思い立ったが吉日127

【思い立ったが吉日】高速バス+インターネットカフェ、いいかも。

GFCブログへ、ようこそ!

今回の【思い立ったが吉日】は、先日の「【思い立ったが吉日】高速バス、意外といい。」の続編といった風情でいきたいと思います。

前回の記事では、高速バスでの長距離移動は時間がかかるけど、いろいろと情緒があっていい、みたいなことを書きました。しかしながらその高速バスが夜行だった場合、目的地に到着するのが早朝になってしまうことは、少々厄介なところだったりします。先日も山形の米沢というところに夜行で向かったところ、到着したのが午前5時頃。米沢駅の駅前にバスは到着したのですが、その駅の周辺には店らしきものが何もない。いや、もしあったとしても、きっとこの時間ではそもそも営業していないのだろう、と思わせるような風情の街並みに一人、ポツリと取り残されてしまった感じになったのでした。

続きを読む

【思い立ったが吉日】旅行の満足度は、工夫次第。

GFCブログへ、ようこそ!

今回の【思い立ったが吉日】は、お得な飛行機の乗り方について、言及してみようかと思います。

みなさんはどのようなお正月を過ごされたのでしょうか。私は例によって、宮古島へ繰り出したわけですが、今度のダイビングがどうだったかはまた「珍道中」シリーズにてご紹介するとして、今回は航空券がずいぶんお得に購入できた、という話題から話を進めていこうと思います。

続きを読む

【思い立ったが吉日】名古屋めしがメジャーになりつつあるのは嬉しい限り。

GFCブログへ、ようこそ!

今回の【思い立ったが吉日】は、名古屋めしについての私感を述べてみたいと思います。

なぜいきなり名古屋めしかというと、ただただ私が名古屋の出身だから、というところです。なんだか最近、昼の帯番組をかつてやっていた大物司会者の方がブラブラ歩いて地形や地質のこと、歴史のことを紐解いていくという番組でも何回も取り上げてもらった名古屋という町ですが、「名古屋めし」なんて言葉も一般的になってくるほど知名度が上がってきたなあ、という気がしている今日この頃。名古屋に住んでいたのは生まれてから小学校卒業までの12年ほどなのですが、両親も一緒に東京へ出てきたゆえに私の家の食卓は基本「名古屋めし」だったもので、味覚が基本、名古屋の人仕様になっているようなのです。なので今でも、たまに出張で名古屋へ行く機会があると、ベタな名古屋めしを食べてしまうという次第です。

続きを読む

【思い立ったが吉日】高速バス、意外といい。

GFCブログへ、ようこそ!

今回の【思い立ったが吉日】は、高速バスの話をしてみたいと思います。

高速バスというと、若い頃に実家へ帰る時に使ったとか、そんなイメージが強いかと思います。あるいは空港からの長距離移動で使う、とか。そんな高速バスを、最近は出張で長距離の移動が必要な時にちょいちょい使ってみたりすることがあります。新幹線などで移動するのと比べて旅費が半額で抑えられる、というのが大きな魅力ではありますが、その分移動時間が2〜3倍かかるので、着くまでに腰がやられてしまうんじゃないか、という心配はあります。だけどそれをも凌駕するくらいの魅力が、高速バスの旅にはあるんじゃないか、なんて感じたりもしています。

続きを読む

【思い立ったが吉日】宮古島珍道中、四回目。

GFCブログへ、ようこそ!

今回の【思い立ったが吉日】は、何度かお届けしました私の宮古島珍道中でいきたいと思います。今回で四回目になります。

過去の記事はこちらから。

【思い立ったが吉日】宮古島珍道中。その1
【思い立ったが吉日】宮古島珍道中。その2
【思い立ったが吉日】宮古島珍道中。その3
【思い立ったが吉日】宮古島珍道中、再び。その1
【思い立ったが吉日】宮古島珍道中、再び。その2
【思い立ったが吉日】宮古島珍道中、再び。その3
【思い立ったが吉日】三たび、宮古島珍道中。

続きを読む

【思い立ったが吉日】「映え」のためには自分を客観視することが不可欠だと思う。

GFCブログへ、ようこそ!

