Windows Admin Center 2007 をインストールしてみた

こんにちは。
ヒゲダルマです。

Windows Admin Center(WAC)がWAC1809として一般向けにリリースされ2年が経過しました。
最新のビルドは2007です。

新たな管理ツールとしてリリースされた WAC ですが、残念ながら、そこかしこの環境で見かけるかと言えば、あまり見かけず、正直普及したとは言い難い現状です。
WAC 自体、既存のMMCベースの管理ツール等を置き換える目的でリリースされた訳ではなく、共存前提だったとは言え、少々寂しいところではあります。

しかし、この間 WAC も放置されていた訳では無く、10回以上のバージョンアップを繰り返し、管理ツールとしての成熟度は増してきております。

と言うわけで、今回は最新の WAC をインストールし、変化を見てみたいと思います。

最新版の WAC インストーラーのダウンロードはこちらから。

早速、インストーラーを叩いてみます。
WS000000

使用許諾契約書に同意し、【次へ】をクリックします。
WS000001

推奨に従い、Microsoft Update を使用するを選択し、【次へ】をクリックします。
WS000002

そのまま【次へ】をクリックします。
WS000003

そのまま【次へ】をクリックします。
WS000004

とりあえず、自己署名 SSL 証明書を選択し、【インストール】をクリックします。
WS000005

インストールを暫し待ちます。
WS000006

インストールが終わったら、下記URLにブラウザーからアクセスしてみます。
WS000007

WACのトップページが表示されました。
この段階ではWACをインストールしたサーバーだけが管理対象として表示されていますので、そのサーバーをクリックしてみます。
WS000008

WAC1809 と比べて余り変化が無いように見えますが、左側ペインに Azure ~ というのが沢山追加されております。
WS000009

ハイブリッド環境の管理ツールとしてリリースされた WAC なので、当然と言えば当然ですが、オンプレミス環境と Azure (クラウド)環境の橋渡しを担うツールとして、着実に進化していることが確認できます。

また、Azure Stack HCI のような大規模環境向けのIT基盤では WAC によるシステム管理が標準になるのだろうなぁとも想像されますので、やはり、少しずつでも触って慣れておくと良いかと思います。

以上、駄文散文ではございましたが、ご拝読ありがとうございました。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書く

名前
必須