わかりにくいプレゼン資料、わかりにくい説明に困っていませんか?

仕事をしていると、プレゼンを行う機会はたくさんあります。実際にプレゼンした経験がある人からは、次のような悩みが聞こえてきます。

・ いろいろ伝えたくて資料が多くなり、逆に伝わりにくくなる
・ 資料を作るセンスがない
・ 時間をオーバーしてしまう
・ メモを読み上げるように、機械的な話し方になってしまう
・ 説得力のある説明ができない

実は、プレゼンで大切なことは、主に3つあります。

◎わかりやすい内容

◎見やすい資料

◎説得力のある、わかりやすい説明

3つのうち、どれが欠けても相手に伝わらず、“残念なプレゼン”に終わってしまいます。先ほどあげたプレゼンの悩みは、この3つのポイントを学び、実践することで、解消することができます。GFCでは、プレゼンで大切な3つのポイントについて、それぞれ実践的なワークを加え、すぐに役立つ「伝わる!実践プレゼン力養成講座」をご用意しています。

●伝わる!実践プレゼン力養成講座 基礎編

“資料”や“話しかた”も大切ですが、それは“聞き手に伝わる内容”があってこそ。“聞き手に伝わる内容”にするためには、「プレゼンの本質」を知っているか?が鍵となります。 わかりやすい、伝わりやすい内容にするための「プレゼンの本質」と「内容設計」を学ぶための講座です。

プレゼン講座 基礎編 受講者の声リンク

HPで続きをみる <受講者の声>伝わる!実践プレゼン力養成講座 基礎編

●伝わる!実践プレゼン力養成講座 デザイン編

資料作りは“センス!”と思っている方も多いと思いますが、実は、資料作りにセンスは必要ありません。この講座で、ちょっとしたコツを学んで実践していただくだけで、誰でも、見やすく伝わりやすい資料を作成することができるようになります。

プレゼン講座 デザイン編 受講者の声リンク

HPで続きをみる <受講者の声>伝わる!実践プレゼン力養成講座 デザイン編

●伝わる!実践プレゼン力養成講座 プレゼン編

プレゼンは、スキルを学ぶだけではなかなか上達しないものです。大切なのは、学んだスキルをもとに“練習”すること。聞き手に伝わる、説得力のあるプレゼンを行うための、“実践練習”に軸を置いた講座です。どんな構成で、どんなふうに話せば、相手に伝わるのか、説得力があるのかを学び、実践でブラッシュアップすることができます。

プレゼン講座 プレゼン編 受講者の声リンク

HPで続きをみる <受講者の声>伝わる!実践プレゼン力養成講座 プレゼン編

プレゼンはもちろん、会議での発表や、社員説明会などで説明する機会のある方にもオススメの講座です。社員のプレゼン力向上を目指すなら、お気軽にご相談ください。

※本講座は演習でPowerPointを使用します。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書く

名前
必須