。「腕まくって、見せて。タトゥー入っている人は、入学できませんので」と、オリエンテーション担当の職員の方からの言葉が。「決して偏見を持っているわけではないけれど、これまでタトゥーを入れた人が入学して、問題を起こすケースが多かったから」というのが、教習所側の説明でした。なるほど、ここの教習所ではそういうルールなのだな、と理解しながら腕を見せていたら、筆者の前に座っていた方が席を立ち、帰っていかれました。「そうかあ」と思いながら見送ったわけですが、ここでもこの教習所の「厳しい」ところを感じた次第です。

視力検査などを経て、入学が決まったら、早速、学科の教習が2コマほどありました。時間は、すでに17時40分。18時に集合して宿泊施設を案内する、と言われていたので、夕食にかけられる時間はわずか20分。なかなかハードだなあ、と思いながら、食堂で夕食をいただきました。ちなみに教習料金の中に、三食の食事はついています。ありがたや、ありがたや。

案内された宿泊施設は、いかにも「合宿所」という風情。筆者も含め、10名ほどの新入生がおりましたが、施設のロビーと思われる1階のスペースにて、注意事項をもろもろ説明されます。寮長さんは、かなりご年配な様子。共同のお風呂は一人で掃除されているそうで、「22時には出てもらわんと、掃除ができんからよろしく」とおっしゃっておられました。比較的若い世代の方々は早速、部屋へと案内。筆者ともう一人は取り残され、若い世代の方々を案内し終えた寮長さんが戻ってこられたところで、「あんたたちは別棟だよ」と言われ、その「別棟」へ案内されました。聞いたところ、平成生まれの人たちは先に案内した部屋で、昭和生まれは「別棟」なのだとか。さすがに昭和生まれは常識があって、規律を守って生活するだろう、という考えのようでした。

案内された「別棟」は、各フロアにシェアハウスのようなスペースが4つあり、そのスペースに4部屋ほど、シングルの部屋が用意されていました。冷蔵庫は共有スペースにあり、トイレとお風呂は共同。なかなか年季の入った部屋ですが、個別のスペースが用意されていて、お風呂が自由な時間に入れるのは、「いい年のおっさん」からすると実にありがたい環境です。

そんなこんなで、生活環境ネタは、まだまだ続きます。懲りずにおつきあいいただけますと、嬉しゅうございます。

GFCのホームページはこちら

GFCへのお問い合わせはこちら

オンラインコミュニケーションの環境を整えよう!!

テレワークが導入され、必然的にオンラインでの打合せにも参加するようになったけれど、カメラ設定など相手からの見え方に問題がないか、不安に思っている方も多いのではないでしょうか。また、これからオンラインの打合わせに参加することになったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

という訳で、今回は気持ちの良いコミュニケーションの為の環境整備をご紹介します。ぜひ、最後までお付き合いくださいませ。

【用意するもの(備品)】
・カメラ
・マイク(カメラに内蔵されている場合も)
・スピーカー(ヘッドセットやイヤホン)
【用意するもの(環境)】
・安定したネットワーク環境
・静かで声が出せる場所

【気持ちの良いコミュニケーションのための、3つの配慮】
1.カメラの位置
カメラの位置は、自分の目線と同じか少し上にすると良いようです。目線より下にカメラがあると、相手を見下ろす角度になり、威圧的な印象を与える可能性があります。位置の調整には、箱や本、三脚(外付けカメラの場合)を使うことで、カメラの高さを変えられます。また、自分が座る椅子の高さを変えてもOKです。角度だけでなく、カメラに映る範囲によっても印象が変わってきます。
画面いっぱいに顔を映してしまうとやや威圧的、顔の一部が欠けてしまうとスマートさに欠ける印象を与えます。おすすめなのは“バストアップ”、胸から上が映るようにすることです。

2.明るさ
光が、正面または横から当たる位置を選ぶと良いです。窓が背になってしまう、という場合はカーテンを閉めて照明をつけた方が明るく映ることもあります。
照明を使うときは、顔と同じか少し上の高さで、白っぽい光の照明を使うと自然な顔色で映ります。

3.背景
バックはできれば白壁がスマートです。殺風景だと感じるときは、観葉植物などで調整すると良いでしょう。
バーチャル背景を使うときは、シンプルな画像を選びます。

ちょっとした配慮で相手への印象は大きく変わります。ぜひ、上記3つの配慮を実践して、より良いオンラインコミュニケーションを!!

