新社会人が覚えておきたい情報セキュリティ

新社会人の皆さま、ご就職おめでとうございます。
今日から新生活で期待や不安でいっぱいかと思いますが、新社会人がビジネスマンとして押さえておくべき情報セキュリティの基本をアドバイスします。

その1 離席するときは
離席時、昼食中は必ずPCの画面をロックしましょう。席を離れている間に勝手にPCを操作されてしまい機密情報にアクセスされてしまう危険性があります。
画面ロックする際のショートカットは、Windows キー + L です。
このショートカットを覚えて習慣化しましょう。

Windowsキー+Lの写真

Windows キーと『L』を同時に押す

その2 情報の取り扱い
仕事で知った情報は、些細なことでも会社の機密情報です。
SNSなどに安易に仕事の話は書きこまないよう注意しましょう。

「出張で○○に来ている」といった一見問題ないように見える内容でも、地名から関わっている案件やプロジェクトの情報が推測できてしまう場合があります。

また、エレベーターやカフェなど不特定多数の利用者がいる場所で話す時も同様です。どこで誰が聞いているかわかりません。特定の会社名などを出して会話することは厳禁です。

その3 メールの利用
差出人に心当たりのないメールの添付ファイルや本文中のURLなど、不審に感じたら絶対にクリックしないようにしましょう。ウィルス感染などの危険があります。たとえ、差出人が知っている人でも内容に覚えがない場合は、新規メールや電話などで連絡をとり、安全を確認してから開くようにしましょう。

いかかでしたか?学生の時とは違い、社会人になるとちょっとしたミスが大きな問題となることがあります。少しでも不安に感じた場合は、まずは先輩・上司に相談してみましょう。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書く

名前
必須