LGA1151v2マザーボードを探してみる

けんけんです。

10年前に発売されたマザーボードを使っていることに今さら気づいて、我ながら衝撃を受けて家庭用のPCを一新することを決めました。

とはいえ、久々のマザーボードからの交換なので、いろいろなパーツの規格が変わっているかと思い、まずは調査を開始。

まずは、CPU。最近のIntelCPUはLGA1151というソケットを使っているとの情報にたどり着く。Coffee Lakeというアーキテクチャで、第8世代とか第9世代と呼ばれるcore iシリーズやPentiumやCeleronのCPUを載せるのだそう。そうなんだ、と思いながらさらにいろいろ調べて行くと、LGA1151は第8・9世代向けのLGA1151v2と第6・7世代向けのLGA1151があるのだそう。
ややこしい。

ややこしいので、一覧にしてみます。

世代 アーキテクチャ ソケット
第1世代 Nehalem LGA1366
LGA1156
第2世代 Sandy Bridge LGA1155
第3世代 Ivy Bridge LGA1155
第4世代 Haswell LGA1150
新第4世代 Haswell Refresh LGA1150
第5世代 Broadwell LGA1150
第6世代 Skylake LGA1151
第7世代 Kaby Lake LGA1151
第8世代 Coffee Lake-S LGA1151v2
第9世代 Coffee Lake-S LGA1151v2

 

ソケットで見るとややこしいと感じましたが、Core iシリーズは第9世代はCore i7 9xxxなど、9から始まるなど世代を見分けるのは簡単そう。(ちなみに、第8世代はCore i7 8xxx、第7世代はCore i7 7xxxなど。)

というわけで、LGA1151v2に対応したマザーボードと第8・9世代のCPUで検討開始。

まずLGA1151v2で調べてみると、Z390、 B365、Z370、 H370、 B360、 H310という6つのチップセットが対応と判明。チップセットはそのPCの性能や拡張性を決めるとっても大切な要素だと、けんけんは思っています。

LGA1151v2マザーボードを探してみると、対応チップセットが絞られました。Z390、 Z370、 H370、B365、 B360、 H310などがあるそうですが、それぞれに価格と性能のバランスがあります。マザーボードは良さそうなものを選んでおきたいので、Z390、 Z370、 H370で探すことにします。

けんけんのPCはスリムケースなので、マザーボードはマイクロATXであることが必須。マイクロATXかつチップセットがZ390、 Z370、 H370で調べてみると、約1万円~約4万円で10個ちょっとの製品があることがわかりました。マザーボードは良いのが欲しいのですが、マザーボードだけで4万円はきついです。。。なので、どこかしら自分の中で折り合いをつける作業が始まります。

とはいえ、最新のものがどんなものかは見たいのでz390(上記内で最上位のチップセット)を搭載したマザーボードの仕様を見てみることに。とあるマザーボードのメーカーサイトによると、802.11ac Wi-Fi、2倍の容量のDIMM対応、DDR4 4800MHz、4枚のM.2、SATA 6Gbps、HDMI、USB 3.1 Gen 2等の記載がありました。

802.11ac Wi-Fiは知ってますよなのですが、マザーボードで無線対応してしまうことには驚き。
メモリの規格DDR4も知ってますよなのですが、4800MHzにも対応していることの驚き。
M.2、、、何それという疑問。
SATA 6Gbpsって、今のマザーボードは確か3Gbpsだったはず。
USB 3.1 Gen 2って、USB 3.1は知ってますけど、Gen 2って何?
など、驚きと疑問がいっぱいでした。

話が逸れてきたのでそれぞれについては別の機会にしますが、いろいろな規格が変わってました。それでもマイクロATX規格がまだあったことで、電源とPCケースはそのまま使えるかもという希望を持てた日となりました。

では、また。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書く

名前
必須