観光しない浅草もいい

こんにちは。蟻です。
先日、浅草で行われた某即売会イベントにどうしても行きたくなり、子を連れて行き当たりばったり行ってきました。

親の用事に子について来てもらう場合、子にもお楽しみがなければ次がありません。移動だけでも疲れているので、到着してすぐに目的地に向かってしまうと非難ごうごう。「お出かけ前に伝えていたでしょう」なんていうのは、親のエゴでしかありません。子はぐずり、状況が上向くこともないので、まずは子のお楽しみを優先します。
電車を下車し、なんとなく隅田川沿いをフラフラしていると突然遊具エリアが出現しました。木製のアスレチックと巨大なクジラ型すべり台が目を引きます。子はまっさきにトイレに向かい(ここ重要)、落ち着いたところでアスレチックに挑戦。電車移動で固まった体をほぐすのにもちょうど良さそうです。

隅田公園のアスレチック

隅田公園のアスレチック

アスレチックを2周、3周楽しんだ後はひたすらクジラすべり台を登ってすべり、登ってすべりを繰り返していました。なぜだか分かりませんが、わが子は巨大すべり台があると、それしかやらない傾向にあります。巨大ではないすべり台ではこの現象は発生しないので、巨大すべり台に特化した現象だと分析しています。巨大なものには子供を魅了する何かがあるのかもしれません。

今回も「そろそろお買い物良いですか」と声をかけるまで、くじらのとりこでした(#^.^#)

隅田公園のクジラすべり台

隅田公園のクジラすべり台

クジラすべり台に別れを告げ、いよいよ私の目的地へ!!……向かう途中、またもや公園に遭遇。しかも、なかなか楽しげな木製遊具がどーんと構えています。そのまま公園に入っていこうとする子を制して、「お買い物がすんでから遊ぼうね」とすぐ隣の即売会場へ向かいました。

手早く買い物をすませ、観光地価格のおやつを調達し、先ほど通り過ぎた公園へ。思い切り遊ばせたあと家路につきました。

今回は浅草といえど仲見世通りなどには近づかなかった為、賑わいの雰囲気を感じつつも、子も親もリラックスして楽しむことができました。子どもに親のお出かけについてきてもらう際は、欲張り過ぎず子どものお楽しみの比重を高くすると「また行きたい!」と言ってもらえるかもしれません。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書く

名前
必須