【思い立ったが吉日】合宿免許体験記。その1

GFCのブログへ、ようこそ!

今回は、【思い立ったが吉日】カテゴリーとして、以前、宣言しておりました普通自動車運転免許の取得を目指して合宿免許を体験してきたお話をさせていただこうと思います。「なんで、合宿免許に行けたの?」という疑問を感じた方は、ぜひGFCの「お問い合わせ」フォームよりご質問いただければ幸いです。ウラ話、ご紹介させていただきます(笑)。

齢50を迎えた筆者がなぜ、今さらながら普通自動車運転免許を取得しようと思ったか、については、以前のブログでも触れていましたが、スキューバダイビングでよく訪れる宮古島で自由に移動できるようになりたかったから、です。その辺の経緯は、「思い立ったが吉日」カテゴリーの記事をお探しいただければ、いろいろと書き散らかした記事がございますので、合わせてお読みいただければと思います。そんな枕言葉はこのくらいにして、そろそろ合宿免許の体験記をしたためていきましょうか。

教習そのものの話もしたいのですが、まずはその周辺の話から。まずはどこの教習所へ行ったのかというと、静岡県内の教習所でした。合宿免許に行こう、とまさに「思い立った」のが2021年7月初旬。いわゆるオンシーズンに近づいた時期だったので、なかなか予約が取れない状況の中、いろいろとネットをさまよっているうちにたどり着いたのが、この教習所だったというわけです。申し込みをした段階で、電話で応対してくれたオペレーターの方から「こちらの教習所、結構厳しいので」と言われましたが、自身を「甘えん坊」と認識している筆者としては、むしろ大歓迎だ、と思っておりました。

「厳しい」のを体感する前段、何より第一印象として感じたのは、この教習所は「クセがすごい」ということでした。まず、とにかく名前のクセがすごい。あえてここでは詳細を記述はしませんが、静岡県内の自動車教習所と検索して、「これはクセがすごい」と感じる教習所を見つけたら、それがそうだと思われます。あえてヒントを申し上げるなら、「なんでそこ、カタカナやねん」という突っ込みを入れたくなる名前、ということでしょうか。

そしてさらにクセがすごいのが、建物の形状でした。建物が「X(エックス)」になっているのです。正面玄関から入ると、かつて有名な洋画で見かけたことがあるような「シンメトリー(左右対称)」なつくりになっており、正面から左右に階段を登る設計になっています。階段は両サイドとも、踊り場を挟んで2階に上がる形になっているのですが、そのおかげで階段を登った後、「これ、どっちに行ったらいいの?」と迷ってしまいそうになります。勝手な想像ですが、きっとこの自動車学校が開校した頃は昭和の「モータリゼーション」の時代と言われた頃で、見ようによっては無駄にも見えるような設計がある種のステイタスだった時代に建てられたのではないか、と感じました。

そんなこんなで、「クセがすごい」教習所での合宿免許生活がスタートしたわけですが、しばしこのネタでブログが書けそうというくらいのネタの宝庫とも言える体験でしたので、飽きずにおつきあいいただけたらと思います。私たちGFCも、お客様の中には「クセがすごいIT企業」と感じておられる方もいらっしゃるかもしれないなあ、と思いますが、それはそれで、GFCの個性であると私たちはポジティブに考えております(笑)。

GFCのホームページはこちら

GFCへのお問い合わせはこちら

寝室

我が家は4人家族で、2人の子どもがいます。

今年の初春、冬の寒さも和らぎ次男が1歳半になった頃、大人と子どもで寝室を分けました。子ども部屋は1つだけなので、子ども達は一緒に寝ることになります。布団を2枚敷いて横並びの形になっています。長男からは多少反感を感じたものの、夫婦も兄弟も一緒に寝るものだよと諭しました。

