Active Directory 2012 R2から2016へ ドメインコンントローラのバージョンアップ その二

こんにちは。
ヒゲダルマです。

前回からの続きとなります。
ドメインコンントローラ(ドメコン)をローリングアップグレードし、Active Directory(AD)2012を2016へとバージョンアップする際の具体的なアプローチについて書きたいと思います。

大凡の流れは前回ご紹介した通り、以下の6ステップとなります。

Step1:既存ADに新規Windows Server 2016のサーバーをドメイン参加させます。
Step2:新規Windows Server 2016のサーバーをドメコンに昇格します。
Step3:既存ドメコンから新規ドメコンへ操作マスタ(FSMO)を移行します。
Step4:既存ドメコンと新規ドメコンのIPアドレスを入れ替えます。
Step5:既存ドメコンを降格します。
Step6:ADの機能レベルを2012 R2から2016へバージョンアップします。

今回はStep1です。
ここは特にドメコンだからどうということも無く、既存のADに新規のWin2k16サーバーをドメイン参加させるだけとなりますので、クライアントのドメイン参加と変わりは無く、難しいことはありません。

ちなみに、今回用意した既存のADは下図の通りとなります。
image

ここにWin2k16サーバー2台をドメイン参加させ、Step1終了時には下図の状態となる想定です。
image

と言うわけで、早速、手順を追って行きたいと思います。

①DC03でTCP/IPのプロパティを確認します。
image

DNSサーバーがそれぞれ既存のDC01とDC02になっていることが確認できればOKです。

②【スタートメニュー】を右クリックし、【システム】を選択します。
image

③【設定の変更】をクリックします。
image

④【変更】をクリックします。
image

⑤【ドメイン】を選択し、ドメイン名を適宜入力し、【OK】をクリックします。
image

⑥ドメイン参加に必要なアカウント要求が表示されますので、ドメイン参加が許可されたアカウント/パスワードを適宜入力し、【OK】をクリックします。
image

⑦【OK】をクリックします。
image

⑧【OK】をクリックします。
image

⑨【閉じる】をクリックします。
image

⑩【今すぐ再起動する】を選択します。
image

⑪再起動後、正常にドメインへのログオンが出来ることを確認します。
image

ログオン出来たら、続けてDC04でも上記手順①~⑪を実行し、ドメイン参加を行います。

これでStep1は終了です。
次回は「Step2:新規Windows Server 2016のサーバーをドメコンに昇格します。」をご案内したいと思います。

以上、駄文散文ではございましたが、ご拝読ありがとうございました。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書く

名前
必須