Windows Server 2022 プレビュー をインストールしてみた

こんにちは。
ヒゲダルマです。

3月の頭に Windows Server 2022 のプレビューがリリースされました。

Windows Server の LTSC(長期サービスチャネル)としては Windows Server 2019 以来となり、リリースされれば、その後、5年~10年はオンプレミスあるいはクラウドで運用頂くことが可能な OS となります。

ちなみに、正式なリリースは来年の予定となっております。

早速、触ってみたかったのですが、年度末案件等で多忙だったこともあり、触れるタイミングを逃しておりましたが、ようやく少し時間が出来ましたので、とりあえず、インストールしてみました。

以下、インストールの様子を眺めて頂ければと思います。

インストールメディアをサーバーにセットして起動します。インストール用ISOファイルのサイズは2019よりも少し大きくなり4.5GB程です。

インストールメディアから起動して暫くして言語の選択が表示されました。この辺は2019と変わらない感じです。次へ をクリックし、先に進めます。
スクリーンショット (96)

次の画面も 2019 とほぼ変わらない感じです。今すぐインストール を押して先に進めます。
スクリーンショット (97)

ここも 2019 と変わりません。先に進めます。
スクリーンショット (99)

ここも 2019 と変わりません。デスクトップ エクスペリエンスを選んで、先に進めます。
スクリーンショット (100)

ここも 2019 と変わりません。先に進めます。
スクリーンショット (101)

ここも 2019 と変わりません。カスタム を選んで、先に進めます。
スクリーンショット (102)

ここも 2019 と変わりません。先に進めます。
スクリーンショット (103)

ここも 2019 と変わりません。インストールを暫く待ちます。
スクリーンショット (104)

再起動を挟み、Administrator のパスワード設定要求です。ここも 2019 と変わりません。適宜設定して、先に進めます。
スクリーンショット (105)

はい、出ました。2019 と全く同じです。っていうか、2016 以降変化無しです。ガッカリ。。。
スクリーンショット (106)

サインインしました。2019 と少しGUIが変化し、まんま Windows 10 ですね。
スクリーンショット (108)

サーバーマネージャーが自動起動し、Windows Admin Center の宣伝が表示されました。この辺も 2019 と変わりません。ここまで宣伝するならデフォルトでインストールしてくれれば良いのにとも思うのですが、2022 でも Windows Admin Center は別途ダウンロードしてインストールする必要があります。
スクリーンショット (109)

サーバーマネージャーも特段の変化はありません。
スクリーンショット (110)

サーバーマネージャーのツールを覗いてみます。2019 との違いは PowerShell ISE が無くなった程度です。
なお、ISEそのものが無くなった訳では無く、ツールから外されただけです。利用頻度が低いと判断されたのでしょうね。
スクリーンショット (111)

スタートメニューをクリックしてみました。2019 と殆ど一緒ですが、Edge がインストールされております。サーバー OS としては初めて Edge をサポートしてくれました。最近の Web アプリケーション(サーバー上で使用する各種管理コンソール等を含む)は Internet Explorer 11 だと対応していないことも多かったので、これは助かります。
スクリーンショット (113)

と言うわけで、ぱっと見では 2019 から大きな変化は無い感じです。

実際には、2019 以上に Azure 対応が進んでいるとか、セキュリティが強化されているとか、Windows コンテナーのイメージサイズが小さくなっているとか、色々あるのですが、『新製品』的なワクワク感に乏しいのは確かです。
未だプレビューなので、正式リリース時には、萌っとくる何かが追加されているかも知れませんが、現時点では寂しい感じです。

一方で、IT インフラストラクチャを支えるサーバー OS なので、ガラッと変わられても戸惑いますし、怖くて二の足を踏むでしょうから、この程度地味なアップデートになるのも仕方無いように思います。
2019 から正統進化したと言えると思います。

2022 が正式にリリースされたら、また改めて、もう少し踏み込んでご紹介したいと思います。

Windows Server 2022 プレビューのご紹介は以上となりますが、Windows Server 関連の記事としては、以下の記事もございますので、お暇な時にご一読下さい。

Windows Server 2019 インストールしてみた
Windows10、Windows Serverのサービスモデルまとめました
Windows 10 バージョン 1809 (October 2018 Update)、Windows Server 2019、Windows 10 LTSC 2019 リリース
Windows Server バージョン1709 と バージョン1803 – 半期チャネル SAC
Windows Server 2016 – LTSB(LTSC)
Windows Server のサービスモデル – Windows as a Service
Windows Server 2016 インストール
Windows Admin Center 2007 をインストールしてみた
Windows Admin Center 1809 をインストールしてみた

以上、駄文散文ではございましたが、ご拝読ありがとうございました。

GFCのホームページはこちら

Windows ServerなどIT環境構築に関連するGFCのサービスはこちらから。

お問い合わせフォームはこちらから。

コメントを書く