GFCオリジナルExcel講座、開発・開講しました!<その3>

20170217_001

“踊る♪研修講師”「らっきぃ」です!

2017年2月17日(金)、千代田区の出版会社様向け「覚えると便利!Excel基本操作編」3回目を実施しました。
この講座は、今日が最終日です。受講者は、4名。

受講者様のご協力のもと、わきあいあいとした雰囲気で、講座を進めることができました。

今回の講座では、効率的な操作方法として、いくつかのショートカットをご紹介しています。
ショートカットをあまり使ったことがない方が、「使いにくいな」と思ったら、まずは指使いを確認してみましょう。

例えば、コピー&ペーストを行うショートカット。
まだ、ショートカットを使ったことがない!という人には、ぜひ最初に覚えて欲しいショートカットです。
右手をマウスから離すことなく、コピーや貼り付けを行うことができるため、とても便利です。

<操作方法>
・コピー   [CTRL]キーを押しながら、[C]キーを押します。
・ペースト  [CTRL]キーを押しながら、[V]キーを押します。

さて、それでは、下記は私が使っているキーボード(年季が入っていてすみません・・・)ですが、どの指でそれぞれのキーを押すのでしょう?

20170217_002

「使いにくいな」と思われる方は、キーボード右側の[CTRL]を右手の指で押さえながら、左手の指で[C]や[V]を押す、という操作をされているのかもしれません。
実は、普段ショートカットを使っていない方は、よくこういった操作をされているのを見かけます。
しかし、これではマウスから手を離すことになり、このショートカットの便利さが激減してしまうのです。

20170217_003

では、どうすればよいのでしょうか。

ご存知かもしれませんが、キーボードを操作するときの基本的な指の配置は、「ホームポジション」と呼ばれています。

ホームポジションとは、
(1)左手の人差し指を[F]キーにおきます。
(2)左手の中指、薬指、小指は1つずつ左隣のキーにおきます。
(3)右手の人差し指を[J]キーに置きます。
(4)右手の中指、薬指、小指は1つずつ右隣のキーにおきます。
(5)指を動かしたら、必ずこのホームポジションに指を戻します。

下記のようなイメージです。

20170217_004

この「ホームポジション」と、「右手をマウスから離さなくてもよい」というショートカットのメリットを考えると、コピー&ペーストのショートカットは、下記の指を使うのが効率的です。

<コピー>  (1)左側の[CTRL]を小指で、[C]キーを人差し指で押します。
<ペースト> (2)左側の[CTRL]を小指で、[V]キーを人差し指で押します。

20170217_005

コピーのショートカット、[CTRL]+[C]の位置に指を置くと、下記のような感じです。

20170217_006

こうすることで、右手はマウスを持ったまま操作を行うことができますので、効率的に作業することが可能です。
最初はやりにくいかもしれませんが、使っていくうちに便利さを実感していただけると思います。
ぜひ、トライしてみてください。

今日の講座を終えたとき、ある受講者の方から、とても印象的なひとことがありました。

「あと10年早く知りたかった!」

この言葉を聞いて、私も

「あと10年早くお伝えしたかった!」

と思いました。

今まで遠回りしていた操作が、今回の講座で短縮できることがわかったそうです。
私にとってとても嬉しく、今後もっともっとExcelの便利さをたくさんの人に知っていただきたい!と感じる言葉でした。

それでは最後に、今日の“受講者の声”をご紹介します。

◆T.K様(男性)Excel使用歴15年
20170217_007

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書く

名前
必須