【思い立ったが吉日】カラオケ、大好き。

GFCブログへ、ようこそ!

今回の【思い立ったが吉日】は、私の大好きなカラオケについて、語ってみたいと思います。

私はかねてから、かれこれ結成から40年以上が経過する、メンバー全員が還暦を超えてなお元気な5人組のバンドが大好きです。なんなら彼らがデビューしたての頃に、テレビの人気音楽番組で初めてランクインして登場する際に、いつもなら鏡でできていた回転扉がなぜかその時だけアルミ箔で張ったものになっており、それを突き破って出てきた瞬間を目の当たりにして、「なんなんだ、この人たちは」と思ったことをいまだに印象深く記憶しております。そしてその当時から彼らの楽曲に触れ、今でもカラオケに行った際には彼らの楽曲を歌っています。しかも、新曲が出ればその瞬間に購入し、一生懸命覚えるほどです。

私がちょうど大学生くらいだった頃に、世の中にはカラオケボックスなるものが登場してきました。だからその頃は、カラオケボックスで歌うことがほとんどだったわけですが、最近はどうにも「ギャラリーに聞いてほしい」という気持ちが強いため、カラオケのあるスナック的なお店で歌う機会がほとんどです。そうすると、だいたいどこのお店に行っても、私があまりにも気持ちよさそうに歌うせいか、カラオケの予約件数が驚くほど増えます。結果的に、私が歌う曲数は減るわけですが、なんだかそうやって一緒にお店にいて、歌っている人たちが楽しくなってくるのはとても嬉しく感じるわけです。そんな一体感が味わいたくて、ついついスナック的なお店に通ってしまう次第です。

最近は、前述のデビュー40年以上のバンド以外に、若者から支持されているアーティストの曲も覚えたりしています。「若者ウケを狙おう」という気持ちがどこかにないわけではありませんが、近頃のアーティストって、とても才能豊かな人たちが多いように感じるのです。だから、カラオケで歌おうとしても、そう簡単に覚えられなかったりする。そのハードルの高さや、曲づくりも歌ってみるといろいろ工夫が施されていることを感じながら覚えるのが、これもまた楽しかったりする。結果として、若者たちがいる中で歌ってみると、拍手されたりして、気持ちよかったりするので、一石二鳥と勝手に考えていたりします。

私たちGFCも、私たちに期待していただけるお客様のために、何か喜んでいただけるものを提供しよう、という意識を常に持ちながら、日々の業務に取り組んでいきたいと思います。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書く

名前
必須