Active Directory 2012 R2から2016へ ドメインコントローラのバージョンアップ その二

こんにちは。
ヒゲダルマです。

前回からの続きとなります。
ドメインコンントローラ(ドメコン)をローリングアップグレードし、Active Directory(AD)2012を2016へとバージョンアップする際の具体的なアプローチについて書きたいと思います。

ところで、弊社では数多くの AD 構築/移行案件を手掛けております。ご興味を持たれましたら、是非、こちらまでお問い合わせ下さい。

大凡の流れは前回ご紹介した通り、以下の6ステップとなります。

Step1:既存ADに新規Windows Server 2016のサーバーをドメイン参加させます。
Step2:新規Windows Server 2016のサーバーをドメコンに昇格します。
Step3:既存ドメコンから新規ドメコンへ操作マスタ(FSMO)を移行します。
Step4:既存ドメコンと新規ドメコンのIPアドレスを入れ替えます。
Step5:既存ドメコンを降格します。
Step6:ADの機能レベルを2012 R2から2016へバージョンアップします。

今回はStep1です。
ここは特にドメコンだからどうということも無く、既存のADに新規のWin2k16サーバーをドメイン参加させるだけとなりますので、クライアントのドメイン参加と変わりは無く、難しいことはありません。

ちなみに、今回用意した既存のADは下図の通りとなります。
image

ここにWin2k16サーバー2台をドメイン参加させ、Step1終了時には下図の状態となる想定です。
image

と言うわけで、早速、手順を追って行きたいと思います。

①DC03でTCP/IPのプロパティを確認します。
image

DNSサーバーがそれぞれ既存のDC01とDC02になっていることが確認できればOKです。

②【スタートメニュー】を右クリックし、【システム】を選択します。
image

③【設定の変更】をクリックします。
image

④【変更】をクリックします。
image

⑤【ドメイン】を選択し、ドメイン名を適宜入力し、【OK】をクリックします。
image

⑥ドメイン参加に必要なアカウント要求が表示されますので、ドメイン参加が許可されたアカウント/パスワードを適宜入力し、【OK】をクリックします。
image

⑦【OK】をクリックします。
image

⑧【OK】をクリックします。
image

⑨【閉じる】をクリックします。
image

⑩【今すぐ再起動する】を選択します。
image

⑪再起動後、正常にドメインへのログオンが出来ることを確認します。
image

ログオン出来たら、続けてDC04でも上記手順①~⑪を実行し、ドメイン参加を行います。

これでStep1は終了です。
次回は「Step2:新規Windows Server 2016のサーバーをドメコンに昇格します。」をご案内したいと思います。

当連載は番外編含め、以下の通りとなっております。少々長いですが、宜しければご一読下さい。

Active Directory 2012 R2から2016へ ドメインコントローラのバージョンアップ その一
Active Directory 2012 R2から2016へ ドメインコントローラのバージョンアップ その二
Active Directory 2012 R2から2016へ ドメインコントローラのバージョンアップ その三
Active Directory 2012 R2から2016へ ドメインコントローラのバージョンアップ その四
Active Directory 2012 R2から2016へ ドメインコントローラのバージョンアップ その五
Active Directory 2012 R2から2016へ ドメインコントローラのバージョンアップ その六
Active Directory 2012 R2から2016へ ドメインコントローラのバージョンアップ その七
Active Directory 2012 R2から2016へ ドメインコントローラのバージョンアップ その後

以上、駄文散文ではございましたが、ご拝読ありがとうございました。

GFCのホームページはこちら

Active Directoryに関連するGFCのサービスはこちらから。

お問い合わせフォームはこちらから。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書く

名前
必須