ITパスポート試験、受けてきました!

お久しぶりです。なまけものです。

怠け者なのに機会があり「ITパスポート」を受験してきました。
結果は合格でした。

ITパスポート試験」は最近少しずつ名前が知られている資格ですが、ほかの資格試験・検定と比べるとあまり知られていないかと思いますのでここに勉強法を記録したいと思います。

まず、問題構成と合格基準についてですが、少しややこしいです。構成は、ストラテジ系、マネジメント系、テクノロジ系の3分野、合計100問。合格基準は、各分野3割以上正答かつ合計点が600点以上。簡単に考えると、本番で全分野60%取れるようにしておけば合格できるということになります。

しかしここで一つトラップがあります。約10%、採点されない問題が出るそうなのです…!しかも頻繁に出題範囲の改定が行われています。やる気を出すためにまず情報収集をしなければと思い調べているうちにこの情報にたどり着き、約10%の採点されない問題を考えると70%の正答率は確実にしたい、と思うようになりました。

更に調べていくと、750点以上取得すると別の資格の一部問題が免除されるとのこと!これは本番で750点以上取得を目指すしかない!と思い、勉強するようになりました。

そこで私が行った勉強法はこちら!

①試験範囲改定前・改定後のテキストを3~4周読む
②過去問道場で過去問を正答率が80%~90%になるまで解く
③販売されている問題集を解く←試験範囲の用語対策が見やすいものがおすすめです!
④前日までに間違えた単語とその意味を振り返る

ここでのポイントは問題を解く際に間違えた単語は意味を合わせてメモをする、という事。なぜならITパスポート試験は過去問が出題されないといわれているからです。過去問で引っ掛かっていた私が言います。この問われ方にはこの回答!と安易に結びつけるのは危険です!(笑)

「あ、聞かれてること違った…」
問題文をよく見ず反射的に回答すると私のようになります(笑)

受験してみた感想としては、久々の資格試験であることと範囲改定後間もない受験ということで緊張しました。それとなぜか学生の頃を思い出しました。毎日の授業や小テスト、課題と定期考査があって、自然と予習復習が繰り返されていたんだなあ…学校や先生ってすごいなあ…と(笑)学生の頃の周辺環境のありがたさと懐かしさをしみじみと感じました。

試験結果については受験したその日に試験結果レポートを確認できます。正式な合格発表の日程については公式ホームページに記載されています。当日に正式ではないとはいえ点数がわかるあたり、ITの資格ってすごいですよね!

次にどのような勉強に取り組むかはまだ迷っていて確定させていませんが、少しずつでも前進できるよう努めていきたいと思います。

ITパスポート公式ホームページはこちら!
https://www3.jitec.ipa.go.jp/JitesCbt/index.html
※範囲改定が頻繁に行われていますので受験する際はシラバスを必ずご確認ください!

GFCのホームページはこちら

GFCへのお問い合わせはこちら

コメントを書く