RPA説明会に参加してみて

こんにちは、みや-3です。

先日、常駐先でのRPA説明会に参加してきました。RPA(Robotic Process Automation)とは、業務プロセスの自動化のこと。とあるコンサルティング会社との共同作業になるようで、基幹系システムを含むさまざまなアプリケーションをまたいで操作・記録が可能になる、とのことでした。

可能な業務パターン例としては……
・マスタ登録
・市場情報の取得共有
・予実管理の作成報告
などが挙げられていました。

RPA関連の業務に必要なスキルとしては……
・業務フローの流れを熟知している
・Excelに抵抗が無い
・やる気・元気がある(会場の笑いを誘う)
という説明をされていました。
また「ロボットの特徴」の説明も、「休憩時間や有休も必要なく、無駄な動きがない」とごもっともな内容で、さらなる笑いに包まれた会場の雰囲気は和やかなものになりました。

いずれにしても、RPAの導入によって機械的な作業や定型業務がより早くこなせることになりそうです。

常駐先では、RPAのトライアル業務を募集されているようで、来年3月までの間にトライアルを実施して4月から本格運用になる、とのこと。Webでもパスワードを必要とするものやExcel・Outlook・基幹系システムなどのアプリケーションを跨げるようになるようです。当面はロボット3組の導入からスタートして、全社展開する際には必要に応じてロボットの組数を増やすことになります。

RPAの導入にともなって、RPAをどんな作業に対応させるかまだ検討段階だそうですが、私も設定などのところでお手伝いできればと思っています。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書く

名前
必須