【思い立ったが吉日】オンライン飲み会、その後。

GFCブログへ、ようこそ!

今回の【思い立ったが吉日】は、前回初めての「オンライン飲み会」を経験したという話をさせてもらったのに続き、その後の「オンライン飲み会」の経験について、お話ししたいと思います。

GFC代表の吉野に「オンライン飲み会」初体験をさせてもらい、その後、2回ほど、吉野に加えてGFCに馴染みの深いメンバーとともに3名での「オンライン飲み会」も経験させてもらいました。「サシ」ではない飲み会というのは、会話のタイミングをはかる必要はあるものの、個人的には概ね、3回とも「オンライン飲み会は面白い」という印象を受けました。

かねてから好奇心は旺盛な方の私なので、他のメンバーで「オンライン飲み会」をやったらどうなんだろう、という関心は自然と強まっていきました。そんな中、ふだんからTwitterでつながっている若者がいるのですが、その若者が主催になり、「Twitter仲間のオンライン飲み会をやります」という告知をしているのが目に留まりました。「私も参加したい」と申し出たところ、その主催の若者は快諾してくれて、オンライン飲み会の会場にアクセスするURLを私に送ってくれました。

参加してみて、そこにいたのは、もともと面識がある二人と、初対面の四人がいました。初対面の人とオンライン飲み会をするのは、初めての体験。なんだか合コンみたいだな、と思いながら会話を進めていくと、もともとMC気質のある私は、だんだんと話題を七人に回すようになっていって、なんだかんだで仲良くなって、そこに参加している初対面の人たちとはTwitterでフォローし合うことができました。そうか、こうやって友だちを増やすこともできるんだ、これからの時代はオンライン飲み会で初対面だけど仲良くなって、そこから何かしら商売が生まれることもあるのかもしれないなあ、などと考えさせられました。

その次に実施したオンライン飲み会は、大学時代の友人たちとのオンライン飲み会。主催の人物がハワイ在住で、彼が友人たちでつくったグループLINEに私を招待してくれ、セッティングをしてくれました。私も含め計5名の参加者がいたのですが、大学以来の再開となる友人もいて、実に懐かしく感じられました。その中には、私とは大学時代にかぶってはいなくて初見だけど、他の参加者たちはかぶっていて顔見知り、という人物もいて、なんだか友だちの輪がどんどん広がっていくのが楽しくなってしまいました。

と、今回はここまでにしておきましょう。まだあと2回分のオンライン飲み会の経験談があるのですが、それは次回に取っておいて。いずれにしても、オンラインでのコミニュケーションには未来があるし、いろいろな可能性がありそうだな、と感じさせてくれる新鮮な体験をさせてもらえた気がしています。私たちGFCも、オンライン・コミニュケーションで何か新しいサービスが開発できないか、頭を捻ってみようと思う今日この頃です。

GFCのホームページはこちら

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書く

名前
必須