キックオフミーティング2018、開催されました!

GFCブログへ、ようこそ!

今回は、去る2018年9月3日に行われましたキックオフミーティング2018の様子をレポートしたいと思います。

最初の写真にありますように、私たちGFCは21期目を迎えました。ちなみにGFCの創立記念日は、9月14日。キックオフミーティングの約1週間半後に、私たちの21年目が始まる、というわけです。節目の年とも言える2018年度を、どのように彩っていくのか。代表の吉野がスローガンとして掲げたのは「VISION 2021 A NEW FINDING」というフレーズでした。


3年後の2021年までに、何を成し遂げているか。いわゆる「三カ年計画」ということになりますが、吉野が訴えたのは大枠で言えば「今後のGFCを支える人・環境・体質をつくり、GFCが一人ひとりの才能や能力を最大化できるフィールドになる」ことを目指そう、ということでした。社員が満足できる会社になることで、お客様にご満足いただける会社になる。GFCで働く人たちの成長を促すことで、社会貢献につなげる。そんなビジョンが、吉野から語られました。

続いて壇上に上がったのは、先ごろ取締役に就任したドビーさん。GFCの既存事業である「Wellness Care」を、2021年に向けてどのように展開していくのか、プレゼンがありました。こちらも大枠で言うと、「GFCから主体的に動いて、先んじてお客様に求められるサービスを提供していく」ということでした。これから起きることを先読みし、それに対応するサービスを事前に提案できるよう心がける。その結果、お客様に喜んでいただけて、業績も伸びていく、と考えます。

さらには吉野より、新たなカテゴリーのサービスとして「IT顧問サービス」を新規事業として立ち上げることが発表されました。そのアライアンス(提携)パートナーである株式会社IT経営ワークスの代表取締役・本間卓哉様から、ご挨拶をいただきました。

引き続き取締役のJさんより、社内の体質改善や教育体制の方針について、プレゼンがありました。

また八丁堀のベン・スティーラーNさんからは、新卒採用活動を再開させる旨の発表がありました。

その後は、これまでミーティングの最後に行われていた全員集合写真の撮影を実施。撮影終了後は、それまで講義スタイルだった室内の机や椅子のレイアウトを三列の向かい合う「島」に変更し、新たな試みとしてお酒とおつまみを用意したラフなスタイルでのミーティングへと移行して行きました。

ご歓談の間、2017年9月1日から2018年8月31日までの間に入社いただいた新入社員の方々のご紹介や、新たにマネージャーやスペシャリストに就任した方々のご紹介、さらには20周年記念の活動についての報告がAnneさんラ・フランスさんからありました。

懇親会の最後は「一本締め」。新たな1年を実りあるものにしよう、と目標を共有して、無事キックオフミーティングは終了いたしました。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書く

名前
必須