【思い立ったが吉日】自分の弱さを認めることから、始めよう。

GFCブログへ、ようこそ!

今回の【思い立ったが吉日】は、自らの弱さを知ることは大切なんだなあ、と改めて感じたという話をしたいと思います。

先日、とある人気芸人さんが、メディアで「魔性」と呼ばれたりしていた人気女優さんと結婚する、という発表がありました。「リアル美女と野獣」みたいな報道のされ方もしていたし、「え、なんで?」と思った人も多かったのではないかと思いますが、私がとても印象に残ったのは、記者会見を開くまで情報が外に漏れないようにしていたのが、いつもお世話になっているメディアやレポーターの人たちにしっかりと報告がしたかったから、という説明を人気芸人さんがしていたことでした。いやもちろん、「お世話になって」とか、「しっかりと」とか、建前だろうなあ、という邪推はできるんですが、先に情報が漏れてしまうことによりお相手である人気女優さんに不利に働くようなことがないように、という人気芸人さんの配慮があったのだろうということも推測できるわけで、それってそれだけ人気芸人さんが人気女優さんのことを本気で好きで、大切にしたいのだろうなあ、とも思えたから、私としてはとても好意的に見られた、という次第です。

そんなお二人を結びつけたものは何だったのか、というのを紐解いていった記事を目にしました。そこでは、人気芸人さんがコンビを組んでいた女性芸人さんの存在が大きかった、と書かれていました。そもそもその女性芸人さんが人気女優さんと映画で共演したことがあり、その縁で女性芸人さんから紹介されたのがきっかけ、という話もありましたが、そうなった背景には、人気芸人さんが相方の女性芸人さんに妬みや嫉みを感じたことにあった、という論理展開をされていたのです。

前述の映画のヒットもあって、人気芸人さんより相方さんの方が引く手あまたになり、その状況に対して強い嫉妬を感じた、と。それを携帯でのメッセージで相方さんにぶつけたりもしていたそうですが、それでコンビなのに共演NGになった時期もあったといいます。それが何かのラジオ番組の企画で、人気芸人さんが相方さんにそれまでの所業を謝り、そこからコンビの関係が回復したことで、相方の女性芸人さんから人気女優さんを紹介してもらえることにもなったのだ、というような内容の記事でした。人気芸人さんが自分の弱さを受け止め、認めることで心からの謝罪ができ、それによって人気女優さんと結ばれるという結果に至ったのだ、というような結論だったように思います。

このブログでさんざん、スキューバダイビングの話題を取り上げ、そこでさまざまな気づきがあり、人生観が変わったというようなことを私も書かせてもらっていますが、結局何に気づけたのかというと、自分が弱いことを認めることで、できるようになることが増える、ということです。最初はさんざん溺れて、潜れない。その理由を、器材のせいにしたり、体調のせいにしたり、天気のせいにしたりする。でも、同じ条件でも潜れている人はいるわけで、じゃあなぜ自分は潜れないのかというと、結局はスキルが足りないというだけのことで、人やモノのせいではない。だとすれば、潜れない理由を突き止めればいい。そこに気づくには、自分が「できていない」「弱い」ということを認めることが大前提にあると感じるているわけです。

私たちGFCも、自分たちができないことがあれば、それを認め、受け止め、できるようにするにはどうしたらいいか、を常に考えるスタンスでいたいと思います。それが結果として、お客様に提供する商品やサービスの品質向上につながっていく、と考えています。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書く

名前
必須