Windows 10 機能更新プログラム Feature Update (FU) を手動インストールしてみた その2

こんにちは、あーくん です。

前回 に引き続き、Windows 10 機能更新プログラムの手動インストールをご紹介しますが、少しおさらいです。

1. 機能更新プログラムを端末に展開するにあたり、在宅のインターネット接続環境は問題無いが、個別対応でインストールしたい。
2. 機能更新プログラムを端末に展開したいが、在宅のインターネット接続環境はモバイルルーターやSIM接続でデータ容量制限があるため、可能な限りオフラインでインストールしたい。

今回は2. の『メディア作成ツール』を用いたバージョンアップ手順についてご紹介いたします。

【前提条件と今回の実行環境】
・クライアントPC のハードウェアおよびインストールアプリケーションが、Windows 10 Pro バージョン 20H2 対応していること。
・Windows 10 Pro バージョン 1909 の環境にて バージョン 20H2 機能更新プログラムを用いてバージョンアップしています。
・バージョンアップ作業はローカルの管理者アカウントにて実行しています。

①~⑬はバージョンアップ対象と別のPCで実行します。
①Webブラウザーを起動し、Windows 10 のサイトから『メディア作成ツール』をダウンロードします。
Win10MCT-Upgrade01-1

②ファイルを「保存」をクリック、ダウンロード完了後に「実行」をクリックします。
Win10MCT-Upgrade01-2
Win10MCT-Upgrade01-3

③実行されると “ユーザー アカウント制御 (UAC)“ の暗転が表示されますので、「はい」をクリックします。
Win10MCT-Upgrade02-1

④プログラムが実行されるまで、少し待ちます。
Win10MCT-Upgrade02-2
Win10MCT-Upgrade03

⑤“ライセンス条項“ にて「同意する」をクリックします。
Win10MCT-Upgrade04

⑥“実行する操作を選んでください” にて [別の PC のインストール  メディアを作成する] を選択し、「次へ」をクリックします。
Win10MCT-Upgrade05

⑦”言語、アーキテクチャ、エディションの選択”はそのまま、「次へ」をクリックします。
Win10MCT-Upgrade06

⑧”使用するメディアを選んでください” にて [ISOファイル] を選択し、「次へ」をクリックします。
Win10MCT-Upgrade07

⑨ISO ファイル名を指定して、「保存」をクリックします。
※今回は分かりやすくするため、”Windows10-20H2.iso” というファイル名で保存します。
Win10MCT-Upgrade08

⑩ダウンロード、メディアの作成が実行されるので、暫く待ちます。
Win10MCT-Upgrade09
Win10MCT-Upgrade10

⑪“ISO ファイル を DVD にコピーしてください” にて、⑨で指定したファイル名のリンクをクリックし、「完了」をクリックします。
Win10MCT-Upgrade11

⑫エクスプローラーが起動し、ISOファイルが表示されます。
Win10MCT-Upgrade12-1

⑬ISO ファイルを USBメモリ へコピーします。
※DVD メディアへライティングすることも可能ですが、インストール速度や取り扱いのしやすさで USB メモリの利用をお勧めします。
Win10MCT-Upgrade12-2

⑭~はバージョンアップする PC で実行します。
⑭バージョンアップ前に、スタートメニューのアイコン表示 と 現在の Windows 10 バージョンを確認します。
Win10UA-Upgrade01-2
Win10MCT-Upgrade00

⑮USB メモリの ISO ファイルを右クリックし、”マウント” をクリックします。
Win10MCT-Upgrade13-1

⑯仮想光学メディアがマウントされますので、”ドライブ” をダブルクリックします。
Win10MCT-Upgrade13-2

⑰ドライブ直下の Setup を右クリックし、“開く“ をクリックします。
Win10MCT-Upgrade14-1

⑱実行されると “ユーザー アカウント制御 (UAC)“ の暗転が表示されますので、「はい」をクリックします。
Win10MCT-Upgrade14-2

⑲セットアッププログラムが展開されるまで、少し待ちます。
Win10MCT-Upgrade14-3
Win10MCT-Upgrade14-4

⑳「Windows セットアップでの更新プログラムのダウンロード方法の変更」をクリックします。
Win10MCT-Upgrade15

㉑[今は実行しない] を選択し、「次へ」をクリックします。
Win10MCT-Upgrade16

㉒“PCをチェックしています“ と ”準備しています” にて、少し待ちます。
Win10MCT-Upgrade17-1
Win10MCT-Upgrade17-2

㉓“ライセンス条項“ にて、「同意する」をクリックします。
Win10MCT-Upgrade17-3

㉔”インストールに必要な作業を確認しています”にて、少し待ちます。
Win10MCT-Upgrade18-1

㉕”インストール準備完了” にて、「インストール」をクリックします。
Win10MCT-Upgrade18-2

㉖以降はプログラムが全画面表示で進行しますので、暫く待ちます。
Win10MCT-Upgrade19-1
Win10MCT-Upgrade19-2

㉗PCが数回再起動され「更新プログラムを構成しています XX% ~」が表示されますので、暫く待ちます。
Win10MCT-Upgrade20

㉘ログイン画面が表示されますので、管理者アカウントでログインします。
Win10UA-Upgrade11-1_thumb
Win10UA-Upgrade11-2_thumb

㉙「こんにちは」表示の後の処理が続きますので、暫く待ちます。
Win10UA-Upgrade12-1_thumb
Win10UA-Upgrade12-2_thumb
Win10UA-Upgrade12-3_thumb
Win10UA-Upgrade12-4_thumb
Win10UA-Upgrade12-5_thumb

㉚「最新の更新プログラムを入手しました」の画面が表示されので、[×]で閉じます。
Win10UA-Upgrade13-1_thumb

㉛スタートメニューのアイコン表示 および Microsoft Edge のアイコン から Windows 10 バージョン 20H2 にバージョンアップされたことが確認できます。
★Windows 10 バージョン 20H2 の特長は こちら にて紹介しています。
Win10UA-Upgrade14_thumb2

㉜最後に、バージョンアップ後の Windows 10 バージョンを確認します。
Win10MCT-Upgrade21

以上が Windows 10 機能更新プログラムの手動インストール手順となります。
在宅クライアント PC の Windows 10 バージョンアップが難しいという声をよく聞きますが、古典的な手順にはなりますが、是非トライして頂ければ幸いです。

Windows 10 WaaS (Windows as a Service) に伴うバージョンアップ対応および運用サポートをご検討する際は、弊社担当営業まで気軽にご相談ください。
問合せフォームはこちら
構築事例はこちらです。
IT環境構築

取り上げた内容の技術情報
・Windows 10 のダウンロード
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10%E3%80%80
・Windows 10 Update Assistant
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/3159635/windows-10-update-assistant

Windows 10 を取り上げた記事はこちら

GFCのホームページはこちら

GFCへのお問い合わせはこちら

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書く

名前
必須