Windows Server 2016 インストール

こんにちは。
ヒゲダルマです。

Windows Server 2016が先日(10月末)リリースされました。
最初のテクニカルプレビューがリリースされたのが2014年10月でしたので、それから2年間、熟成の時を経てようやく正式版としてリリースされた次第です。
まだ案件としての導入の話は全く聞こえてきませんが、折角なので、とりあえずインストールしてみました。

インストールしてみての感想としては、Windows Server 2012のインストールと余り変わらない印象です。ただし、驚きはインストール後に有りす。

それでは、以下、手順をまとめましたので、サラッと眺めていきましょう。

1.インストールメディアをサーバーにセットし、起動します。ちなみに、Windows Server 2016のインストール用のISOファイルは5GB以上あります。DVD-Rに焼く際はDVD-R DL(2層式)メディアじゃないと収まらないので、要注意。

2.さて、インストールメディアから起動して暫くすると言語の選択が表示されますので、とりあえず日本語を選んで、【次へ】をクリック。
1

3.【今すぐインストール】をクリック。2

4.適宜プロダクトキーを入力し、【次へ】をクリック。
3

5.さて、オペレーティングシステムの選択ですが、GUIが欲しい場合には下段[~デスクトップエクスペリエンス]と書かれた方を選択し、【次へ】をクリック。
ちなみに、じゃない方を選択するとServer Coreインストールとなり、エクスプローラーやGUI管理ツールがインストールされません。
4

6.はいはい、もちろん同意して、【次へ】をクリック。
5

7.新規インストールなので【カスタム】を選択。
6

8.ドライブを適宜選択して【次へ】をクリック。
7

9.インストールが始まりますので待ちます。
8

10.暫くするとAdministratorのパスワード設定を要求されますので、こちらも適宜パスワードを設定して【完了】をクリックし、もう暫く待ちます。
9

11.これまでのサーバーOSと違い、まるでWindows 10のような派手な画面が表示されます(偶然これを目にした同僚が、「ヒゲダルマさんWindows10インストールしてなにやっているんですか?」と当たり前のように勘違いしていました)が、ここは驚きつつ、落ち着いて【Ctrl+Alt+Del】を押します。
10
Windows Server 2016は内部バージョン的にはWindows 10と同系統なので、似ているのは当然でして。。。
実際、サインインした後にコマンドプロンプトでverと叩いてやれば、[Version 10.0.14393]という内部バージョンが確認出来ます。

12.Administratorのパスワードを入力し、サインイン。
11

13.ここでもまた一瞬Windows10か?と思わせますが…。
12

14.暫しすると、Windows Server 2012で見慣れたサーバーマネージャーが上がってきます。
13

これでWindows Server 2016のインストールは完了です。
管理ツール類はWindows Server 2012とそれほど変わりませんので、後は適当にいじってみましょう。

以上、駄文散文ではございましたが、ご拝読ありがとうございました。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書く

名前
必須