実は半年ほど前、次男が1歳になるころにも、この寝室分けにチャレンジしたのですが、そのときは失敗に終わりました。長男の寝相がひどいもので、赤ちゃんが踏まれて泣いている!(しかも全く起きない兄!)という状況が生まれてしまったのです。まだふにゃふにゃ赤ちゃんだった次男。命の危険すら感じたので、元どおり大人と子どもでペアを組んで寝る状態に戻しました。

日本の小さな子どものいる家庭では、大人と子どもを組み合わせて寝ることが多いようです。お母さんと子どもが一緒に寝てお父さんだけ別、とかよく耳にします。

一方海外では生後間もなくして赤ちゃんは子ども部屋で眠ることが多いと聞きます。

私の考えでは、それぞれ良いところはありますが、大人と子どもで寝室を分ける1番のメリットは「お互いに熟睡できる」ことです。母親はとくに、子どもの小さな声や動きでも気になって起きてしまいます。

ふにやぁ~という小さな泣き声は寝言のようなもので、本人は眠っていることも多いらしいです。それをあやしてしまうと逆に目が覚めてしまったりするので、激しい泣きでなければ放っておいて自然と眠りに戻る方が子どもの熟睡(=健やかな成長!)にもつながるようです。

あと、眠る時間も大人と子どもでは違うので、一緒の部屋で寝ていると大人が出入りする時間に起こしてしまうこともありました。

もう何か月か経ちますが概ね問題なく、睡眠の質はお互いに向上したと感じます。たまに長男が夜中に訪れてきたり、次男が泣いていたり、謎の物音がしたりしますが、、そしてたまには可愛い我が子と一緒に寝たいので、週1回くらいはペア交換したりもします。

朝は子ども達を起こしに行くのが楽しみになっています。ふつうに寝ていることはまず無く、いろんな寝相を見せてくれる2人です。

最近多いのは、次男だけ反転して片側に寄っているパターン。お兄ちゃん大好きなのでしょう。(そういえば最初に言えたのは「にーに」だったなあ・・・「お父さん」も言えるようになったのに「お母さん」だけ言えず、何故か「ち」と呼びます)

今朝は寄り添っている図で癒されました。
布団をかけていることは皆無ですが、風邪一つひかない子達に感謝です。

プラスチックと歩む

プラスチックについて、あまり良くないイメージをお持ちの方は多いかもしれません。私もその一人でしたが、これまで特に危機感なく消費してきたように思います。先日、偶然手に取った専門家の著書を一読したところ、プラスチックにまつわる様々な事実を目の当たりにし、早急に減らす努力をしなければならないと感じました。

印象に残ったのは、プラスチックのリサイクルが循環型になっていない、つまり、あまり実質的なリサイクルにならない(現在の技術では)ということです。実際にリサイクルされているプラスチックの割合も驚くほど小さいのです。これまでリサイクルに出せば良いと感じており、そう感じさせるようなメディアの影響もあるのではないかと、どこか騙されていたようなショックを感じました。

私たちの生活に広く深く根付いたプラスチック。急になくすことは不可能に近いのでしょう。「身の回りにどれだけプラスチック製品があるか見渡してみてください」という筆者の問いかけがありましたが、本当に多種多様、代替素材がなさそうなものも多く見られます。すぐにそれと分かるもの以外、たとえば建物、車などの乗り物にも相当な割合で使われているようです。生産量・廃棄量共に年々増えており、埋め立てや焼却、いずれの処分方法でも有害物質が発生し、地球環境を着実に変えていきます。これまで投棄された量は莫大で、海の生き物にも深刻な影響を与えています。

