人間臭いコミュニケーション

どうも、蟻です。ちょっと前に『Enter確定ボタンなど)を押すと思いがけずエラーになる現象』に悩まされていました。

唐突になにを言い出したんだ……と思いましたか?確定ボタンを押してエラーだなんて単なる操作間違いだと思いますか?それとも、ウィルスの一種と思いました?いいえ、違います。正しい動作だけれど思いがけないエラーなんです。

わたしは一度問題ないと確認した事柄については、判断スピードのUPや、脳の疲労を最小限に抑えようという魂胆により、再度熟考せずに進めることがままあります。そうして起きた現象が、『Enter(確定ボタンなど)を押すと思いがけずエラーになる現象』なのです。

実際には、ソフトウェアがアップデートされたことにより確定ボタンの位置が以前と変わって、あらぬ位置を無意識に押していたり、確定ボタンを押すつもりでEnterを押したらキャンセルが押されていたりした為にエラーになっていたのです。

確定ボタンとキャンセルボタンの反転、デフォルトで有効になっているボタンを確定ボタンからキャンセルボタンに変更、確定ボタンをわざと押しにくい位置に移動している等など、あえて躓かせる意図があるとしか思えません。これらはきっと反射的に確定して誤操作してしまうことを減らそうという目論みでの変更なのだろうと思いました(真実は知りません)。

そして、なぜだか複数メーカーのソフトウェアで、同時期に確定ボタンの位置変更を行った為、しばらく複数のソフトウェアでエラーが続いて面喰うことになったわけです。今は『だまされないもんね。ふっふーん♪』と思いながら確定ボタンを押しています。

時には騙し討ちのような変更を行いインパクトを与えるくらいのことをしないと印象に残らず変更の意味がないのかなと思ったり、ソーシャルエンジニアリングの逆で正々堂々騙しにかかっていて清々しい気持ちになったりと、ITの世界は機械を使うだけではない不完全な面白さがまだまだあります。完全にAIがひとりでに意思決定し物事を進めていくステージに上がるまでは、まだ、しばらくは人間臭いコミュニケーションが発生しそうです。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書く

名前
必須