【思い立ったが吉日】20年ぶりのフィットネスクラブ入会。

GFCブログへ、ようこそ!

今回の【思い立ったが吉日】は、新たに入会したフィットネスクラブでの刺激的な体験について、綴ってみたいと思います。

先日、フィットネスクラブへ入会してきました。20代の後半ぐらいに一時期、大手フィットネスクラブへ入会していたことはあったのですが、それ以来となりますので約20年ぶりの入会、ということになります。今回入会したのは、最近流行だという「24時間営業でいつでも行けるフィットネスクラブ」です。なぜに入会したのかというと、以前こちらのブログでも書きました糖質制限に伴うダイエットに、プラスオンで運動もして健康になろうということと、嫁も入会するというので家族割引があるということが一番の理由でした。

入会してみてわかったのですが、この「24時間営業でいつでも行けるフィットネスクラブ」というのは、一言で言うと「原則としてフィットネス用の機材はラインナップしてあるから、自由に使ってね、あまりこちらからは積極的に関わることはありませんよ」的な施設だということです。インストラクターさんの在籍している時間も10時から19時と、日中の時間帯だけということになっているので、なんなら「特に誰かの指導はなくても勝手にトレーニングしますよ」というようなフィットネスクラブに慣れている方であれば、とても使い勝手がいい施設なんだろうな、と感じた次第です。

そんな中、私は冒頭で「約20年ぶりに」と書いた通り、フィットネスクラブへ通うことに慣れているわけではありません。なので、入会手続きの際に施設の壁面に掲出されていた「パーソナルトレーニング初回3000円」という案内に目を留め、一緒に申し込んでいました。まずはこのパーソナルトレーニングで、自分のトレーニングメニューをつくってもらおう、と考えたわけです。

入会手続きを終えてから数日後、パーソナルトレーニングの予約をしていた日にフィットネスクラブを訪ね、さっそくトレーナーの方と面談をすることになりました。現在、糖質制限を継続していること、週2〜3回は通えそうなこと、とりあえず結果を優先せずに無理なく継続できるようなトレーニングメニューにしてほしいこと、などなどをお伝えしたところ、つくっていただいたメニューは筋トレ中心のもの。かつて20年ほど前に通っていたフィットネスクラブで用意されたメニューとの大きな違いに、驚かされた次第です。当時用意されたメニューは、とにかくエアロバイクを使った有酸素運動がメインで、なんなら「あなたは体重が重いからウォーキングマシンなんて絶対使うな」くらいの勢いで止められたりしていたのですが、今回のトレーナーさん曰く「有酸素運動で痩せるのは短期的な結果を求める場合には有効かもしれないけれど、時間をかけて継続的に、と考える場合にはあまり向いていない」といったご意見をいただいた次第でした。

それに食事に関しても、「かかりつけのお医者さんのご意見とは異なるとは思うのですが」という冠言葉をつけながら、カロリーについてはあまり気にせず、とにかく糖質を抑えることに集中して、質の良い脂質を摂取するように、というご指導もいただきました。これは糖質制限食をつくってくれている嫁の意見とも合致していて、なるほど、そういう考え方が今は主流になりつつあるのかもしれない、などと感心しきりな私でありました。

時代が変われば、運動の仕方やダイエットの仕方も変わってくる。そのバックボーンにある理論も、時代の移り変わりに合わせて新しいものが現れたりもするわけですから、当然といえば当然のことかもしれません。私たちGFCも、新しい技術やノウハウ、知見などを積極的に取り入れる姿勢を忘れないようにしないといけないな、などと改めて思う今日この頃であります。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書く

名前
必須