安価で軽量、成型しやすく大量生産可能、という大変便利なプラスチックは、旧来の様々な素材に取って代わりました。しかし古くからある素材と異なり、「分解しない」ということが一番の問題です。植物由来のプラスチックもありますが生分解しなければ結局同じことで、埋め立てまたは投棄されたプラスチックは、とても長い時間をかけてマイクロプラスチック、さらにナノプラスチックへと細分化されるそうです。そして、地球の隅々まで、食物連鎖を通じて私たちの体の中へも運ばれることになります。
(そのときには、プラスチックの「吸収する」性質により、様々な汚染物質を含んでいるし、そもそも製造時に添加されている有害物質も多い)

このマイクロプラスチックは最近問題とされますが、化学繊維素材の洋服を洗濯したときにも、かなり流れ出ていくそうです。これは驚きました。

リサイクルが現実的でないならば、私の立場でできるのは消費量を減らすこと。というわけで、以下のようなことに気を付けています。原則として、ですが、

・代替可能なプラスチック製品や、ペットボトル飲料は買わない。
・容器はできるだけ再利用
・テイクアウト時は容器持参で、カトラリーや袋は断る
・プラスチック包装でない製品を選ぶ(たとえば納豆、トマト、お菓子など)
・衣服も天然繊維を選ぶ

スーパーへ買い物に行くと、陳列された商品のほとんどがプラスチック包装されているので、めげそうになりますが…。私たちが日々何を選んで買うか、という消費者の選択で製品が作られていくはずなので、一人ひとりの行動がやはり大事なのだと思うのです。

今回これを読んでくれた方が、プラスチックの問題について考えてくださったら嬉しいです。

Windows 10 と Windows 11 の機能更新プログラム(バージョンアップ)とライフサイクルについて

こんにちは、あーくん です。

既報の通り、Windows 11 が年内中にリリース予定ですが、今後の Windows 10 の今後について皆さんが疑問に感じていることを Microsoft 社の公開情報から整理してみました。

1.Windows 11 リリース後、Windows 10 の機能更新プログラムはリリースされない。

こちらは、いいえです。
Windows 11 リリース後も、Windows 10 の機能更新プログラムはリリースされ、今秋には Windows 10 バージョン 21H2 がリリース予定です。
バージョン 21H2 以降のリリース間隔が 6ヶ月 (半期チャネル) になるかは、今後の続報を待つことになります。

2.Windows 11 リリース後、Windows 10 SAC (Semi-Annual Channel) は速やかにサポートが終了する。

こちらも、いいえです。
Windows 10 バージョンとエディションに準ずるかたちでサポート期間が設定されています。
機能更新プログラムはリリースされ、Windows 10 のライフサイクル に掲載されている 2025 年 10 月 14 日 まで サポートされます。

3.Windows 11 リリース後、Windows 10 LTSB/LTSC (Long-Term Servicing Channel / Long-Term Servicing Branch) はリリースされない。

こちらも、いいえです。
今秋には Windows 10 Enterprise LTSC 2022、Windows 10 IoT Enterprise LTSC 2022 がリリース予定です。
ただし、 Enterprise LTSC 2022 (IoTが付かない) 製品のサポート期間は、10 年 から 5 年 へ短縮されます。
ちなみに、同時期に Windows Server の最新版となる Windows Server 2022 がリリース予定です。

4.Windows 11 は Windows 10 と同様に機能更新プログラムがリリースされますか。

こちらは、はい と いいえです。
Windows 11 の機能更新プログラムは リリース間隔が 1 年に変更されます。
また、ライフサイクル・・・サポート期間が長く設定されています。
Windows 10 が Window 11 と同じライフサイクルを採用するか、注視いたします。

従って、Windows 10 から 急いで Windows 11 にバージョンアップする必要はありませんし、Windows 11 のハードウェア動作要件に頭を悩ます必要はなさそうです。
機能更新プログラムによるバージョンアップ運用は SAC を採用する限り、Windows 10 も Windows 11 も続きます。

本件に限らず、Windows 10 WaaS (Windows as a Service) に伴うバージョンアップ対応および運用サポートをご検討する際は、弊社担当営業まで気軽にご相談ください。
問合せフォームはこちら
構築事例はこちらです。
IT環境構築

