VMware vSphere 7.0 vCenter をインストールしてみた

こんにちは。
ヒゲダルマです。

先日、当ブログでも触れました通り、先月、VMware社から vSphere 7.0 が正式リリースされました。合わせて vCenter 7.0 もリリースされております。

Hypervisor ESXi 7.0 は 6.7 と殆ど変わりませんでしたが、vCenter 7.0 はどんな感じかな?という訳で、今回は vCenter 7.0 をインストールしてみたいと思います。

これまで vCnter には Windows ベースのサーバーにインストールするタイプと、vCenter Server Appliance と呼ばれる Linux ベースの OS と vCenter が一体化したアプライアンスタイプの2種類が提供されておりましたが、vSphere 7.0 からは Windows  ベースのものが廃止され、アプライアンスタイプ一択となりましたので、今回インストールしてみるのもアプライアンスタイプとなります。

インストール方法は幾つかありますが、GUI で分かり易い Windows 上からインストールプログラムを実行する方法で今回はインストールしたいと思います。

1.インストールプログラムを起動し、インストールを選択
image

2.次へ
image

3.使用許諾契約に同意し、次へ
image

4.アプライアンスを構築する先の ESXi の情報を適宜入力し、次へ
image

5.警告には、はい
image

6.適宜入力し、次へ
image

7.デプロイサイズを適宜選択し、次へ
image
6.7のアプライアンスに比べ、メモリ、ストレージのサイズが何割増しかになっておりましたので、要注意です。

8.シンディスクモードの有効化にチェックオンして、次へ
image

9.各種ネットワーク情報を入力し、次へ
image

10.ここまでの設定を確認し、次へ
image

11.インストールが始まりました。
image

ちなみに、ここまでのところ、良いか悪いかは別として、6.7 のインストールと殆ど一緒です。個人的には寂しい感じで。。。

12.続行します
image

13.次へ
image

14.SSHアクセtスを有効にし、次へimage

15.SSO情報を適宜入力し、次へ
image

16.次へ
image

17.ここまでの設定を確認し、終了
image

18.OK
image

19.セットアップを待ちます。
image

非常に寂しい限りですが、ここまでのところも 6.7 と 7.0 で違いはありません。。。

20.セットアップが終わりました。
image
閉じて、Webブラウザでアプライアンスにアクセスします。

21.ログインします
image

22.Webクライアントが起動しました。
image

ほぼほぼ 6.7 のWebクライアントと一緒の見た目の 7.0 です。
強いて違いを言うなら、「健全性ステータス」なる表示がデカデカ存在するくらいでしょうかね。なお、この健全性ステータスは vCenter Server Appliance 自体のステータスを意味しており、vCenter のデータセンターやクラスタのステータスではありません。

そんなこんなで申し訳ありません。
今回もまた、「新機能、ジャジャーン!」みたいなのは有りませんでした。

とは言え、セットアップに関しては、6.7 と 7.0 で大きな違いが無いことはご確認頂けたかと思いますので、今後 7.0 に移行する際にビビらずに済むかなと思います。

そして、新機能については、追々、ゲストOSをセットアップし、クラスタ等も構成し、vSphere 7.0 ならではの機能をご紹介できればと思いますので、乞うご期待。

以上、駄文散文ではございましたが、ご拝読ありがとうございました。

GFCのホームページはこちら

VMWareに関連するGFCのサービスはこちらから。

お問い合わせフォームはこちらから。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書く

名前
必須