【思い立ったが吉日】女性は自信を持てない生き物?

GFCブログへ、ようこそ!

今回の【思い立ったが吉日】は、最近のSNSを見ていて感じていることを、徒然なるままに綴ってみたいと思います。

SNSの投稿でリア充を訴える人が一定数いるというのは、世の中の報道やバラエティ番組などを見ていると、なんとなくそうかもしれないな、と思わされるところです。しかしながら最近、私のSNSのタイムラインには、しばらく会っていない女性の友人で「●●セミナーやってます」という類の投稿が増えてきたなあ、と感じています。おしなべてその友人たちは、どこか真面目でまっすぐで、多くの人はそんなところで悩まないぞ、と思うようなところで引っかかって悩んでしまう、というようなタイプだったりするから、余計なお世話ながら心配してしまう今日この頃です。

だいたいそういう友人たちは、どこかの自己啓発セミナーを受けて、なんならそのセミナーの講師になれる資格などを取得して、自分でもセミナーやカウンセリングを開いたりしている、というところが共通しています。さらには、そんな自分の活動をブログで報告するのも、共通しているところ。まあセミナーやカウンセリングの受講者を募ろう、というところでそういうツールを使うのは理解できます。しかしながらそんな話を仕事でおつきあいのある女性の方に話したところ、「私の周りでもそういう人、増えているんです」と共感をいただきました。そしてその方がおっしゃるには、「だいたいそういう人は、セミナーを受けてみてほしいと勧めてくるし、なんなら怪しげなサプリとか健康食品とかまで勧めてくる」というのです。

これ、私もすごく共感できるところなんですね。だいたいそういうセミナーで主任講師みたいになっている人は、なぜだかやたらとキラキラしていて、そのセミナーを始めたことで人生が好転した、ということをアピールされている。で、そんな私がやっているのだから、とサプリや健康食品を軸としたネットワークビジネスに勧誘してくる、というのがステレオタイプなパターンとなっています。しかもどういうわけだか、前述の共感できた仕事関係の知り合い女性もおっしゃっていたのですが、「そういうのにハマるのは女性が多い気がする」というのも、私の周りを見渡しても頷けるところだったりします。

とあるアパレル業界大手の企業で、スーパーバイザーを務める女性社員の方と話をした際に、「女性はそもそも自信がない生き物だから、褒めて育ててあげないと育たない」とおっしゃっていたことが、とても印象に残っています。科学的な根拠はありませんが、確かに女性は自分に自信が持てずにいる方が多いような印象を、私もいろいろな場面で感じるところがあります。自信を持つために、そういうセミナーやカウンセリングの講師になるというのは、アプローチの一つとしてありだと思うのですが、それを介してまわりの人たちに変な迷惑をかけてしまうことになり、疎まれたりしないよう祈るばかりです。

私たちGFCも、新たなサービスを構築する際には、私たちも、お客様も、その先にいるお客様も幸せになるような、いわゆる「三方良し」のサービスになるよう、心がけていきたいと思います。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書く

名前
必須