目障りであるにはワケがある、かもしれない

こんにちは。蟻です。

PCのリプレースによって、OSがWindows10に変わってしばらく経ちますが、目に付いた『これまでと変わった機能』は、そのまま利用したり、すこし自分好みにカスタマイズしたりと、あらかた整ったように思います。PCのリプレース後真っ先に困ったのはフォルダがドラックできないことだったのですが、機能が新しくなることもさることながら、アプリケーションの個人設定がデフォルトに戻っていることで、想定外に操作に時間がかかってしまうことも困りました。

わたしは、時々Microsoft Visioを利用するのですが、『吸着』がONになっていることで、思ったように『コネクタ』をひけない状況に陥りました。このままでは、5分で終わるはずの作業が永遠に終わりません。メニューの名称やレイアウトなどが変わっていて、該当の機能のオプション画面までたどり着けません。さらに、機能の正式名称も分かっていないから一発で検索できる検索ワードも思い浮かばず……「VISIO コネクタ」と入力して、予測検索ワードを選ぶことで、なんとかナレッジまでたどり着くことができました。予測検索ワードありがとう。

コネクタの吸着ON/OFFオプション。想像の斜め上いく吸着を体験したいなら、ONにすると良いと思います。

こうした、ありがた迷惑、でしゃばりなおせっかい機能は色々な部分で顔をだします(※個人の感想です。感じ方には個人差があります)。でも、それって本当に迷惑行為でしょうか。でしゃばりでしょうか。わたしのような、『新機能を調べて試してみる』ことをしないユーザーは少なくないんじゃないかと思います。きっと、デフォルトで機能がONになっていることで、その機能があることを思い出したり、気づいたりするのだと思います。コネクタが吸着するのだって、正しい使いかたをすれば便利な機能です。

そうすると、ありがたくない迷惑でしかなかった『タイトルバーが白』というデフォルト設定も、どんなステキ機能との出会いへの布石なのかと、ワクワクしてきました。個人用設定にある何らかの機能を知らせたいのでしょうか。その手前のWindowsの設定画面の中のなにかでしょうか。

どの機能に気づかせたいのか……ワクワクしませんか?

なぜ、そういう仕様なのか。態度なのか。言葉なのか。疑問に感じるようなことに直面したら、その裏側に思いがけない発見があるかもしれないことを忘れずに、否定せずに真摯に向き合っていきたいと思うのでした。

ちなみに、Cortana設定画面を見たら、設定タイトルが『Cortanaに話しかける』でした。他の機能の設定タイトルと比べ、異質すぎて最高なので、ぜひ見てみてください。

では、また。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書く

名前
必須