【思い立ったが吉日】スキンヘッドにする勇気。

GFCブログへ、ようこそ!

今回の【思い立ったが吉日】は、私のヘアスタイルについて語りましょう。え、そんなの興味ない? だとは思いますが、では私のヘアスタイルはスキンヘッドだと申し上げたら、少しは興味を持っていただけますでしょうか。いや、そもそもスキンヘッドってヘアスタイルなの? というツッコミは、待ってました、という感じです。はい。

スキンヘッドでよく社会人をやっていられるな、と思われた方も多くいらっしゃるのではないかと思います。はい、もうかれこれ10年ほど、スキンヘッドで社会人をやっております。その少し前から五厘刈りにしていたためか、関係の深いお取引先などはわりとスムーズに受け入れていただけたようでした。新規のお取引先については、そもそも最初からスキンヘッドで訪問させていただいていましたので、いろいろと想像は膨らまされたのかもしれませんが、わりと「そういうもんなのね」という感じで受け入れていただいているように感じております。

なぜスキンヘッドにしたのかというと、若い頃から頭のてっぺんが薄かったというのが一番の理由です。だったらそうなった頃からそうすればよかったのでは? というご意見があれば、ごもっともです。しかしながらまだ若い頃の私は、そこまで潔くはなれなかったのです。40歳を過ぎた頃、「潔くした方がいいのでは?」と自問自答した結果、自分で剃ってみたらわりといけるかもしれない、と感じた故に、それ以来スキンヘッドで通している、というわけです。

つい先日、以前は美容師だったという若い人から「一般的なシャンプーを使っていると、洗い残しが髪に残って、それが頭皮に悪い影響を与え、できものができたりする」という話を聞かされました。確かに、髪があった頃にはそんなできものがよくできたりしていました。しかしながらスキンヘッドにして以来、そのできものができたことはありません。なぜなら一般的なシャンプーというものを使わず、頭は体を洗うボディソープでそのまま洗う、ということをしているからだ、と気づかされたというわけです。そもそも頭をボディソープで洗うの? というツッコミをされた方、正しいツッコミです。しかし髪がないわけですから、なんならボディソープで洗っても何の問題もない、と私は勝手に思っております。それでいて、できものができなくなったということであれば、一石二鳥。と言っておきながら、何が「一石」で何が「二鳥」なのかよくわかりませんが、とにかく私はスキンヘッドにしてよかった、と思っているというお話です。

「自分はこうしたいけど、これでいいのか」と踏み出せずにいることって、結構多いものだと思います。確かに私のようにいきなりスキンヘッドにする、というのは勇気がいることなのかもしれませんが、一歩を踏み出してみると意外と受け入れてもらえることもあると思います。そして一歩は踏み出してみないと、まわりがどんなリアクションをするのかを知ることもできません。まわりのリアクションを見た上で、次の行動を決めればいいわけで、だったら一歩を踏み出す勇気を持つことの方がいいのではないか、と私は思ってしまいます。

私たちGFCも、今までになかったサービスのリリースに向けて新しい取り組みをすることがしばしばあります。事前にいろんな調査やマーケティングをした上でサービスの内容をブラッシュアップするのはもちろんですが、一歩を踏み出す勇気を持たなければリリースには至らない、とも思っています。そんな勇気を持てるよう、努力を続けていきたいと改めて思う今日この頃です。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書く

名前
必須