【思い立ったが吉日】お正月にはやっぱり?

GFCのブログへ、ようこそ!

今回の【思い立ったが吉日】カテゴリーは、新年も明けたということで、お正月の話題を取り上げてみようかと思います。

お正月と言えば、やはりおせちですよね。最近はおせちのお重をそのままコンビニやファミリーレストラン、スーパーなどで予約販売していたりしますが、それでもやはり自宅でおせち料理をちゃんとつくる、というお宅もまだまだあるのではないでしょうか。

おせちというと、定番なのは黒豆やたつくり、かまぼこに伊達巻き、数の子といったあたりになるのでしょうが、私は個人的に絶対に外せないのが「栗きんとん」なのであります。おせちを自分たちでつくるのは風情があっていいものとは思いますが、私の場合、「栗きんとん」は市販のもので十分です。いや、むしろ市販のものでないと嫌、というくらいです。「栗きんとん」と言いながら、メインであるはずの栗よりも、あの甘くて甘くて仕方のない金色の「あん」が食べたい。お正月しかお目にかかることがないメニューですから、もうべったべたに甘い金のあんを思う存分味わいたい、と思うのであります。

そしてこれもまた、お正月と言えば「お雑煮」でしょう。お雑煮は全国各地、その土地土地でつくり方が違うと聞きます。私は生まれが名古屋でして、お雑煮のレシピはいたってシンプル。お出汁とわずかな醤油でつくったシンプルな汁に、お餅と小松菜(名古屋では「もち菜」と言いました)、それにかつおぶしをかけていただくのが私のお雑煮です。それが当たり前と思って育ってきましたが、中学生になって東京へ引っ越してきた際、先輩たちとの会話の中で「お雑煮は、かまぼこを大きめに切って入れるのが贅沢な気分になっていい」という話を聞いて、「ん?かまぼこ?」と思った記憶があります。中学生で「かまぼこを大きめに切るのが贅沢」という、なんだかご年配の方が言うようなことを言っている先輩ってどうなの?という疑問はありますが、その会話が私にとって「お雑煮って地域によって全然違うんだ」と気づくきっかけになった次第です。

もう一つ、お正月と言えばやはり「初詣」ではないでしょうか。お寺や神社など、さまざまな場所を訪れた方がいらっしゃると思いますが、関東圏ですと浅草寺や神田明神、川崎大師、佐野厄除け大師などになるでしょうか。

私の場合は、小さい頃には家族と一緒にわりと大きな寺社仏閣を訪れた記憶があります。小学校卒業までは名古屋で暮らしていたのですが、父親が東京で単身赴任をしていたため、お正月に家族で東京に行って浅草寺を初詣で訪れましたが、賽銭箱の前を流れる人の波が何とも豪快だった様子が脳裏に焼きついています。そのせいか大人になってからは、どうにも激しい人混みが予想される場所には好んで行かないようになり、一時期は名も知らぬような複数の神社やお寺を回っていた時もありました。

それでも最近は、少しは賑わいがあって露店が出ているようなところがいいなと思い、ここ数年は西新井大師へ初詣に行っています。名前はそれなりに知られてはいると思うのですが、個人的な感覚としては超有名なお寺や神社と比べるとちょうどいいくらいの混み具合で、参拝に並んでもさほど苦にはならないほどの時間でお参りができるような印象です。私の住んでいる赤羽という街からはバスで一本で行けるのも、とても便利です。

きっとこのブログをご覧のみなさんも、それぞれのお正月をお過ごしのことと思います。せっかくのお休みを有意義に過ごし、休み明けから始まる日常が充実することを、心よりお祈り申し上げます。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書く

名前
必須