思い立ったが吉日176

【思い立ったが吉日】怪しげなセミナーに参加してみた。

GFCブログへ、ようこそ!

今回の【思い立ったが吉日】は、先日、興味があって参加してみた速読術に関するセミナーでのお話をご披露したいと思います。

私はあまり「●●セミナー」のようなものには、怪しさを感じてしまって積極的には参加しません。ではなぜ、今回はそんなセミナーに参加してみようと思ったかでいうと、仲の良い知り合いが主催しているから、というのが一番の理由でした。正直なところ、それほど期待はしていなかったのですが、個人的には実にためになるセミナーだったなあ、という感想を抱いた次第です。

続きを読む

【思い立ったが吉日】名古屋人は、お砂糖星人?(笑)

GFCブログへ、ようこそ!

今回の【思い立ったが吉日】は、トマトソースにはお砂糖がよく合う、という名古屋生まれの私ならではの話題でいってみたいと思います。

何の統計的な根拠もない話で恐縮ですが、名古屋人(名古屋生まれの人、もしくは名古屋育ちの人とご理解下さい)は「甘み」が好きです。あ、断言はできません。少なくとも、私はそうです。だって、そう思いませんか? 名古屋が発祥の有名な味噌カツ屋さんが東京へ初進出をした時、食したことがある関東が地元の方々の多くは、「甘っ!」と思ったのではありませんか。そして、なんでサクサクっとした食感が美味しいトンカツなのに、そんな「甘っ!」と感じるようなソースにヒタヒタに浸すのだろう、と大いに疑問に思われたのではないでしょうか。そんな関東が地元の方々に、申し上げたい。名古屋の味噌カツは全てがその有名店のスタイルで提供されるわけではないのだけれど、その有名店の味噌カツはそれがデフォルトであり、それも好きな人が意外と多いのだということを。

続きを読む

【思い立ったが吉日】「コンサルタント」は、嫌い。

GFCブログへ、ようこそ!

今回の【思い立ったが吉日】は、「コンサルタント」という言葉に、なぜ怪しい響きを感じるか、という問いについて、勝手に思いを馳せたいと思います。

私感です。あくまで私感ですが、「コンサルタント」という肩書きを持つ人たちに、どこか怪しさを感じてしまいます。巷には「コンサルタントという肩書きでやってくるヤツは大嫌い」とのたまう社長さんもいらっしゃるのは、私もよく存じ上げているところです。そんな社長さんも、私と同様に「怪しさ」を感じるから、そのようにおっしゃるのではないか、とも思います。ではなぜ、そんなに「コンサルタント」が怪しく感じるのでしょうか。

続きを読む

【思い立ったが吉日】テレビ出演するラグビー選手は、未来を見据えている。

GFCブログへ、ようこそ!

今回の【思い立ったが吉日】は、テレビで活躍している人たちの中には、タレントが本業ではない人が意外と多いのはなぜか、一方でタレントが本業なのに副業を始める人が多いのはなぜか、という問いに、勝手に回答していきたいと思います。

最近でいうと、一番わかりやすいのはラグビー選手ではないか、と思います。2019年はずいぶんとラグビーで盛り上がったのが記憶に新しいですが、その前後でラグビー選手のテレビ出演がたくさんあったように思います。「笑わない男」などとブランディングされたような人がもてはやされたりする様子をご覧になった方も多いでしょうが、彼らはなぜ、そんなにしてまでテレビに出演するのでしょうか。

続きを読む

【思い立ったが吉日】意外と面白いぞ、折り込みチラシ。

GFCブログへ、ようこそ!

今回の【思い立ったが吉日】は、新聞の折り込みチラシが意外と面白い、という話をさせてもらおうかと思います。

時折、新聞を取ります。だいたいは契約時にいろいろもらえる景品が目当てだったりするわけですが、先日はとってもなれなれしくて、押しの強めな勧誘員さんに押し切られた感じで契約を結びました。私の好きなプロ野球の球団のバスタオルとか、ビール系飲料とか、お米とか、なんだかいろいろもらいました。まあ、3カ月の契約なら、ネットだけでは入ってこないような情報も取得できるからいいか、と判断した次第です。

続きを読む

【思い立ったが吉日】お米って、そんなに消費しないものなのね。

GFCブログへ、ようこそ!

今回の【思い立ったが吉日】は、改めて自分のお米の消費量が普通よりも格段に多い、ということに気がついた、という話をしてみたいと思います。

先日、20年来のつきあいの社長さん(よく一緒に宮古島へ行っている、あの社長さんです)から、お米をもらう機会がありました。彼の実家は広い田んぼを持っておられ、ゴールデンウィークには田植えに帰るのだとか。なので、そのもらったお米というのは、彼が植えたものであり、実家から毎年20キロくらいのお米が送られてくるのだそうです。

年末年始、私は少々金欠気味になっており、そんなことすらその社長さんとは話をする仲だったりするわけですが、「じゃあ去年もらったお米だけど、あと8キロくらは残っているから、あげようか?」などと優しい言葉をかけてくれたわけです。そりゃあもう、ありがたい、とばかりにお言葉に甘え、私の家の近所にその社長さんが構える自宅兼オフィスを訪ねてお米をもらっていったのです。