今回の【思い立ったが吉日】は、最近流行りの「映え」についてお話ししてみたいと思います。

「インスタ映え」なんて言葉がまことしやかに語られるようになってずいぶんと経つ気がしますが、「インスタ映え」する食べ物を購入して撮影したら捨てちゃう、みたいなことが横行しているなどというニュースが拡散されてみたりと、なんだか世の中「インスタ映え」についてザワザワしているような気がしてならない今日この頃です。確かに「インスタ映え」する写真をアップして、たくさん「いいね」がもらえると、人間誰しもが持っている承認欲求を満たせられるでしょうが、それも度が過ぎると眉唾ものになってしまう、これまた今風な言い方をするなら「痛い」感じになってしまうように思います。

続きを読む

【思い立ったが吉日】C2Cのサービスが進化している、と思う。

GFCブログへ、ようこそ!

今回の【思い立ったが吉日】は、IT的に言うならいわゆるC2Cのクラウドサービスって結構便利だなあ、と感じているという話をしてみたいと思います。

かつてガラケーが主流だった頃、ネットオークションにハマっている友人がおりまして、彼はとにかく始終ガラケーの画面とにらめっこをしている印象がありました。その画面をチラッと見させてもらったところ、今から思えばその画面の見づらいこと、見づらいこと。まあその当時は、自分もガラケーを使っていたものですから、それほど「見づらい」と感ぜずにいたと思うのですが、とにかく見づらいし、スクロールが長くていつになったら自分が見たいところまで到達するのだろうか、と途方に暮れる(は言い過ぎのようですが)。まあIT風に言えば「UI(ユーザーインターフェイス)が悪い」、ということになるんでしょうね。それにオークションの取り引きをする上では、友人はそんなに痛い目に遭ったりはしていなかったようですが、やれ「思っていたものと違ったものが届いた」とか、やれ「入金したのにその後の連絡がなくなった」とか、いろいろとトラブルがあったという話はよく耳にしていました。

続きを読む

【思い立ったが吉日】エンジニアの想いとうらはら、だとしても。

GFCブログへ、ようこそ!

今回の【思い立ったが吉日】は、IT的に言うならプロジェクトに関わる人とそのプロジェクトが提供するサービスを受ける人、そしてプロジェクトにかかるコストの相関関係について言及する、ということになるでしょうか。

前振りはやけに堅めになってしまいましたが、そんなことを考えたきっかけというのは、実は2017シーズンの日本プロ野球のポストシーズンでした。ご覧になった方もいらっしゃるのではないかと思いますが、指名打者制のない方のリーグで、2位と3位のチームが対戦した際、どしゃ降りの雨の中を縫って泥んこの中で行われていた試合がありました。通常のリーグ戦では間違いなく中止になる試合だと言われながら、無理やりな勢いで強行していた。グラウンド整備を行っていたのはかねてからその技術やノウハウに評価の高い企業で、その努力は中継を見ているだけでも涙ぐましいものがありましたが、「リーグ戦なら中止」と言われるようなグラウンドコンディションでも強行されたのは、いろいろな思惑や事情があったのだろうなあ、と視聴者側にも伝わってくるものがありました。

続きを読む

【思い立ったが吉日】「やりたいこと」と「やらなきゃいけないこと」。

GFCブログへ、ようこそ!

今回の【思い立ったが吉日】は、やりたいことができている人間はそうはおらず、やりたいこととやらなきゃいけないことは違う、という話をしてみたいと思います。

最近やっている連続ドラマで、かつて1960年代のテレビ草創期に一斉を風靡したお笑いグループを取り上げている作品がありました。あ、「お笑いグループ」と言ってはちょっと失礼かもしれませんね。彼らはもともと腕のいいジャズマンたちだったので、必ずしも「お笑いグループ」ではない。この時点で、すでに「やりたいことができている人間はそうはいない」ということだと思いますが。

続きを読む

【思い立ったが吉日】選挙開票日の新聞社は「お祭り」である。

GFCブログへ、ようこそ!

今回の【思い立ったが吉日】は、前にもちょこっと触れたことがあると思いますが、大学時代にやっていた某新聞社でのアルバイトの思い出を振り返ってみたいと思います。

以前の記事は、こちらです。
【思い立ったが吉日】新聞記者の素早い対応に学ぶこと、あり。

衆議院が解散して、選挙へと突入すると、そのアルバイトは途端に忙しくなります。厳密に言うと、私は主に政治関連の記事を扱う部署につくアルバイトだったので、その忙しさの「主役」になるという感じでした。なので、今回の解散劇も刻一刻と状況が変わっていく様を見ながら、当時だったら新しい情報が入ってくるたびにドタバタするんだろうなあ、などと想像しておりました。

続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 13