Acronis Backup ブータブルメディアの作成

こんにちは。
ヒゲダルマです。

今さらなんですが、Acronis Backupのブータブルメディア作成について書いておきます。これが無いとAcronis Backupでバックアップしておいても、ベアメタルリカバリ作業が出来ません。
物理マシンのHDDが故障/交換となった後に必要となるメディアですので、そうなる前に予め作成しておきましょう。

ちなみに、ブータブルメディアの作成に必要なモジュールはAcronis Backupをバカインストールしてあれば、既にインストール済みとなりますので、特に準備は不要ですが、ブータブルメディアを焼くためにお手元にはCD-Rを1枚ご用意下さい。

では、早速、手順を追ってみたいと思います。

1.【スタートメニュー】⇒【Run Bootable Media Builder】を選択します。
image

2.【次へ】をクリックします。
WS000001

3.【キーを手動で指定します】を選択し、プロダクトキーを入力します。
WS000002-2

ここでプロダクトキーを入力しなくても、リストア専用のメディアは作成出来ますが、Acronis Backupでコールドイメージ(マシンのオフライン状態)を取得したいケースでもブータブルメディアが必要となりますので、面倒で無ければプロダクトキーを入力しておいた方が後々便利なブータブルメディアになろうかと思います。

4.【次へ】をクリックします。
WS000003

5.【次へ】をクリックします。
WS000004

6.【次へ】をクリックします。
WS000005

7.とりあえず、全てチェックオンし、【次へ】をクリックします。
WS000006

8.【Configure the settings automatically】にチェックオンし、【次へ】をクリックします。
WS000007

上記チェックをオンにするとブータブルメディアで起動した際にDHCPでIPアドレスを取得します。また、起動後に手動で静的にIPアドレスを設定することもできますので、とりあえず、【Configure・・・】はチェックオンしといた方が便利かなと思っています。

9.【ISO イメージ】を選択し、【次へ】をクリックします。
WS000008

10.ISOファイルの保存先とファイル名を適宜設定し、【次へ】をクリックします。
WS000009

11.【次へ】をクリックします。
WS000010

12.【実行】をクリックします。
WS000011

13.先ほど指定した場所にISOファイルが生成されたら、CD-Rに焼きます。

手順としては以上となります。
CD-R焼くのも含めて10分も有れば終わりますので、Acronis Backupを導入したら、まず最初にブータブルメディアの作成を実施頂けると宜しいかと思います。

以上、駄文散文ではございましたが、ご拝読ありがとうございました。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書く

名前
必須