Windows Server 2016 – LTSB(LTSC)

こんにちは、あーくん です。

前回 Windows Server のサービス モデルを紹介 しましたが、今回から連載でWindows Server について紹介いたします。

まずは、前回のおさらいです。
「Semi-Annual Channel (SAC)」…半期サービスチャネルを採用しているWindows Server には バージョン 1709 と バージョン 1803、「Long-Term Servicing Channel  (LTSC)」・・・長期サービスチャンネル を採用しているWindows Server には Windows Server 2016 があります。

◆「Semi-Annual Channel (SAC)」のWindows Server
・Windows Server バージョン 1709
リリース日:2017年10月17日、延長サポート終了日:2019年4月9日
・Windows Server バージョン 1803
リリース日:2018年5月7日、延長サポート終了日:2019年11月12日

◆「Long-Term Servicing Channel (LTSC)」のWindows Server
・Windows Server 2016
リリース日:2016年10月16日、延長サポート終了日:2027年1月11日

Windows Server 2016 では、エディション… Standard と Datacenter の選択、インストール方式… “Server Core” と “デスクトップ エクスペリエンスあり” の選択が可能です。
一方、Windows Server バージョン 1709 と 1803では、エディションの選択は可能ですが、インストール方式の選択は出来ません。

それでは、Windows Server バージョン 1709 と 1803、Windows Server 2016を 2回に分け、今回は「Long-Term Servicing Channel  (LTSC)」を採用した Windows Server 2016 の “Server Core” と “デスクトップ エクスペリエンスあり” の画面を紹介いたします。

1. Windows Server 2016 のセットアップ画面遷移

1.1 Windows Server 2016 (デスクトップ エクスペリエンスあり) のセットアップ画面遷移

① 日本語であることを確認し、そのまま「次へ」をクリックします。
image

②「今すぐインストール」をクリックします。
image

③インストール方式は使用する環境に応じて、Windows Server 2016 Standard (デスクトップ エクスペリエンスあり) または Windows Server 2016 Datacenter (デスクトップ エクスペリエンスあり)を選択し、「次へ」をクリックします。
image

④“ライセンス条項”にて、□同意しますをチェック■し、「次へ」をクリックします。
image

⑤“インストールの種類を選んでください”にて、「カスタム:~ (詳細設定)」を選択します。
image

⑥“Windows のインストール場所を選んでください。”にて、ディスクを選択し「次へ」をクリックします。
image

⑦OSメディアからのコピーが開始され、完了すると自動再起動されます。手動で「今すぐ再起動」をクリックすることも出来ます。
imageimage

⑧“設定のカスタマイズ”にて、管理者ユーザーのパスワードを入力し、「次へ」をクリックします。
image

⑨セットアップが完了し、Windows Server 2016 のログオン画面が表示されます。Ctrl+Alt+Del キーを押します。
image

1.2 Windows Server 2016 (Server Core) のセットアップ画面遷移

①~②、④~⑦の手順の流れは同一です。

③の手順にて、Windows Server 2016 Standard または Datacenter ※デスクトップ エクスペリエンスは含まれない を選択し、「次へ」をクリックします。
image

⑧コマンドプロンプトのような画面が表示されますので、管理者アカウントのパスワードを設定します。
imageimage
image


2. Windows Server 2016 のログオン、デスクトップ、スタートメニュー画面表示

2.1 Windows Server 2016 (デスクトップ エクスペリエンスあり) のログオン、デスクトップ、スタートメニュー画面表示

・Windows 10 に近い画面ですがサーバーOS であるため、ストア/ユニバーサルアプリ および Microsoft Edge、Cortana はサポートされません。従って、先日ご紹介したWindows 10 Enterpise LTSB により近い画面です。

◇ログオン
image

◇デスクトップ
image

◇スタートメニュー
image

2.2 Windows Server 2016  (Server Core) のログオン、デスクトップ画面表示

・Server Core は GUI の管理画面を持たない為、ログオンおよびログオン後共に、コマンドプロンプトまたはPowerShell …CLI を主とした画面が表示されます。
・メニュー画面から、最小限の操作とタスクマネージャーの起動は出来ます。

◇ログオン



◇デスクトップ
image
image
image


3. Windows Server 2016 (デスクトップ エクスペリエンスあり) の「Windows の設定」と「コントロール パネル」の画面表示

・Windows 10 に近い画面ですがサーバーOS であるため、クライアントOSと比較すると設定項目は限られています。

◇Windows の設定
image

◇コントロール パネル
image

4. Windows Server 2016 (デスクトップ エクスペリエンスあり) の Windows Update 画面表示、バージョン表記

・当然のことながら、Windows Update にて、最新のセキュリティパッチまで適用されています。
また、バージョン情報から OS ビルドが 1607 であり、ベースとなるOS がWindows 10 バージョン 1607 と同一であること分かります。
従って、大雑把な印象にはなりますが、Windows 10 Enterprise LTSB 2016 ほぼ同等なUIを持ち、サーバーの機能が搭載されたOS です。

◇Windows Update – 更新の履歴
image

◇Windows バージョン
image

次回は、「Semi-Annual Channel (SAC)」を採用した Windows Server バージョン 1709 と 1803 の画面を紹介いたします。

取り上げた内容の技術情報
・Microsoft Windows IT Pro Center – Server Core のインストール
https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows-server/get-started/getting-started-with-server-core
・Microsoft Windows IT Pro Center – デスクトップ エクスペリエンス のインストール
https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows-server/get-started/getting-started-with-server-with-desktop-experience
・Microsoft Windows IT Pro Center – Windows Server 2016 の Standard エディションと Datacenter エディションの比較
https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows-server/get-started/2016-edition-comparison
・Windows 10 および Windows Server 2016 の更新履歴
Windows 10 バージョン 1607 および Windows Server 2016 の更新プログラム
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4000825/windows-10-windows-server-2016-update-history

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書く

名前
必須