プラスチックと歩む

プラスチックについて、あまり良くないイメージをお持ちの方は多いかもしれません。私もその一人でしたが、これまで特に危機感なく消費してきたように思います。先日、偶然手に取った専門家の著書を一読したところ、プラスチックにまつわる様々な事実を目の当たりにし、早急に減らす努力をしなければならないと感じました。

印象に残ったのは、プラスチックのリサイクルが循環型になっていない、つまり、あまり実質的なリサイクルにならない(現在の技術では)ということです。実際にリサイクルされているプラスチックの割合も驚くほど小さいのです。これまでリサイクルに出せば良いと感じており、そう感じさせるようなメディアの影響もあるのではないかと、どこか騙されていたようなショックを感じました。

私たちの生活に広く深く根付いたプラスチック。急になくすことは不可能に近いのでしょう。「身の回りにどれだけプラスチック製品があるか見渡してみてください」という筆者の問いかけがありましたが、本当に多種多様、代替素材がなさそうなものも多く見られます。すぐにそれと分かるもの以外、たとえば建物、車などの乗り物にも相当な割合で使われているようです。生産量・廃棄量共に年々増えており、埋め立てや焼却、いずれの処分方法でも有害物質が発生し、地球環境を着実に変えていきます。これまで投棄された量は莫大で、海の生き物にも深刻な影響を与えています。

安価で軽量、成型しやすく大量生産可能、という大変便利なプラスチックは、旧来の様々な素材に取って代わりました。しかし古くからある素材と異なり、「分解しない」ということが一番の問題です。植物由来のプラスチックもありますが生分解しなければ結局同じことで、埋め立てまたは投棄されたプラスチックは、とても長い時間をかけてマイクロプラスチック、さらにナノプラスチックへと細分化されるそうです。そして、地球の隅々まで、食物連鎖を通じて私たちの体の中へも運ばれることになります。
(そのときには、プラスチックの「吸収する」性質により、様々な汚染物質を含んでいるし、そもそも製造時に添加されている有害物質も多い)

このマイクロプラスチックは最近問題とされますが、化学繊維素材の洋服を洗濯したときにも、かなり流れ出ていくそうです。これは驚きました。

リサイクルが現実的でないならば、私の立場でできるのは消費量を減らすこと。というわけで、以下のようなことに気を付けています。原則として、ですが、

・代替可能なプラスチック製品や、ペットボトル飲料は買わない。
・容器はできるだけ再利用
・テイクアウト時は容器持参で、カトラリーや袋は断る
・プラスチック包装でない製品を選ぶ(たとえば納豆、トマト、お菓子など)
・衣服も天然繊維を選ぶ

スーパーへ買い物に行くと、陳列された商品のほとんどがプラスチック包装されているので、めげそうになりますが…。私たちが日々何を選んで買うか、という消費者の選択で製品が作られていくはずなので、一人ひとりの行動がやはり大事なのだと思うのです。

今回これを読んでくれた方が、プラスチックの問題について考えてくださったら嬉しいです。

コメントを書く