Acronis Backup 12.5のAll-in-OneアプライアンスでVMware ESXiをバックアップ 第3回

こんにちは。
ヒゲダルマです。

前回に引き続き、Acronis Backup 12.5のAll-in-Oneアプライアンスをご紹介いたします。前回はAll-in-Oneアプライアンスを用いたVMware ESXi環境のバックアップをご覧頂きました。
今回はAll-in-Oneアプライアンスを用いたVMware ESXi環境のリストアをご覧頂きます。

第3回 ESXiのリストア

ここでは以下の2ステップに分けてリストア手順をご覧頂きます。

1.ブータブルメディアからの起動
2.ESXi構成のリストア

早速、手順を追ってみたいと思います。

1.ブータブルメディアからの起動

ESXi環境のリストアにはAcronis Backupのブータブルメディアが必要となります。ブータブルメディアの作成についてはこちらをご覧下さい。

ブータブルメディアが用意出来ましたら、対象の物理マシンにブータブルメディアをセットし、ブータブルメディアから起動します。

①Languageを【日本語】にし、【Rescue Media】をクリックします。
IMG_20190713_152559

②暫く起動を待ちます。(結構長いです。。。)
IMG_20190713_152625

③起動したら、必要に応じて【ネットワークの設定】を選択し、当該物理マシンからバックアップ格納先にネットワーク接続出来るようIPアドレス当を設定して下さい。(本環境ではDHCPでアドレスを取得出来ているので、このまま先に進みます。)
IMG_20190715_131907

④ネットワーク接続が済んだら【このコンピュータをローカルで管理】を選択します。
IMG_20190715_131950

以上でブータブルメディアからの起動は完了です。
次項からリストアです。

2.ESXi構成のリストア

ESXi構成のリストアを実行し、データストアやvSwitch等の構成をリストアします。

①【復元】をクリックします。
IMG_20190715_132006

②【データの選択】をクリックします。
IMG_20190715_132018

③【参照】をクリックします。
IMG_20190715_132030

④パスにバックアップ格納先のサーバー/NAS等のアドレスを入力し【→】をクリックします。
IMG_20190715_132140

⑤ログイン情報を要求されたら適宜入力します。
IMG_20190715_132211

⑥バックアップ格納先のフォルダを指定し、【OK】をクリックします。
IMG_20190715_132245

⑦アーカイブが表示されますので、ESXiホストを展開し、最新のバックアップを選択し、【OK】をクリックします。
IMG_20190715_132331

⑧復元先のデータストア及びネットワークマッピングが表示されます。自動的にバックアップ状態が復元される筈ですが、万が一異なる場合には適宜変更します。
済んだら、【OK】をクリックします。
IMG_20190715_132412

⑨リストアが始まります。それほど掛からず完了すると思います。
IMG_20190715_132448

⑩正常に完了したことを確認し、【閉じる】をクリックします。
IMG_20190715_132500

以上でESXi構成のリストアは完了です。

この後、ゲスト=仮想マシンのリストアを行うことになろうかと思います。
ゲストのリストアについて、今回は触れませんが、大凡の流れとしては以下のようになります。

1.ESXiホストにAll-in-Oneアプライアンスをセットアップする。
2.All-in-OneアプライアンスのAcronis Backupにてゲストのリストアを実行する。

All-in-Oneアプライアンスのセットアップについては第2回でエラーとなったAll-in-Oneアプライアンスのバックアップが上手く行けば、再度セットアップしなくてもリストアで戻せますので多少の工数削減は図れるものと思います。

と言うわけで、All-in-Oneアプライアンスのバックアップエラーの解消方法についてはAcronisさんの回答を待ってご報告いたします。

All-in-Oneアプライアンスのご紹介兼ねてESXi環境のバックアップ/リストアをご紹介いたしましたが、如何だったでしょうか?
残念ながら今回All-in-Oneアプライアンスの実力は計れませんでしたが、ESXiの構成情報をバックアップ可能なバックアップ製品としてAcronis Backupが非常に珍しい位置付けにあることは変わりませんので、ESXi環境のバックアップをご検討の方が居られましたら、是非ご一考頂くと宜しいかと存じます。

以上、駄文散文ではございましたが、ご拝読ありがとうございました。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書く

名前
必須