災害に備える

こんにちは!
9月1日は防災の日、防災用品点検の日ですね。突然やってくる災害に備え、防災用品を準備しておくのは、もはや常識になっているのではないかと思います。しかしながら、わが家の防災用品の点検はかなりあいまい……なので、防災用品点検の日になるとヒヤッとします。

さて、災害の備えが必要なのは、なにも防災用品などのモノだけに限りません。今回は災害時の行動に焦点をあて、防災を考えてみたいと思います。

いざ災害が発生した場合、わたしはどのように行動したら良いか。仕事中で職場にいるのなら、状況が落ち着くまで職場に待機することが望ましいとされています。職場に待機する上で気になることはなにか?と考えたときに真っ先に頭に浮かんだのは、「家族の安否」でした。落ち着いて職場に待機する為に、「家族で安否確認のルールを決めておく」ことにまず取り掛かろうと思いました。

こどもだけでの自宅待機の不安を少しでも減らしたい……

わたし(親)が職場に待機するということは、こどもとは離れて過ごしているということです。学校、幼稚園、保育園、他の庇護者のいる環境でしたら『食事はとれているだろうか?』『寝るところはあるのか?』といった心配は、ある程度拭えるかもしれません。しかし、こどもだけでいる時に災害が発生した場合を想定して、まずなにをすれば良いのか?をこどもと話し合っておくことが肝心です。

避難の流れを確認しよう

先日、東京都防災のホームページで東京マイ・タイムラインというツールが公開されました。マイ・タイムラインとは、避難に備えた行動を一人ひとりがあらかじめ決めておき、まとめておくものです。東京マイ・タイムラインでは、災害からの避難に必要な知識を習得しながら、適切な避難行動を整理できるようになっています。ダウンロードサイトを確認したところ、小学生、中学生、高校生それぞれに合わせた資料にまとまっていましたので、家族分準備して、家族で話し合いながら作成することをおススメします。Webで作成して印刷することもできるようになっていましたので、大人だけのご家庭では、Web版で手軽に取り組めるかもしれません。


<おまけの話題>安否確認は緊急電話?

家族の安否を確認するために電話を使いたいと思うのは、一般個人として多くの人が考えることではないでしょうか。しかし、この行為は被災地で本当に救助を必要としている方のSOSの電話を妨害することに繋がるそうです。災害時は多くの方が電話を利用することで繋がりにくくなり、たったいま救助が必要な方の電話が繋がらず救助が間に合わなくなることがあるかもしれません。東日本大震災では、インターネット回線を使った通話やソーシャルネットワークは比較的正常に利用できたそうです。緊急時こそ落ち着いて、安否確認は災害用伝言ダイヤル171などを使い、自分の安否を多くの知り合いに知らせるためには、ソーシャルネットワークを利用するという方法も念頭に入れておくと良さそうです。

企業の事業継続計画に取り組むならGFC
https://www.goodfield.co.jp/infrastructure/bcp

東京都マイ・タイムライン|東京都防災ホームページ
https://www.bousai.metro.tokyo.lg.jp/mytimeline/index.html
※外部サイトがひらかれます

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書く

名前
必須