VERITAS Backup Exec 21.0 をインストールしてみた

こんにちは。
ヒゲダルマです。

最近、Backup Exec 案件から遠ざかっていたのですが、Backup Exec 16 の EOSL(サポート終了日)が近づいてきたことも有り、最新の Backup Exec 21.0 をそろそろインストールすることになりそうです。
21.0 のリリースは 2020年4月ですので、リリースから未だ半年経過していません。

なお、メジャーバージョン 16 のリリースは2016年でしたので、この間4年が経過しておりますが、21.0 の前にはメジャーバージョン 20.x が存在しました。
タイミング的に私が触れる機会はありませんでしたので、1世代飛ばした格好です。(ちなみに、17,18,19は存在しません。。。)

16 から 21.0 へどのような進化が見られるか分かりませんが、先ずはインストールしてみたいと思います。

最新版のインストールプログラムはこちらからダウンロード頂けます。
また、体験版ならこちらからダウンロード頂けます。

1.ダウンロードした ISO ファイルをマウントします。
WS000000

2.セットアッププログラムを起動します。
WS000001

3.日本語を選択し、【OK】します。
WS000002

4.【インストール】⇒【Backup Exec】を選択します。
WS000003

5.使用許諾契約に同意し、【次へ】を選択します。
WS000004

6.そのまま【次へ】を選択します。
WS000005

7.そのまま【次へ】を選択します。
WS000006

8.適宜ライセンスファイルをインポートし、【次へ】を選択します。
WS000007

9.そのまま【次へ】を選択します。
WS000008

10.適宜アカウント情報を入力し、【次へ】を選択します。
WS000009

11.【OK】します。
WS000010

12.【インストール】を選択します。
WS000011

13.インストールを暫く待ちます。
WS000012

ちなみに、ここまでのところ、バージョン 16 と 21.0 で大きな違いは見られませんでした。

14.そのまま【完了】を選択し、システムを再起動します。
WS000013

15.再起動後、Backup Exec を起動します。
WS000015

16.暫し、起動を待ちます。
WS000016

17.一先ず、Veritas Updateを実行し、パッチの適用を実行します。
WS000018

バージョン 16 の時は Update が Symantec Live Update になっていて少し驚いたのですが、21.0 では Veritas Update に衣替えも完了したようです。

18.【インストール】を選択します。
WS000019

19.【はい】を選択します。
WS000020

20.【更新】を選択します。
WS000021

21.インストールを暫く待ちます。
WS000022

22.【完了】します。
WS000023

23.Update 後、バージョン情報を確認すると、21.0 リビジョン 1200 1008 となっていました。
WS000024

24.さて、管理コンソールを眺めてみます。16 と 21.0 で大きな違いはここでも見られませんが、上部ペインに『インスタントクラウドリカバリ』なるメニューが追加されておりましたので、選択してみます。
WS000025

25.Azure の文字があります。
WS000026

どうやら、インスタントクラウドリカバリ機能を使うと、オンプレミスの Hyper-V あるいは VMware の仮想マシンをAzure 上にバックアップし、障害発生時にはその仮想マシンを Azure 上で立ち上げられるようです。要は BCP 対応ですね。
16 でもデータバックアップ先として Azure あるいは AWS のクラウドストレージを使用することはできましたが、クラウド対応が確実に進化している印象です。

一方で、16 から 21.0 に変わってもユーザーインターフェースに大きな変更が無いのは有り難い限りです。やはりインターフェースは使い慣れたものの方が安心です。

とは言え、古いものに固執してばかりもいられませんので、折を見て Backup Exec のクラウド対応について、ご紹介できればと思います。

以上、駄文散文ではございましたが、ご拝読ありがとうございました。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書く

名前
必須