それが確か、2019年11月半ばくらいの話です。そのお米が、同年12月末くらいには全部消費できてしまっていました。年が明け、2020年を迎え、二人で新年会をやろう、ということになって、いつも飲みに行くこれまた近所のチェーン系の居酒屋さんに繰り出しました。その席で、「お米はまだ残っているの?」という話になり、私はごく自然なこととばかりに「え、もうなくなったよ」と答えたところ、

「え、うそ、あの量が1カ月半くらいでなくなっちゃったの? 俺だったら多分半年くらいはもつよ」

との返答が。私の中では実に当たり前のように1カ月で5キロは消費するものだと思っていたので、そんな社長さんのリアクションにびっくりしたわけです。

ところが、です。その数日後、最近仲良くさせてもらうようになった別の社長さんと、これまた二人きりの新年会をやったところ、そこでもお米の話題になりまして。するとその社長さんも、

「うちは家族みんなで、5キロは2〜3カ月もちますよ」

とのリアクションが。

えーーーーーー。私、普通の人より激しくお米を消費する人だったんですね、という気づきがあったわけです。なるほど、この見た目(私をご存知の方ならきっとご理解いただけるでしょうが)は、そのお米の消費量によって仕上がったものなのか、とアラフィフ真っ只中でありながら、改めて気づいたというわけです。

そのため、翌日からお米はほとんど食べないように、おかずばかりを食べる日々を過ごそうと決意したところです。新たな気づきは、いくつになってもあるもので、それを次からどう活かすかは自分次第、ということかと。私たちGFCも、まだまだ気づいていないことがいっぱいあるのだろうと思います。もっとたくさんの気づきが得られるよう、日々の業務とサービスの提供に精進したいと決意を新たにした次第です。

【思い立ったが吉日】Twitterを今さらながらやってみると。

GFCブログへ、ようこそ!

今回の【思い立ったが吉日】は、今さらながら最近になって改めて筆者が運用を始めてみたTwitterについて、語ってみたいと思います。

筆者がTwitterのアカウントをつくったのは、かれこれ10年くらい前のことでした。「なんか話題だから、とりあえずやってみよう」ぐらいの感覚だったと記憶していますが、何をどうやって活用すればいいのかよくわかりませんでした。アカウントの開設以来、ずっとアカウント名を本名で登録していますが、別に誰かから注目されているわけでもないし、大してツイートしていたわけでもないのに、何を思ったのか、知り合いに見つからないようにしようと、しばらくの間ツイートを非公開にする「鍵垢」にもしていました。だったらアカウントを削除すればいいのに、と当時の自分に対して今の自分なら突っ込んでいるところです。

続きを読む

【思い立ったが吉日】カルビとロースの違いに思う、誠実さとは。

GFCブログへ、ようこそ!

今回の【思い立ったが吉日】は、身近なことなのに、意外とちゃんと理解できていないことって結構ある、という話をしてみたいと思います。

今からかれこれ20年近く前の話ですが、とある焼肉チェーン店の本社工場を訪ねたことがありました。そのチェーン店は関東近郊に数百店舗を展開しており、本社で一括して食材を調達することで仕入れ値を抑え、工場で加工を施した上で各店舗へ配送する、という流通のスタイルを取っていました。

続きを読む

【思い立ったが吉日】焼肉、からの、ステーキ。

GFCブログへ、ようこそ!

今回の【思い立ったが吉日】は、人間、やればできるんだという話をしてみたいと思います。

先日、仲の良い経営者の方にお誘いを受け、食事をともにさせていただく機会がありました。その方とは定期的にお食事をさせていただいているのですが、その際はいつも、オススメのお店をアテンドしていただきます。そしてそれらのお店はたいがい、美味しい。これまで焼肉やスペイン料理、熊本料理、沖縄料理などいろんなジャンルのお店を紹介していただきましたが、その全てが「あたり」。だから毎回、お誘いをいただいた際には「今度はどんなお店だろう」と楽しみにしています。

続きを読む

【思い立ったが吉日】名古屋の地下鉄は、この数十年で進化した。

GFCブログへ、ようこそ!

今回の【思い立ったが吉日】は、私の出身地である名古屋の地下鉄について、語ってみたいと思います。

私が生まれ、小学校の卒業まで暮らしたのは、愛知県名古屋市という街でした。言い換えれば中学生になってからずっと東京を中心とした関東圏で生活しているので、通算すれば関東圏の方がすっかり長くなってしまいました。ところが私の場合、中学校入学と同時に実家ごと東京へ引っ越してきたため、自宅での食事は「名古屋めし」がベースになっておりました。つまり、名古屋の味つけが実家で暮らした25歳まで染みついていますので、食のアイデンティティーはいまだに「名古屋」にある、という次第です。なので、朝食の味噌汁は赤だしに限る、というのが今でも続いています。

続きを読む

1 2 3 4 5 18