Windows 10 エディションの紹介

こんにちは、あーくん です。

前回 は Windows 10 の新機能を紹介しましたが、今回は Windows 10 のエディションを紹介したいと思います。

1. Windows 10 Home

主に個人(コンシューマー)での利用を前提としています。
Windows 7 では 個人向けに複数エディションが存在していましたが、1つに統一されています。
Windows 10 の新機能である Webブラウザー 「Microsoft Edge」、「音声認識アシスタント」、「生体認証」などが利用出来ます。
一方で、「Active Directory ドメイン」に参加出来ない制約は、以前のバージョンのエディションから変わりません。

2. Windows 10 Pro

主に企業(ビジネス)での利用を前提としています。
Windows Vista では Bussiness、Windows 7 では Professional と呼ばれていたエディションです。
「Active Directory ドメイン」に参加出来ます。
セキュリティ機能である「BitLocker」によるディスク及びデータの暗号化、「Windows Update for Business」による修正プログラムの管理に対応します。
また、リモートサポートで必要な「リモート デスクトップ」、「Hyper-V」によるハイパーバイザー型の仮想化に対応します。

3. Windows 10 Enterprise

Proの上位エディションであり、ボリュームライセンス契約を締結した企業が利用出来ます。
スタートメニューやユーザーインターフェイスをカスタマイズ出来る「管理されたユーザー エクスペリエンス」、USBメモリーからOSを起動可能な「Windows To Go」が利用出きます。
また、仮想化技術を用いたより強度なセキュリティ機能「Credential Guard」「Device Guard」に対応します。

4. Windows 10 Pro Education、Windows 10 Education

教育機関(アカデミック)での利用に限定されます。
ライセンスにより、Pro または Enterprise エディションの全機能を利用出来ます。

5. Windows 10 Mobile、Windows10 Mobile Enterprise

スマートフォンや小型タブレットでの利用を前提としており、Mobile Enterprise は企業向けライセンスです。
以前のバージョンでは Windows Phone と呼ばれていました。
「ユニバーサルアプリケーション (UWP)」の動作が必須であり、アプリケーションを追加する場合は「Windows ストア」を利用します。
一方で、現在のバージョンでは、Windows 上のx86 アプリケーション (Win32) は動作しません。

6. Windows 10 IoT Core

IoT(モノのインターネット) における組み込みコンピューターでの利用を前提とし、小型コンピューター「Raspberry Pi」「Intel Joule」などに対応しています。
以前のバージョンでは Windows CE、Windows Embedded Compact と呼ばれていました。
Windows の特徴であるデスクトップ画面等のユーザーインターフェイスを持ちません。

7. Windows 10 IoT Enterprise

以前のバージョンでは Windows Embedded Standard、 Windows Embedded Enterprise と呼ばれていました。
組み込みコンピューターのシステム領域の制約による機能制限がありましたが、本バージョンからWindows 10 Enterprise をベースとし、フル機能を利用出来るほか、OS パッケージのカスタマイズに対応しています。

筆者は、最近組み込み機器の端末展開に携わる機会があり、Windows 10 IoT Enterprise を扱うことも多いですが、読者の皆様は自宅では Windows 10 Home または Pro、会社では Windows 10 Pro または Enterpriseを利用されることが多いですかね。

取り上げた内容の技術情報
https://www.microsoft.com/ja-jp/WindowsForBusiness/Compare
https://blogs.windows.com/japan/2016/08/05/whats-new-for-it-pros-in-the-windows-10-anniversary-update/

次回は、Windows 10 サービシングモデルの紹介を予定しています。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書く

名前
必須