【思い立ったが吉日】やれば、できる。ダイエットだって。

GFCのブログへ、ようこそ!

今回の【思い立ったが吉日】は、ちょっと真面目にダイエットしている、という話をしたいと思います。

私をリアルでご存知の方は重々承知されていると思いますが、私はデブです。「デブ」という言葉は、このところ「忖度」をされてなかなかテレビなどでは使われないようになっていますが、自分で言うのだから誰も文句は言わないでしょう。私は、紛れもないデブです。ええ、なぜなら100kg超だから。身長は180cmあるのですが、体重が100kgを超えたのは、実は小学生の頃からでありまして、中学生になってからの身長と体重は、ほとんど変わっていないというのが私の体型であります。

いや、厳密には、体重は変わりました。というのも、大学生になるまではずっと108kg(煩悩の数だけ体重がある、とよく言われました)で推移していたのですが、大学生になってから125kgがデフォルトになってしまい、挙げ句の果てに一度目の結婚をしていた頃にはMAXで142kgまで到達してしまったのであります。30代中盤には、なるべくして糖尿病と診断され、これは現在でも投薬治療を継続しています。専門医の先生には、「体重落とせば、自然と投薬治療も必要なくなると思います」と言われていますが、いろいろあって、一時期は通院せずにいたこともあり、検査結果が相当悪い数値のまま、放っておいた、などという怠惰な生活をしていた頃もありました。その頃には、いわゆる糖尿病が悪化した時に起こる体重の自然減、などという事象にも遭遇しましたから、今、わりと安定した検査数値で推移できているのはある意味で奇跡的なのかもしれません。神様が、まだ私を生かしておこうとお考えなのでしょうね。

まあ、そんなこんなで、ここ数年は115〜120kgの辺りをうろうろとしている日々を過ごしておりました。それがどうして、本格的にダイエットをしてみようと思ったかというと、カッコよく言えば「甘え体質をどうにかしよう」という考えからです。かねてからどうにも自分は甘えん坊体質から抜け出せずにいたわけですが、前にもこちらのブログで書いた通り、スキューバダイビングに挑戦したことで、かなりそんな体質から抜け出せはしました。しかしながら、それでも甘えているから、自分の体型や健康に留意できずにいるのだ、と思い直し、もう一歩、踏み出してみようと思った次第です。それが、自発的なダイエットだった、というわけです。

8月の終わりくらいから、間食を一切やめました。一食の食事の量も、減らしました。あまり無理をしすぎるのも良くないので、適度に十六穀米ごはんで糖質は摂取することにしました。食事のメニューは、日々、SNSにアップするようにしています。言ってみれば、かのCMが有名なコミットするところでやることを、一人でやっているようなものです。すると、どうでしょう。約1カ月で、それまで115kgあった体重が、現在は105kg前後で推移するようになりました。体重比で考えると、一般的な体重の方からすれば4kg減くらいのものになるとは思いますが、マイナス10kgで小学生の頃以来見たことのなかった105kg台という体重を目の当たりにすることとなりました。

やれば、できる。私たちGFCも、現状に甘えることなく、やってみることで、できることを増やしていけたらいいな、と思います。

GFCのホームページはこちら

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書く

名前
必須