日光の紅葉と三名瀑のマイナスイオンでリフレッシュ!

image001

皆さん、はじめまして、GFCのJと申します。
普段はバックオフィス関連の仕事をしております。

簡単にブログと紐付けた自己紹介をさせて頂きますと、エンジンで動く乗り物全般が大好きで、子供の頃の夢は飛行機のメカニックでした。
美味しいものにも目が無いです。
そんな事も有り、趣味は美味しいものや絶景などを絡めた、ドライブやバイクツーリングです。

今回は、紅葉で色づく日光三名瀑(華厳の滝、裏見ノ滝、霧降の滝)に、マイナスイオンを浴びに行ってきました。勿論、お勧めのご当地名物もご紹介致します。

紅葉時期の大渋滞を避けるべく、日の出前の早朝に出発して一気に日光まで。

最初に向かったのは、日本三名瀑の一つでもある華厳の滝です。あまりに有名なので説明は不要ですね!滝の迫力と紅葉が相俟って、観瀑台からの眺めは最高です。

image002

早々に華厳の滝を後にして、裏見ノ滝に向かいましたが、途中の第一いろは坂で絶景を発見して立ち寄りました。般若の滝です。三名瀑ではないですが、日光にはこのような素晴らしい滝が多くあります。

image003

先を急いで、裏見ノ滝に到着です。遊歩道を500Mほど歩くとその先に絶景が広がります。全国には裏から見る事が出来る滝が複数ありますが、ここは1902年に滝上部の岩が崩壊して以降、裏見は出来ません。しかし、水しぶきが掛かるほど近くで優美な滝を見る事が出来ます。また、道路の道幅が狭く観光バスが入ってこないため穴場感の有るスポットです。ジブリの映画に出てきそうな幻想的な雰囲気も醸し出しています。この日は運よく、滝に掛かる虹を見る事も出来ました!

image004

image005

image006

image007

最後は、霧降の滝です。
ここは8年程前から滝壺に降りる遊歩道が通年通行止めになっているために、観瀑台から遠目に見る感じになりますが、この時期は色のアクセントと相まって素晴らしい景観です。

image008

image009

渋滞が始まる前に三名瀑を制覇出来ましたので、ここからはグルメタイムに突入です。

まずは、軽くウォーミングアップという事で、東武日光駅前の“さかえや”さんの「揚げゆばまんじゅう」を頂きました!衣をつけたゆばまんじゅうをカラッと揚げて、500万年前の自然塩を振りかけてあります。あんこの甘さと自然塩のしょっぱさがマッチして絶妙な美味しさです。

image010

image011

さて、お腹の暖機運転も完了して、次は。宇都宮と言えば餃子の街、そうです、餃子は外せません!
向かったのは、“宇都宮みんみん”さん。観光客の多い本店ではなく、地元に愛されている鹿沼店に行きました。焼き・揚げ・水の餃子に、チャーシューメン、おしんこのフルコースをノンアル麦付きで頂きました。

image012

image013

image014

せっかくなのでもう1件、地元民に愛される食を。
それは、「焼きそば」
エッ?宇都宮で焼きそば?と言う方もいらっしゃると思いますが、宇都宮は密かな焼きそばタウンでもあります。
向かったのは、“ばそき家本店”さん。特製焼きそばに、追加キャベツとうずらをトッピング。

image015

image016

マイナスイオンでリフレッシュした後に、暴食気味に食べてしましました(笑)

それでは、今後ともよろしくお願い致します。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書く

名前
必須