取り上げた内容の技術情報
・Microsoft Windows 10 Home and Pro ライフサイクル
https://docs.microsoft.com/ja-jp/lifecycle/products/windows-10-home-and-pro
・Windows 10 Enterprise and Education ライフサイクル
https://docs.microsoft.com/ja-jp/lifecycle/products/windows-10-enterprise-and-education
・Windows 10 長期サービス チャネル (LTSC) 次期リリースについて
https://blogs.windows.com/japan/2021/02/25/the-next-windows-10-long-term-servicing-channel-ltsc-release/
・Windows lifecycle and servicing update
https://techcommunity.microsoft.com/t5/windows-it-pro-blog/windows-lifecycle-and-servicing-update/ba-p/2493043
・Introducing the next feature update to Windows 10: 21H2
https://blogs.windows.com/windowsexperience/2021/07/15/introducing-the-next-feature-update-to-windows-10-21h2/

Windows 10 を取り上げた記事はこちら

GFCのホームページはこちら

GFCへのお問い合わせはこちら

かずらちゃん

うちの周りでよく育てられている「ふうせんかずら」。毎年この時期から目を楽しませてくれます。

白い花、ふくらんだ実、細いツルがのびる様子が何ともかわいらしく、子どもは「かずらちゃん」と呼んでいます。ここ数年、近所で見かけると「かわいいねー」「ずいぶん伸びたね」「実がなったね!」と、成長を楽しんでいました。

去年の秋のこと、そんなかずらちゃんを育てているおばさまの1人が、「いつもかわいがってくれて嬉しいよ、持っていく?」と、芽が出たばかりの鉢植えを分けてくださりました。種がこぼれて偶然芽を出したらしいのです。

子どもは(私も)大喜び、大切に育てたところ、ツルはどんどん伸びお花がたくさん咲き、我が家の癒しとなりました。が、おそらく時期が遅かったせいもあり、実をつけることはありませんでした。

同時期、近所のかずらちゃん達の様子はというと、熟してオレンジ色になった実から、これまたかわいらしい種が取れていました。ハート模様がついた白と黒の種は、1つの株から続々と取れていた気がします。「取っていっていいよ」と言ってくれたお友達の家で種を取らせてもらい、その種を今年植えました。

こんどは実をつけるまで育ってくれるかな~?という期待を裏切り、なんと1つも、発芽すらしない!という結果に。

がっかりしていたところに、去年のおばさま再び。家の前を通りかかったとき「これ持ってく?去年は実がつかなかったからねえ」と、元気に発芽したかずらちゃん達を持ってきてくれました!なんとありがたい~~

今年は実をつけてもらえるよう、お世話がんばります!!

Windows 11 Insider Preview をインストールしてみた その1

こんにちは、あーくん です。

今回は 2021 年 6 月 25 日 に Microsoft 社から発表された Windows 11 を「早速インストールしてみた」です。

ネットニュースやテレビなどのマスコミにより読者の方は殆どご存じかと思いますが、Windows 10 の後継 OS となる Windows 11 が突如発表されました。

Windows 10 が最後の OS バージョンと言われていたので筆者も驚いていますが、一部情報がフライングでネットに流れてしまったので、やっぱり…という印象もありました。

翌週 2021年 6 月 28 日は Windows 11 Insider Preview が早速リリースされたため、先ずはインストールして触ってみました。

続きを読む

[Excel]数式の入力ミスチェックに役立つショートカットキー

Excelで計算式をよく使う方向けのショートカットキーをご紹介します。

★ [Ctrl] + [Shift] + [@]
シート内の数式を表示する

計算式を設定したExcelを開くと、通常は計算結果が見えています。セルを選択すれば、そのセルの数式が上部の[数式バー]に表示される状態です。

今回のショートカットを使用すると、シート内の数式を俯瞰して見られるので、数式の入力ミスチェックに便利です。また、数式を直接編集できたり、そのまま印刷できたりと、たくさん式の入ったExcelを扱う時には役立つと思います。

<お知らせ>GFCブログ常時SSL化しました!!

