【思い立ったが吉日】新潟紀行。

GFCのブログへ、ようこそ!

今回の【思い立ったが吉日】カテゴリーは、紀行文テイストでいきたいと思います。

私はちょくちょく出張で遠方を訪ねる機会があるのですが、前に新潟を訪ねた際に寄らせていただいた駅直結のおみやげコーナーが、とても印象に残っています。

新潟はご存知の通り、お米と水がとても美味しいエリアです。ゆえに、お米と水からつくられる日本酒もたいそう美味しいわけです。当然ながら、おみやげコーナーにもいろんな銘柄の日本酒がラインナップされているわけです。はて、どれがどんな味で、どのように美味しいのだろうか、などと頭を悩ませてしまいます。

ところが、ところがです。

この私が訪ねた駅直結のおみやげコーナーには、そんな旅行者の悩みを解決してくれるコーナーがあるのです。それが、この写真です。

gfc_blog_010

まるでコインロッカーのような風情ですが、これ、みんな日本酒なんです。新潟県内の地酒の銘柄がずらりと並び、それぞれのラベルの下の部分におちょこを置く場所がありまして、コインを入れてボタンを押すとおちょこ一杯分のお酒が流れ出てくる、という仕組みになっております。つまり、飲み比べができる、というわけです。

コインは1枚あたり100円。5枚セットから購入可能で、コインを購入するとおちょこを貸していただける、というシステムです。さらには「おつまみ」も用意されていて、至れり尽くせり。ただ「おつまみ」と言っても、塩が置いてあるだけなんですけどね(笑)。でもこの塩がまた、複数の種類がラインナップされており、塩の味比べもできるようになっているところが素敵です。

私がこちらをうかがった時は、1000円分のコインを購入して、飲み比べをさせていただきました。つまり、おちょこ10杯。いい感じに酔っ払ってしまいまして、最初に飲んだ銘柄は何だったか、忘れてしまったりしていました。きっと3000円分くらい飲み比べたら、すっかり酩酊してしまうのではないでしょうか。

聞くところによると、こちらの日本酒飲み比べコーナーは、もともと越後湯沢駅で最初に開設されたらしく、その評判がよいということで、新潟駅にもできたのだそうです。地元の魅力をしっかりと伝えられるコーナーとして、とてもいい企画ではないか、とつくづく感じた次第です。

私たちGFCのようなITサービスを多様に提供している会社でも、たとえば「お試し」で利用できるサービスコンテンツをわかりやすくラインナップしてみたら、お客様にGFCの魅力を感じていただき、引き続きサービスをご利用いただくことができたりするのではないだろうか。そんなことを頭の片隅で考えながら、すっかりよい気持ちになって、どの銘柄を飲んだのか、全て忘れて帰ってきた、ということは言うまでもありません。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書く

名前
必須