Windows 10 新機能について

お久しぶりです、あーくん です。

前回 は自宅タブレットの Windows 10 化を取り上げましたが、数回に分けて Windows 10 を改めて紹介していきたいと思います。

今年8月に Windows 10 リリース 1年をターゲットに配信された 2回目の大型アップデート「Anniversary Update」にて幾つかの機能追加及び変更がなされました。
「Anniversary Update」リリース後、弊社OA PCにおいても Windows 10 化が開始され、私のOA PCが Windows 10 となって数ヶ月経過しています。

現在 Windows Vista / 7 をご利用のユーザー様は、PCリプレース等のタイミングで Windows 10 の採用を検討されてるかと存じます。
今回は、Windows 10 の“新機能”と“変わらない機能”を紹介いたします。

1.Webブラウザー

Windows 10 では新しい Webブラウザー「Microsoft Edge」が採用されています。
タブレットや 2in1 PC での利用を主に想定しており、それらの端末での操作性が向上しています。
「Microsoft Edge」は Windows 10 にて新たに開発されたため、「Internet Explorer」特有のレガシー機能は引き継いでおらず、起動及び動作共に「Microsoft Edge」の方が高速とされています。

なお、企業内のイントラネットや外部サイトによっては、Webブラウザー指定により「Microsoft Edge」ではアクセス出来無い、正常に表示出来ないこともあります。
Windows 10 には従来の「Internet Explorer 11」も含まれますので、Webブラウザーを併用することで対応可能です。

2.スタートメニュー

スタートメニューは、Windows 8.x にて変更され不評?だったタイル表示メインでは無く、Windows 7 以前の表示と Windows 8.x のタイル表示を合わせ持つ形(良いとこ取り)になりました。

これにより、多少新しいスタートメニュー操作に慣れる時間は必要ですが、Windows 7 以前の操作と遜色なくなりました。

3.ユーザーインターフェース(UI)

Windows 8.x からのユーザーインターフェイスを引き継ぎ、PCにおけるマウスとキーボード操作、タブレットにおけるタッチ操作の両方に対応しています。

また、アクションセンターから“デスクトップモード”と“タブレットモード”を即座に切り替えられます。更に 2in1 PCではモード切替がシームレスに行われるため、ハードウェアとの親和性も向上しています。

4.生体認証

「Windows Hello」と呼ばれる生体認証により、対応ハードウェアを追加することで、顔・指紋・眼球の虹彩によるユーザー認証が利用可能となりました。

5.音声認識アシスタント

Windows OS標準機能で音声認識「Cortana(コルタナ)」が搭載されています。
iOSでの「Siri」、Androidでの「Google 音声認識」と同じような音声認識アシスタントと呼ばれる機能です。
「Microsoft Edge」にて利用可能なほか、「Anniversary Update」からロック画面での利用可能になりました。

2017年早期に「Creators Update」のリリースが計画されており、Windows 10 は進化し続けますが、今回取り上げた機能は恐らく大きな変化はないため、導入時のご参考になればと考えております。

取り上げた内容の技術情報
・Windows 10 Anniversary Updateの全容とは? 進化したUIと新機能をプレビュー版から探る
https://dekiru.net/article/14245/
・Windows 10、1年目の大型更新「Anniversary Update」は何が変わったか?
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1608/04/news035.html

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書く

名前
必須