日頃よりGFCブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

この度、GFCブログをより一層安全にご利用いただけるよう、常時SSL化を実施しました。これに伴い、GFCブログのURLは以下の通り変更になりましたので、お知らせします。

■変更内容
変更前:http://goodfield.jp
変更後:https://goodfield.jp

従来のURLでGFCブログにアクセスした場合でも、自動的に新URLに切り替えられますので、基本的にGFCブログが表示されない等の影響はございません。お気に入りやブックマークなどに登録していただいている場合は、設定の変更をお願いいたします。

 

ブックレビュー『MySQL 徹底入門 第4版 MySQL 8.0対応』

こんにちは。
ヒゲダルマです。

先日、『MySQL 徹底入門 第4版 MySQL 8.0対応』を読みました。

仕事で普段触っている SQL は専ら MS SQL Server で、MySQL に触れることは殆ど無い私です。
別に食わず嫌いをしている訳では無く、私が扱っているシステム/アプリケーションが MS SQL Server を採用しているからでして、MySQL が好きとか嫌いとかいうことはありません。
と言うか、IT インフラに携わるエンジニアとして、好き嫌いは言ってられず、扱うシステム/アプリケーションに応じて対応せざるを得ません。

と言うわけで、MySQL も暫く触っていなかったので、知的好奇心を満足させつつ、自分の知識をアップデートする為に、本書を手に取りました。
MySQL に関する情報自体はネット上に沢山ありますので、必要な情報はググれば得られますが、体系的に学びたい時には、やはり書籍には叶わないですよね。

ちなみに、MySQL 8.0 がリリースされて3年くらい経ちますが、日本語版の書籍で入門者向けでは無いのは本書だけかと思いますので、貴重な一冊です。
一応、インストールやチュートリアル等、入門者向けのページもありますが、飽くまでも MySQL の入門者向けであり、SQL データベースの入門者向けではありません。
これから SQL データベースを勉強しようという方は他の本を選ばれた方が良いでしょう。

続きを読む

[スクリーンショット・画面キャプチャー]アクティブ(選択中)画面だけのイメージを撮る

スクリーンショットを使う方へ、ショートカットキーを1つご紹介します。

★ [Alt] + [Prt Sc]
アクティブな(選択中の)画面だけのイメージを撮る

いつも[Prt Sc]で全画面のイメージを撮っていても、ウィンドウ単位でのキャプチャーを知らず、トリミング加工の手間をかけている方もいらっしゃるようです。

また、Win10では[Win]+[A]でアクションセンターを開くことができますが、その中には「画面領域切り取り」というツールがあります。(バージョンにより無いこともあります)

こちらの機能を使うと、好きな範囲を切り取ってイメージを撮ることができます。
ちなみに、[Prt Sc]でこの機能を起動するようにも設定でき、便利です。


(キーボードの設定)
領域は四角く切り取るだけでなく手書き(ドラッグ)で指定することもできるので、このように好きなところだけのイメージが撮れます。操作感も面白いので、まだ使っていない方は試してみてください。

メールのマナーを身につけたい!

Excelを効率的に使いたい!

コミュニケーション力を向上したい!

中途社員に即戦力になってほしい!

・・・GFCでは上記のような方向けの研修サポートも、行っております!
ぜひお気軽にご相談ください。

ブックレビュー『図解まるわかり Web技術のしくみ』

こんにちは。
ヒゲダルマです。

先日、『図解まるわかり Web技術のしくみ』を読みました。

ご存知の通り、私は IT インフラストラクチャのエンジニアリングを生業としておりますので、同じ IT でも Web 系の話については畑違いと言いますかレイヤー違いと言いますか、ぶっちゃけ、分っているようで分っていないことも多いのが実際のところです。

もちろん、個々の技術要素/用語については、同じ IT 領域のエンジニアとして知ってはいます。
でも、人に上手に説明出来るかと言われれば、微妙なところですし、最近のトレンドなんかも分っていません。

と言うわけで、Web 系の話について少し情報をアップデートしておきたいなと思い、本書を手に取りました。

続きを読む

【ナナメからIT】クラウド導入の背景に、業務システムの最適化という課題がある。

GFCのブログへ、ようこそ!

