GFCクレドの紹介 たのしー(^o^)cより

皆さん、こんにちは。
GFCのたのしー(^o^)cです。

我が家の出来事を絡めつつ、GFCクレドのご紹介も少しさせて頂きます。

私は何かやりたいこと、成功させたいことがあった場合、まずは、「できる」・「やれる」ということを大前提に考えるようにしています。

そして「できる」ようになる為には、どうすれば良いかを考え、更にそのためにはまたどうすれば良いかを考えて、想像した「できた」結果から最初を導くようにしていくようにしています。

ずいぶん古い話ですが、こんなことがありました。
当時主人は、親の経営する飲食店に勤めていましたので土日は休みではありませんでした。

子供が成長すると、参観日、運動会、学芸会等休日に行事が出てきます。
親子参加の行事などでは、父親が来られない我が家の子供達は寂しそうにしていました。よその家では平日でも夫婦揃って参加しているお宅もあるのに我が家は絶対に無理でした。
家族経営の為、従業員も少なく彼が抜けると残った従業員に負担がかかるからです。

子供たちがあまりにも寂しそうにしているので、「自営なんだから一度くらい土日をお休みにできないか?」と聞いてみました。
すると「飲食店を自営しているのだから、絶対に無理」という返事が即答で返ってきました。
そこで、「じゃあお昼のピークを外した時間か、休憩時間だけ見に来られない?」
と聞いてみました。お店と保育園、学校はバイクで45分位距離がありました。

すると、渋っていた主人は少しずつ考えてくれるようになってきました。
初めは行事があるときに、ちょっと顔を見せてから出勤するようになり、そして、本当に時々でしたが、お昼の開店に間に合う時間位まで参加してくれる時も出てきました。

おかげで、子供は父親の顔を見られただけでなく、一緒に参加する事が出来たのでとても喜びました。

おそらくそのために主人は、前日に翌日の仕込みをし、他の人への負担が少なくなるような努力もしてくれたのだと思います。
それは今思うと「まずはどうすればできるかを考えます」を主人が実践してくれたようでした。

我が家のケースは、どうしたら自分の望みがかなうかを考え、主人に提案し、試してもらった事で相手の気持ちが動き良い結果を得られました。

いつも良い結果が得られるとは限りませんが、まずは「できる」と考える事から始めたいと思います。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを書く

名前
必須