「 セキュリティ」の検索結果36

新社会人が覚えておきたい情報セキュリティ

新社会人の皆さま、ご就職おめでとうございます。
今日から新生活で期待や不安でいっぱいかと思いますが、新社会人がビジネスマンとして押さえておくべき情報セキュリティの基本をアドバイスします。

その1 離席するときは
離席時、昼食中は必ずPCの画面をロックしましょう。席を離れている間に勝手にPCを操作されてしまい機密情報にアクセスされてしまう危険性があります。
画面ロックする際のショートカットは、Windows キー + L です。
このショートカットを覚えて習慣化しましょう。

Windowsキー+Lの写真

Windows キーと『L』を同時に押す

続きを読む

2/1~3/18はサイバーセキュリティ月間です

2/1~3/18はサイバーセキュリティ月間です。今年も「#サイバーセキュリティは全員参加!」をキャッチフレーズに活動が展開されます。

今年のキックオフサミットはインターネット中継が行われるそうですから、現地へ赴けない方も視聴してみてはいかがでしょうか。

また、今年はTVアニメBEATLESS とタイアップしているそうです。「ソーシャルエンジニアリングに近い概念を持つ『アナログハック』」を一つのテーマにしているそうで、アナログハックってなに?!と興味を持たれたらタイアップイベントに参加して、サイバーセキュリティの理解を深めてみてはいかがでしょうか。

GFCでは安心のITセキュリティをご提案いたします。GFCでご提供しているサービスの一部をご紹介します!

続きを読む

セキュリティのウィークポイントは年末年始にあり

もうすぐ年末年始の長期休暇に入りますね。長期休暇に入るのは、人だけではないということにお気づきでしょうか。そう、パソコンや社内システムも休暇モード?に入ります。

そこで忘れてはならないのがセキュリティ対策です。
休暇中にOSやアプリケーションの修正プログラムが緊急リリースされる可能性があります。

さらに休暇明け、ウィルス対策ソフトの定義ファイルは休暇に入る前の古いままになっています。

年明けの仕事始めにはまず定義ファイルの更新を確認し、修正プログラムをチェックしましょう。

あわせてメールのチェックにも注意が必要です。
休暇中に届くメールも多いと思いますが、溜まったメールは注意深く開くことが大切です。

大手金融会社など著名企業になりすましたものや、社内メールや取引先になりすました、一見では偽物だと分からない詐欺メールも増加しています。

一年の計は元旦にありといいますが、「セキュリティの計」は仕事始めにあるのかもしれません。

夏は情報セキュリティ事故の起こりやすい季節?

夏本番ですね!
みなさんは夏季休暇を取られたでしょうか。それともこれからでしょうか。

夏季休暇の時期は、情報セキュリティ事故の起こりやすい時期です。そして、それは『仕事』に限ったことではありません。楽しい休暇が台無しにならないよう、家庭での注意事項を確認してみましょう。

続きを読む

#サイバーセキュリティは全員参加!

2/1~3/18はサイバーセキュリティ月間です。
国民一人ひとりのセキュリティへの関心を高めようと日本政府が2016年より普及啓発強化を目的に定めました。2017年度のキャッチフレーズは「#サイバーセキュリティは全員参加!」。国全体のサイバーセキュリティに対する意識が向上することを期待しているそうです。

期間中、関連行事や取り組みが全国で開催されています。
ぜひ、この機会に社内セキュリティを見直されてはいかがでしょうか。

GFCでは安心のITセキュリティをご提案いたします。GFCでご提供しているサービスの一部を、ITセキュリティのお悩み別にご紹介します!

続きを読む

夏休み前にやっておきたい情報セキュリティ対策

ようやく梅雨も明け、夏本番となりました。
学生さんが夏休みに入り、通勤電車に少し余裕ができましたね。

みなさんの中にも既に夏休みを取られた方、これから計画のある方などいらっしゃると思います。
夏期休暇の時期は、実は情報セキュリティ事故の起こりやすい期間でもあります。

楽しい休暇にしていただくために、
心がけたい情報セキュリティ事項をまとめました。

keyboard_typing

続きを読む

Microsoft Tech Summit 2018

こんにちは。
ヒゲダルマです。

先日、3日間(11月5,6,7日)に渡って開催されましたMicrosoft Tech Summit 2018に、今年も出席してきました。これでTech Summitは3年連続の参加です。

Tech SummitはITインフラエンジニア向けのカンファレンスと位置付けられており、マイクロソフトが国内で開催する有償イベントとしては春のde:codeと同程度の大規模イベントです。
昨年は2日間開催だったのが、今年は3日間開催となり、基調講演含めて180近いセッションが提供されました。

WindowsやAzureといったMicrosoftの製品/サービスとは切っても切れないITインフラエンジニアとしては、要チェックなイベントと言えます。
安くない費用にも関わらず、今年も出席させて頂いた会社に感謝です!

さて、今年聴講したセッションは以下の通りです。

▼Day1

  • 基調講演
  • ゼネラルセッション:Microsoft security: How the cloud helps us all be more secure
  • Microsoft Ignite ハイライト:インフラストラクチャのモダナイゼーションに向けて

▼Day2

  • さて、MSR の話をしようじゃないか
  • インフラ野郎 Azure チーム v18.11 ~Azure 半端ないって~
  • 脱ファイル サーバーは、本当にできるのか!? ファイル サーバーの Office 365 移行とその後の運用までのベスト プラクティス解説
  • Storage Spaces Direct のベスト プラクティスをご紹介!
  • Windows 10 3年目の真実。~この3年で変わったものと変わらないもの~
  • エバンジェリスト対談:あの時のあの言葉は? 〜クラウド業界人だった人たちによる、2 年前の答え合わせパネル ディスカッション〜

▼Day3

  • Microsoft Surface ~ 何故、マイクロソフトがデバイスを作るのか?
  • Microsoft Teams で実現する Intelligent Communication とは?
  • GPO にサヨナラ。Microsoft Intune によるモダン マネジメント
  • VDI 環境最新化のシナリオ ~ Microsoft の VDI 戦略
  • Windows × ネットワーク! 更新プログラムの展開に使えるネットワークの最適化機能をマスターしよう
  • インフラ エンジニア エボリューション ~激変する IT インフラ技術者像、キャリアとスキルを考える~
  • 働き方改革とセキュリティの仁義なき戦い ~IT プロはいかに備えるべきか~

特にテーマを決めず、オンプレ/クラウド、サーバー/クライアント、硬軟、諸々取り混ぜてバランス良くセッションを選んだ感じに見えますが、今回のTech Summit参加には明確な目的がありました。

サティア・ナデラさんと澤 円さんの話を聴くこと

続きを読む

1 2 3 4