思い立ったが吉日140

【思い立ったが吉日】コーヒーのペーパーフィルターに、思う。

GFCブログへ、ようこそ!

今回の【思い立ったが吉日】は、コーヒーのことについて触れてみたいと思います。

私はコーヒーが、結構好きです。コーヒー豆の専門店に行って、ペーパーフィルター用の粉にしてもらって、ペーパーフィルターでコーヒーをつくって、自宅で飲む。そんなことを普通にしている人間です。一方で、もう10年近く前にどこかの企業様の忘年会で、ビンゴで当たった某メーカーのインスタントコーヒーメーカーも炊飯器の横に鎮座ましているのですが、最近はすっかり使う機会が減ってしまって、機械の調子も悪くなり、すっかりオブジェと化してしまっています。

続きを読む

【思い立ったが吉日】年々「お正月感」が薄れていっている問題について。

GFCブログへ、ようこそ!

今回の【思い立ったが吉日】ではタイトルの通り、年を追うごとにお正月感が失われている気がする、という話題でいきたいと思います。

すっかり年が明けてから日が経ってしまいましたが、2019年の年末年始で私がやった「年末年始らしい」ことを、列記してみようと思います。

・熊手を買った
・鏡餅を用意した
・紅白歌合戦を見た
・お雑煮を食べた
・栗きんとんを食べた
・たつくりを食べた
・初詣をした

続きを読む

【思い立ったが吉日】相手と向き合うことは「介護」でも大事。

GFCブログへ、ようこそ!

二回にわたり「人を育てる」をテーマに、わりと堅苦しい内容を書かせていただきましたが、今回の【思い立ったが吉日】ではその内容から派生してくる、「介護」のお話です。

前回、前々回と書かせてもらった「人を育てる」がテーマの記事では、「バブルの恩恵かすり傷世代」である私たち世代が後輩である「バブルの恩恵なんて知らない世代」に教えるためには、自分のいいところにも悪いところにも目を逸らさないようにすることにより、後輩たち一人ひとりに向き合えるようになることが不可欠、という内容を書かせてもらいました。これって結局は相手を理解し、寄り添うということであり、それは実は「介護」にも応用できる姿勢なんだ、という気づきを得られたネットニュースがありました。

続きを読む

【思い立ったが吉日】自分の失敗や間違いから目を背けない。

GFCブログへ、ようこそ!

今回の【思い立ったが吉日】は、前回に引き続いて「人を育てる」をテーマに書きます。それも、私と同じ「バブルの恩恵かすり傷世代」の悩める方々に向けて。

ちなみに前回の記事は、こちらです。
【思い立ったが吉日】後輩の教え方に悩む「バブルの恩恵かすり傷世代」の方へ。

本題に入る前に、言葉の定義を先に説明しておきましょう。1970年生まれの私の前後3〜5年生まれを「バブルの恩恵かすり傷世代」、その上の世代を「バブルの恩恵享受世代」、そして私たち世代が教える現在の20〜30代のことを「バブルの恩恵なんて知らない世代」と定義して、話をしております。

続きを読む

【思い立ったが吉日】後輩の教え方に悩む「バブルの恩恵かすり傷世代」の方へ。

GFCブログへ、ようこそ!

今回は「人を育てる」をテーマに書いてみようと思います。

私は1970年生まれ、2018年11月現在で48歳になります。同世代の大学生が新卒入社を目指して就活に取り組んだのは、バブル崩壊による就職氷河期が突然訪れるちょうど一年前のこと。だから1971年生まれ(早生まれなら1972年生まれ)の、私たちより一つ年下の世代は就活に苦労をされたことと思います。そんな私たちの世代は、バブルの恩恵を「かすり傷」程度に感じた世代。テレビでも芸人さんやタレントさんたちが「部活で水を飲んだらダメだった」と学生時代を語るような、先輩たちからの理不尽もごく当たり前な、「パワハラ」などという言葉がどこにもなかった時代を過ごしてきました。

続きを読む

【思い立ったが吉日】デザインされると、汚せない?

GFCブログへ、ようこそ!

先日のブログで新聞を久しぶりに取るようになった、という話をさせていただきましたが、今回はその新聞から面白いネタが拾えた、という話題でまいりましょう。

新聞を定期購読していると、ネットに掲載されているものの中から自分で選んで得るような情報ではなく、たまたま紙面を開いていたら興味を持てる情報に出会えるのが楽しい、といったことを前回のブログでは書かせていただきました。今回見つけた情報は、まさにそんな「偶然の産物」的に遭遇したものと言えます。

続きを読む

【思い立ったが吉日】バタ足、するようになりました。

GFCブログへ、ようこそ!

今回の【思い立ったが吉日】は、久しぶりにスキューバダイビングネタでいきたいと思います。

このブログを継続してご覧いただいている方の中には、私が宮古島に行ってスキューバダイビングに挑戦し、海面で溺れ倒しながらもオープンダイバーというライセンスも取得して、その後はダイバー生活を満喫しているという話をお読みになった方もいらっしゃるのではないでしょうか。過去の記事をご覧になりたい方は、「思い立ったが吉日」カテゴリーを選択し、「宮古島珍道中」とタイトルのついた記事を選択いただければと思います。

続きを読む

【思い立ったが吉日】自分の体調を理解できているか。理解してもらえているか。

GFCブログへ、ようこそ!

今回の【思い立ったが吉日】は、自分の体の調子は自分にしかわからないものだけど、自分の体調のことを理解してもらえているという信頼や信用ができる人の存在は大事だ、という話をしたいと思います。

私はこれまで、花粉症と診断されたことはありません。しかしながら、アレルギーは持っており、猫の毛とハウスダストに反応すると診断はされています。発症すると、ぜんそくの症状が出てくるのですが、ここ10数年はその症状に見舞われたことはありません。とは言え、もしかすると検査をすると「あなたは花粉症」と宣言される可能性は、十分にあります。そんな宣言が怖いから、検査に行かないようにしているのかもしれません。

続きを読む

【思い立ったが吉日】久しぶりに新聞、とってみた。

GFCブログへ、ようこそ!

今回の【思い立ったが吉日】はタイトル通り、新聞を久しぶりにとってみた体験について触れてみたいと思います。

最近は新聞をとらない人の方が多い、というような話をよく聞きます。統計的にはどうなのか、調べたこともないですが、何となくは新聞をとっているのはわりとご年配の方が多いのだろう、という想像はつきます。実際、私もかれこれ5年くらい、新聞をとらない日々を過ごしてきた次第です。つまりネットで情報を取得すれば事足りるという5年あまりを過ごしてきた、ということになります。

続きを読む

【思い立ったが吉日】公衆トイレなかなか空いてない問題。

GFCブログへ、ようこそ!

今回の【思い立ったが吉日】は、公衆トイレがなかなか空いてない問題について言及してみたいと思います。お食事中でしたら、すいません。

実に個人的な感覚ではあるのですが、例えば駅の構内であったり、商業施設であったり、というところで「トイレに行きたい」と思った時に限って、その行った先のトイレが埋まっていることが結構な割合である、と感じております。空いているトイレを探して一階、二階、三階……、とどんどん上のフロアに上っていく、ということも何度かあったように記憶しています。これ、空いているトイレのあるフロアがすぐにわかるような仕組みってつくれないものかね、などと思うこともしばしばでした。

続きを読む

1 2 3 4 5 14