今回の【ナナメからIT】は、またまたクラウドサービスの話題にしようと思います。クラウドサービスを便利に使いこなすことで、さまざまな事業が発展すると思われるので、使いこなせるようになるために私たちGFCも進化せねばならないし、そんな私たちはお客様の進化を促さねばならないのだなあ、という気づきがあったというお話です。

続きを読む

【ナナメからIT】サーバレスのセキュリティに正解はない。まだ。

GFCのブログへ、ようこそ!

今回の【ナナメからIT】は、いわゆるクラウドサービスを利用した「サーバレスコンピューティング」でのセキュリティに関する話題で行ってみましょう。

2021年6月8日、有名どころを中心とした多様なWEBサービスでシステム障害が発生し、世界的なクラウドサービスの大規模障害が原因ではないか、と言われる事案が発生しました。この記事を書いている現在(同12日)、原因の特定はできていないようですが、世界的なクラウドサービスにCDN (コンテンツ・デリバリ・ネットワーク)を提供しているクラウド・コンピューティング・サービス・プロバイダに大元の原因があるのではないか、と言われているそうです。

続きを読む

【ナナメからIT】「SASE」がリモートを快適に「SASE」る!?

GFCのブログへ、ようこそ!

今回は【ナナメからIT】として、近頃、注目されているという「SASE」について言及してみます。

タイトルからすると「SASE」は「させ」と読むのか、思われた方もおられるでしょうが、すいません、違います。「サッシー」と読むのだそうです。かつての人気アイドルグループのセンターを務めた方を思い浮かべれば、覚えやすいかもしれませんね。

続きを読む

【思い立ったが吉日】齢50にして、普通自動車免許取得を決意した理由。その3

GFCのブログへ、ようこそ!

「齢50にして、〜」シリーズの三回目、です。続けて読んでくださっている読者のみなさん、おつきあい、ありがとうございます。前々回の「その1」では、決意した理由をお伝えし、前回の「その2」では決意した背景の詳細についてお話しさせていただきました。今回、続々編となる「その3」では、どのように免許を取得しようと考えているか、についてお話ししたいと思います。

前回の記事 ↓
【思い立ったが吉日】齢50にして、普通自動車免許取得を決意した理由。その2

前々回の記事 ↓
【思い立ったが吉日】齢50にして、普通自動車免許取得を決意した理由。その1

続きを読む

【思い立ったが吉日】齢50にして、普通自動車免許取得を決意した理由。その2

GFCのブログへ、ようこそ!

前回の「その1」では、決意の理由を「宮古島では車の運転ができた方が何かと便利だから」というものだ、とお伝えしました。そして、なぜそんな「今さら?」的な理由に、今さら気づいたのは、筆者が「シティーボーイ」(苦笑)だったから、というお話しもさせていただきました。今回、続編の「その2」では、「何かと便利」と痛感したきっかけについて、深掘ってみたいと思います。

前回の記事 ↓
【思い立ったが吉日】齢50にして、普通自動車免許取得を決意した理由。その1

続きを読む

【思い立ったが吉日】齢50にして、普通自動車免許取得を決意した理由。その1

GFCのブログへ、ようこそ!

前回、【ナナメからIT】で、筆者は「G検定」へのチャレンジをしてみようかと考えている旨、お伝えしました。しかしながら、その前に普通自動車免許の取得をしたいと思っている、とも述べました。

前回の記事 ↓
【ナナメからIT】G検定にチャレンジ、してみようかしら。

筆者、現在、齢50です。なんなら、2021年9月で51になります。もし今、普通自動車免許を取得したとして、返納するまで何年だよ、という話もありますが、取得に挑戦してみようと思ったきっかけは何かというと、これまたこのブログでさんざん「珍道中」を紹介してきた、宮古島だったわけです。

続きを読む

1 2 3 4 5 22