Windows Admin Center 1809 をインストールしてみた

こんにちは。
ヒゲダルマです。

先日、開発コード名「Project “Honolulu”」ことWindows Admin Center(WAC)が一般向けにリリースされました。一般リリースのビルドは1809となりました。
てっきりWindows Sever 2019と一緒のリリースになるものと想像していましたが。。。

WACは新しいサーバー管理ツールと位置付けられるのですが、これまでのMMCベースの管理ツールやサーバーマネージャーを完全にリプレースする訳ではなく(少なくとも当面は)、どちらかというとオンプレミスとクラウド(Azure)混在のハイブリッド環境下のサーバー群をシームレスに管理運用できるようにする為のツールといった感じです。

もちろん、オンプレミスだけとか、サーバー1台だけとかでも使用は可能です。
でも、そういう環境なら従来型の管理ツールの方が慣れもあるでしょうから、無理にWACを使う必要はないように思います。

ちなみに、WACのアーキテクチャはこんな感じです。
1台のサーバーにWACをインストールし(そのサーバーをGatewayと呼び)、Gateway配下の管理対象のサーバーとはPower ShellやWMI over WinRMでやり取りします。
WACへは適当なクライアントPCからWebブラウザ(IE11はダメでEdgeやChromeが推奨)でアクセスします。

とりあえず今回は、WACのインストールからWAC起動辺りまでを眺めてみたいと思います。

こちらからダウンロードしたインストーラーを起動します。
今回は仮想マシンのWindows Server 2016にインストールしました。
WS000000

使用許諾契約書に同意し、【次へ】をクリックします。
WS000001

推奨に従い、Microsoft Updateを使用するを選択し、【次へ】をクリックします。
WS000002

そのまま【次へ】をクリックします。
WS000003

とりあえず、自己署名SSL証明書を選択し、【次へ】をクリックします。
WS000004

インストールはサックリ終わりました。
下記URLにクライアントのEdgeからアクセスしてみます。
WS000005

Edgeでアクセスすると警告がでますが、自己署名証明書あるあるなので、【Webページへ移動】をクリックします。
WS000006

WACをインストールしたサーバーの管理者アカウントを入力し、【OK】をクリックします。
WS000007

とりあえずWACの画面が表示されました。
この段階ではWACをインストールしたサーバーだけが管理対象として表示されていますので、そのサーバーをクリックしてみます。
WS000008

資格情報を求められますので、適宜入力し、【続行】をクリックします。
WS000009

右側ペインにオーバービューが表示され、左側ペインには各種管理項目が並んでいます。
WS000011

如何でしょうか?
一覧性という点では従来の管理ツールよりも良いと思います。
ただ、従来だと複数のツールを同時起動して複数ウィンドウ開いて作業することが多々あったと思いますが、WACではそういう操作は出来ません。
メリット/デメリットそれぞれかと思います。
なので、従来のツールをリプレースするという判断をMicrosoftはしなかったのでしょうね。。。

WACの使い方/詳細については改めて書きたいと思います。(その頃にはWindows Server 2019がリリースされている気もしますが。。。)
すぐにWACを必要とすることは無いかも知れませんが、WACでしか出来ない操作とかも今後は増えてくると思いますので、少しずつ触って慣れておくと良いかと思います。

以上、駄文散文ではございましたが、ご拝読ありがとうございました。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書く

名前
必須