タグ: ゆでたまごのすけ132

【思い立ったが吉日】本気で「働き方改革」しないと、生き残れない時代かも。

GFCブログへ、ようこそ!

今回の【思い立ったが吉日】は、「働き方改革」や「ワークライフバランス」というキーワードに本気で向き合わないといけない時代になってきたのではないか、という話をして見たいと思います。

「働き方改革」という言葉が巷に流布されて久しいですが、本当にそんな改革が進んでいるのか、改悪になってるんじゃないのか、という懐疑的な見方も多いように思います。確かにそんなに歩みは早くはなさそうではありますが、世の中的には少しずつ前へ進もうとしているように、私は個人的には感じております。

続きを読む

【思い立ったが吉日】自分の仕事は、自分で守る時代。

GFCブログへ、ようこそ!

今回の【思い立ったが吉日】は、仕事は与えられるものではなく、自分で守り、つくるものだ、という話をしてみたいと思います。

近ごろ「AIの進化は人間の仕事を奪う」といった言われ方をする機会が、ちょくちょく見受けられます。確かにそういう側面はあるだろう、と思います。「AIの進化は〜」なんて言い方をすると具体的にどんな状況なのかがイメージしづらいかもしれませんが、わかりやすいところでいえば、スーパーのレジなんかを見ていると、明確に「AIの進化は〜」という話には当てはまらないかもしれませんが、その進化の度合いによってそれまで人のやっていた仕事を奪っていく様が見えてくるように思います。

続きを読む

【思い立ったが吉日】人に教えると、自分も教わる。だから成長する。

GFCブログへ、ようこそ!

今回の【思い立ったが吉日】は、人を教えることで自分も教わることがあり、それが自らの成長にもつながる、という話をしたいと思います。

4月になって、街中には真新しいスーツがまだ板についていないという印象の若い人たちが溢れています。いわゆるリクルートスーツのまま、社会人になって通勤しているということなのでしょうが、そんな若い人たちを教えるという機会も、私のようにいい歳になってくると(すでにアラフィフと言われるような年齢になっております)、自然と増えてくるという次第です。

続きを読む

【思い立ったが吉日】ダイビングが楽しくなってきた。

GFCブログへ、ようこそ!

今回の【思い立ったが吉日】は、これまで「宮古島珍道中」として紹介してきたダイビングの話題を、ダイビングに特化したものとして記事を書いてみたいと思います。というのも、今までの「珍道中」ではいちいちダイビングをしに行くたびに海面で溺れていた、という話だったのが、とうとう溺れたりしないぐらいまでスキルが向上したから、です。

続きを読む

【思い立ったが吉日】どうでもいい無駄な話も、たまにはいい。

GFCブログへ、ようこそ!

今回の【思い立ったが吉日】は、どうでもいい話題をいくつか、並べてみたいと思います。

先日、片側3車線くらいある国道を車で走っていたら、どこかから「いしやーきいもー」という声が聞こえてきました。「えっ?」と思って横を見てみたら、ものすごいスピードで走っている石焼き芋屋さんのトラックが走り去っていきました。これって、「いしやーきいもー」と流しておく必要があるのだろうか、と思ってしまいました。

続きを読む

【思い立ったが吉日】AIに代替できない仕事をしよう。

GFCブログへ、ようこそ!

今回の【思い立ったが吉日】は、このカテゴリーではあまり取り上げることのないITっぽい話をしてみようかと思います。

巷では、AIが進化するほどに人がやらなくていい仕事が増えてくる、といったことが語られています。確かにそれはその通りだ、と思います。たまに出張などでホテルに宿泊する時など、フロントでのチェックインやチェックアウトは自動精算機で行うところも増えてきていますし、ビジネスユースの場合はその方が便利でいい、と感じることも少なくありません。最近ではAIが全てフロントでの対応を行う、なんてホテルも出てきており、ネットのニュースでも話題になったりしていますが、こういう動きによって人件費の抑制ができ、コストが下がって利用料金が安くなる、ということは想像がしやすいことでしょう。

続きを読む

【思い立ったが吉日】貯まってしまった乾パンの有効活用。

GFCブログへ、ようこそ!

今回の【思い立ったが吉日】は、突然ではありますが乾パンの有効活用法について語ってみたいと思います。

災害に備えて保存しておく食品の代表格とも言える、乾パン。しかしながら、普段の生活では滅多に口にすることがないのではないかと思います。そして物は試しに、と食べてみると、パサパサしていてちっとも美味しくない、なんて感じたことがある方もいるのではないでしょうか。

続きを読む

【思い立ったが吉日】五回目の宮古島珍道中。

GFCブログへ、ようこそ!

今回の【思い立ったが吉日】は、またもや宮古島でのスキューバダイビングの話題でいきたいと思います。

過去の記事はこちら。

【思い立ったが吉日】宮古島珍道中。その1
【思い立ったが吉日】宮古島珍道中。その2
【思い立ったが吉日】宮古島珍道中。その3
【思い立ったが吉日】宮古島珍道中、再び。その1
【思い立ったが吉日】宮古島珍道中、再び。その2
【思い立ったが吉日】宮古島珍道中、再び。その3
【思い立ったが吉日】三たび、宮古島珍道中。
【思い立ったが吉日】宮古島珍道中、四回目。

続きを読む

【思い立ったが吉日】「感情的になる」のは人間だから。

GFCブログへ、ようこそ!

今回の【思い立ったが吉日】は、「感情的になる」のはなぜなのか、という話をして見たいと思います。

ずいぶんと昔、私が30代前半くらいだった頃でしょうか。仕事でクライアントから理不尽な要望をされたり、どう考えてもおかしいだろうという決定を下されたりした際に、真面目に「なんでだよ!」と内心怒っていたことがありました。そんな話を友人にプンスカしながら話したところ、その友人は「そんなに真面目に怒ることはないよ、仕事なんだから」と軽い感じで返してきました。その時は「軽く言うなあ」などと腑に落ちない感じでいたのを記憶していますが、今になってみると「確かにその通り」と思うようになっています。

続きを読む

【思い立ったが吉日】義理チョコや恵方巻は、当たり前なのか。

GFCブログへ、ようこそ!

今回の【思い立ったが吉日】は、食品業界のプロモーションを通じて、当たり前のことが本当に当たり前なのか、という疑問を持つことの大切さについて言及してみたいと思います。

巷はバレンタインです。以前にもこのブログで、バレンタインデーというのは製菓業界が仕掛けたもので、かつて私が幼稚園の頃にそのプロモーション用につくられた楽曲があって、それがすごく心に残っている、みたいな話題を書いたのを記憶しています。最近のハロウィンもそうですが、いずれにしてもこうした季節のイベントというのは、どこかの業界や企業が自社製品を拡販するためのプロモーションとして仕掛けたものであることがままある、というのは間違いのない事実でしょう。

続きを読む

1 2 3 4 5 6 14