マンガ、アニメから学ぶこと

こんにちは、タピオカです。

「キングダム」、マンガにアニメに映画にとすごい人気ですよね。最近、「キングダム」はビジネス書と言われているのを初めて知りました。確かにマンガやアニメから受ける影響はあるかと思います。

私が個人的に最近ハマってるマンガのひとつに「僕のヒーローアカデミア」という作品があります。その中ですごく好きな考えがあります。ヒーローとして個性を伸ばしていくことで誰かを助ける、という部分。私たちも一人一人、個性を持っています。勉強ができるとか、運動神経がよいとか、ヒーローみたいに人を助けるという大きなものではなくても、大小問わず身近なことにも個性を使っています。

例えば飲食店に入って店員さんの態度が気になるのも、個性が働いています。気になるポイントって、人によって違いますよね。個性って、私は人より感度の高い感性を持っているということなのかな、と考えています。

GFCでもDiSCといったアセスメントツールを使っていますが、これも一つの自分の個性を見える化したものです。私が個人的に受けて好きなのは、ストレングスファインダーです。自分の強み(個性)がわかるものです。私の上位5つの資質は「アレンジ、個別化、収集心、ポジティブ、着想」です。人の特徴や特技を見るのが好きで、適材適所にいない人をみるとモヤっとしていまします。これは私が個別化やアレンジ、ポジティブといった資質が無意識に動くから、らしいのです。

マンガの中でも、水の中で得意な個性や、火に強い個性だったりがあります。わかりやすいものだけじゃなくて、目に見えない心を操る個性や、個性を消す個性も。同じ火を扱う個性でも同じではないんですよね。あ、ポケモンとかも同じです。進化するだけでも使える技が変化していきます。

そして個性、強みの反対は「弱み」です。私の「弱み」というか、下位の資質は「戦略的思考」だったりします。論理的に考えるのも、苦手な方なんです。多くの人は、自分の弱みを人と比べてダメだと思ったり、弱みの克服に時間を割いたりしてしまいます。人は生まれつき、ネガティヴな情報の方が意識しやすいので、放っておくとそうなってしまいます。もちろん、弱みを克服するのは大切なことではありますが、それ以上に強みを伸ばすことが一番効率的で楽しいのです!それに人は楽しい方が、パフォーマンスがぐっと上がります。どうしても弱みが気になる場合は、ツールを使ったり、誰かに頼むことも一つの道として大いにありです。逆に強みを誰かのために使う事もとても大切です。

「ヒロアカ」のマンガのなかでも個性をうまく使って、伸ばして、チームワークを使って、自分の個性を活躍できるところに努力を重ねて改良し、新しいボスと戦って行く姿がとても好きなんです。同じように私たちも弱みより強みを活かして協力していくほうが、物事がもっとうまくいくと思っています。

日本は国民性ゆえ、個性的な人は目立つし、色目で見られてしまう事もありますよね。でも個性に誇りを持てる人生と、人と比較したりされたりする人生とを比較するなら、私は断然前者を選びたいです。自分の人生は、自分が主役、個性を大切に伸ばしていただけたら、嬉しいです。

では次回もよろしくお願いします!

GFCのホームページはこちら

GFCへのお問い合わせはこちら

コメントを書く