【思い立ったが吉日】東京・城北エリアと城南エリアの違いについて。

GFCブログへ、ようこそ!

今回の【思い立ったが吉日】は、私がこれまでの人生で住んだことのあるエリアである、東京の城北エリアと城南エリアの違いについて言及してみたいと思います。

私は名古屋出身で、中学校入学とともに親の仕事の都合で東京へ引っ越してきました。東京で最初に住んだのが「王子」と呼ばれる街で、東京都北区にある街でした。そもそも「東京に北区ってあるんだ?」と当時の私は驚いていましたが、その後同じ北区の「赤羽」という街に引っ越し、さらには埼玉県鳩ヶ谷市(現・川口市)という街へと居を移しました。それからしばらくして、また赤羽に戻り、その数年後に人生で初めて東京・城北エリアや埼玉・県南エリアから抜け出し、東京・城南エリアと呼ばれる品川区へと引っ越しました。

城北エリアに住んでいた頃、特に中学・高校生くらいの頃ですが、友人たちから「一度城北エリアに住んだ人は、それ以降は上野より南、新宿より南にはなかなか住もうとしない」みたいな話を聞かされたことがありました。またその逆も然り、という話もありました。「そんなもんかね?」と当時は思っていましたが、今、振り返ってみると確かに、私は数年前まで「上野より南、新宿より南」に住もうとはしていませんでした。都市伝説のような話ではありますが、あながち嘘でもないのかな、などと私は感じておりました。

では、城北エリアと城南エリアにはどんな違いがあるのか。両方に住んでみて感じるのは、どちらも「下町」的な情緒というか、人間関係があって温かくはあるのですが、城北エリアのそれは「下品」であり、城南エリアのそれは「上品」である、という違いではないのかな、と個人的には感じています。こういうと城北エリアをディスっているように感じられてしまうかもしれませんが、私としては「下品」というのは「良くも悪くも」という冠をつけた意味合いで使っているつもりです。

城北エリアの「下町」感は、何か共有できる話題や事柄があった人だとわかった瞬間にグイグイと近づいて来る。「お前、どこ中(中学)?ああ、●●中!じゃあ■■のこと、知ってるよね?すげえ、じゃあもう友だちじゃん!」みたいな。一方で城南エリアの「下町」感は、そこまでではない。「どこ中?ああ、俺、隣りの中学だったよ。すごい、近いじゃん!」ぐらい。城北エリアの方が踏み込みが強い、とでも言うんでしょうか。

ちなみにここで伝えたいことは、どちらがいい、悪い、ということではありません。では伝えたいことは何かと言えば、どちらも距離が近くなれば受け入れてくれる懐の深さがある、ということ。踏み込みが深いか浅いかの違いを、受け取る側がどっちが好きか、という問題のように感じます。たぶん、どちらかの方が心地よいと感じれば、そのエリアに長く住まうことになる、ということなのではないでしょうか。

コミュニケーションの取り方は、人それぞれでもあり、その地域それぞれでもあるように思います。「剛に入りては剛に従え」などという言葉もありますが、それぞれの良さを受け止められる寛容さのようなものを持ち合わせれば、どんな人でも、地域でも、心地よくなるのではないか、と思います。私は今、品川の戸越銀座という地域に居を構えていますが、とても心地よく過ごせています。

私たちGFCも、どんなお客様にとっても心地よく感じられるサービスの提供を心がけていきたいと思います。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書く

名前
必須