【思い立ったが吉日】ネットスーパーとはいえども。

GFCのブログへ、ようこそ!

今回の【思い立ったが吉日】は、ネットスーパーをテーマにしてみたいと思います。

このブログをご覧の方の中で、ネットスーパーを利用されている方はどれくらいいらっしゃるのでしょうか。スーパーマーケットをチェーン展開している流通・小売業界の大手各社はなんらかの形でネットスーパー事業を立ち上げていると思いますが、中には地域密着型でありながらその地域への配送に特化することでネットスーパーを展開している中小規模のチェーン企業もあるようです。そう考えると、人それぞれ、いろんな形でネットスーパーを利用しているのではないか、という憶測もできる次第です。

厳密にはネットスーパーとは言えないかもしれませんが、私はしばらく生協の宅配サービスを利用していたことがあります。カタログが毎週届き、その中から購入したい商品を注文書に書き込んで翌週に提出する、みたいな流れが生協の一般的なイメージかと思いますが、その注文書がネットにも対応しているということで、個人的にはネットスーパーの一端を担っている、という認識をしております。ちょっと価格帯は高い印象はありますが、こだわりのある商品がラインナップされていたりするので、好んで利用していた時期がありました。その時期は、近所のスーパーで食材を買い物する、ということがほとんどなくなったことをはっきりと記憶しております。

そうではなく、いわゆる純然たる「ネットスーパー」も、一度だけ利用したことがあります。正直なところ、その時の印象があまりよくなかったもので、二度と利用することがなくなった、というのが結論ではあります。なぜそんなに印象がよくなかったかというと、率直に言えば「配達の人の愛想がなかった」ということです。

それは、私が住んでいたところの近くにある大手スーパーが運営するネットスーパーを利用した際のことでした。利用した動機は、「使ってみようと思った」から。実際にネットスーパーで買い物をしてみるとどんな感じになるのか、というのを体験してみたいと思ったのがその理由でした。

なので注文したものは、何も無理にネットスーパーで購入しなくても、店頭に行って買ってくればいいようなものばかりでした。それも、数量はほんの少し。配達する人からすると、「こんなん、ネットスーパーで注文せずに、自分で買いに来いよ」と思うのではないか、と想像できるようなお買い物でした。

すると、どうでしょう。配達の方が私の家のチャイムを鳴らし、玄関までいらしたのですが、その表情がまさに「自分で買いに来いよ」感が満載だったのであります。

いや、そりゃそうかもしれないけどさ、そんな「自分で買いに来いよ」感、丸出しで配達に来なくてもいいんじゃね?

私の率直な感想は、こういう感じでした。

確かに私も、そんな注文、しなくてもよかったかもしれない、とは思いました。でもだからと言って、そこまであからさまに面倒くさそうな対応をしなくてもいいんじゃないか、と思った次第です。ネットスーパーでも、やはり「おもてなし」の気持ちは持っていてほしい、と思わずにはいられません。

私たちGFCも、ふだんはメールなどのやり取りが主になってお顔を合わせる機会が少なくなってしまう、というケースもなくはありません。そんな時でも、「おもてなし」の精神を忘れずにサービスの提供をしていきたいと決意を新たにしています。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書く

名前
必須