【思い立ったが吉日】横文字ってそんなにカッコいいかしら。

GFCブログへ、ようこそ!

今回の【思い立ったが吉日】は、横文字について語ります。先日のブログで道具を「ツール」という人が増えた、なんて話から横文字を使うとカッコよく見える、みたいな話を書きましたが、そこをちょいと膨らませてみようか、と。

その記事は、こちらです。
道具って、大事。

最近、若手人気俳優さんが出演しているお口が涼しくなるタブレットのCMで、どっかの会社の企画会議風なシチュエーションが描かれていました。そこでは参加者の人たちがやたらと横文字を使って、会話するんですね。

コンバージョンが見たいんだ。
それ、アグリー。イノベーションをどう起こすか。
サードパーティが必要です。

そんな会話がされた後、若手人気俳優さんが、

じゃあ、アゲアゲでいきますか。

と、一言。とても微妙な空気が流れ、そこでお口を涼しくしたくなったからタブレットを口にする、というオチ。

実に秀逸なCMだ、と私は思っています。いわゆる、「あるある」ですね。会話の途中では「そこ、横文字で言わんでもええやん」というツッコミが入れたくなり、若手人気俳優さんの一言には「それ、言わんでええやん」というツッコミが入れたくなる。このCMの制作裏話的なネットニュースか何かを見たのですが、どこかのIT企業の会議風景をイメージして制作されたとのことですが、なるほど、そういうIT企業もあるのかもしれない、などと妙に納得してしまいました。ちなみにGFCでは、こんなに横文字が飛び交う会議には遭遇したことがありません(笑)。

でもきっとこのCMを見て、「あるある」と感じられた方は少なくないのではないでしょうか。やたら会議やプレゼンで、横文字を使いたがる人というのは、ある一定量いるように私なんかは個人的に感じています。使っている当人はいたって真面目に使っているのかもしれませんが、私はどうしてもそういう方に遭遇すると、心の中で「ふふっ」と思ってしまいます。そう言いながら、自分も気がつくと「それ、カスタマイズした方がいいですね」なんて言っていたりするので、そんな自分に「ふふっ」と思ってしまうわけですが。

横文字も、その意味をよくわからないまま、ただカッコよさそうだからと使っていると、誰もリアクションはしてくれなくても実は聞いている方々は心の中でツッコミを入れている、なんてことが起こるような気がします。やはり横文字は、ちゃんと意味を理解した上で使うか、よくわかってないけど使ってますよー、ということがあえてわかるように使ってまわりを笑わせるか、という用途が正しいのではないか、と個人的には解釈しています。もしGFCの人間が、なんだか聞き慣れない横文字を使っている場面に遭遇された時には、ぜひツッコミを入れていただければと思います(笑)。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書く

名前
必須