Acronis Backup 12.5でVMware ESXiをバックアップ 第2回

こんにちは。
ヒゲダルマです。

前回に引き続き、Acronis Backup 12.5によるESXi/ハイパーバイザーのバックアップです。

前回はバックアップの準備までをご紹介しましたので、今回はバックアップの実行です。
バックアップの実行自体はAcronis Backupの通常のバックアップと殆ど変わりませんので、Acronis Backupを使い慣れた方で有れば、以下の内容を見なくてもサクッと出来てしまうと思います。

とは言え、折角なので、以下バックアップの実行手順について、ご覧頂ければと思います。

①Acronis Backupの管理画面にて、【すべてのコンピュータ】⇒【バックアップ対象ESXi】を選択し、右側のペインから【バックアップ】をクリックします。
WS000000

②鉛筆アイコンをクリックし、バックアップ計画名を適宜入力します。
WS000001-2

③画面右の鍵アイコンをクリックします。
WS000002-2

④バックアップ対象ESXiのrootパスワードを入力し、【OK】をクリックします。
WS000003

⑤【バックアップ先】を選択し、適宜バックアップ先を選択/入力します。(今回はAcronis Backup管理サーバーのネットワーク共有フォルダをバックアップ先として指定しました。)
WS000011

⑥【スケジュール】を選択し、適宜バックアップスケジュールを設定し、【完了】をクリックします。(今回は即時実行するので、スケジュールはオフにしました。)
WS000004

⑦【保持する期間】を選択し、適宜バックアップを保持する期間を設定し、【完了】をクリックします。(今回はご紹介なので無期限に保存するにしました。)
WS000005

⑧以上、一通り設定が終わったら【作成】をクリックします。
WS000006

⑨続けて、【今すぐ実行】をクリックします。
WS000007

⑩バックアップが始まりますので、暫く待ちます。
WS000008

⑪バックアップが完了しました。
WS000009

⑫バックアップ先のフォルダを参照してみるとバックアップファイル(TIB形式)が格納されていることが確認出来ます。
WS000010

これでAcronis BackupによるESXi/ハイパーバイザーのバックアップは完了となります。

今回はスケジュールを設定しませんでしたが、実運用では定期的にバックアップを実行頂き、仮想マシンと合わせてハイパーバイザーの保護を実施頂ければと思います。

以上、駄文散文ではございましたが、ご拝読ありがとうございました。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書く

名前
必須