RとAの違い

こんにちは。
ヒゲダルマです。

以前PMPの勉強をしていた時にRACIチャートなるものを学びました。

R:Responsible
A:Accountable
C:Consulted
I:Informed

プロジェクトの各工程毎に上記4つの役割(RACI)をプロジェクト参加者に割り当てた表なんですが、RとAの違いだけはピンときませんでした。辞書引けばどちらも「責任」となっており。。。

説明責任という意味でアカウンタビリティー(Accountability)なんて言葉も良く聞くので、Aが言うだけ番長なら、じゃあRは?なんてモヤモヤしつつも、とりあえず試験勉強時にはRは実行責任、Aは命令責任とだけ暗記しておいたのですが。。。(RACIという並び順すら引っかけ問題かよと思っていました。)

ところが、先日とある方のブログを読んで、ようやく腑に落ちました。

Accountableは何かというと、仕事の結果生み出される価値と、その仕事に投入するコストや時間や資源とのバランスを評価し判断する権限を持っている。つまり、仕事上の結果が生み出すアウトカムについて、賞賛も責めも引き受ける、ということだ。

だそうで。。。
なんと、Aは言うだけ番長どころでは無いじゃないですか!

これでRACIチャート作成時、RとAの違いを間違えることは、もう無さそうです。

以上、駄文散文ではございましたが、ご拝読ありがとうございました。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書く

名前
必須